信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

アマ選手権中信大会IN塩尻にむけて

2018年07月29日 | 信州囲碁
~ アマ選手権中信大会 ~
信州囲碁界の夏の風物詩。
8月5日(日)9:30~45 受付
塩尻総合文化センターにて開催!

県大会出場者8人を選抜するAクラス(無差別)のほか、棋力に合わせて参加できるB~Dクラスのハンデ戦大会もあります。
段級位認定大会も兼ねていますので、日本棋院の免状も取得できます。(3勝以上者は規定料金の半額で申請可)


今回は初の試みとして、塩尻支部の協力のもと合同開催をします!
運営面でも、参加者としてもご協力いただきました。

特にB~Dクラスの参加者が増えると思います。
なので級位者、低段者の方も参加しやすいと思いますので、ぜひみなさまお誘いあわせの上ご参加ください。1人で来ても大丈夫ですよ。



今日は塩尻支部のSさんと大会について打ち合わせをしてきました。
賞品の用意とか当日の段取りとかをね。
大会ってけっこう準備に手間暇かかるものですよね~

とりあえず、支部の方々はとても張りきっておられる、ということをお聴きして嬉しい限りです。
いっしょに盛り上げていきたいと思います。
(オレが知らない間に、運営陣の集合時間が9時ではなく30分早い8時半に設定されていましたがw)





今のところ、アマ選手権と信州棋聖戦の2つを塩尻会場へ移したいと考えています。

やっぱり地区本部の大会でも、高段者だけでなく、級位者・低段者の参加を増やすことは課題だと思います。
そのためには、大会運営のノウハウもあって、熱心な人が多い塩尻支部に協力してもらうというのは良い案だと思うんですけどね。
なんといっても、塩尻支部で独自に開催している大会には級位者・低段者の参加も多く、全部で70~80人くらい集まってますからね。
じつは塩尻ってけっこう囲碁が盛んな地域なのです。

ちなみに他の地区でいうと、南信地区大会は2年ごとに5つの支部が持ち回りで地区大会を開催しています。
(たしか駒ヶ根、伊那、岡谷、茅野、飯田の順だったはず)
なので中信だって全部松本でやることはないと思いますけどね。

まあ、いずれにしても一度やってみて、いろいろと意見を聴きながら進めていきたいと思います。
せっかく地区本部も新しくなったので、新しいことにも挑戦してみたい気持ちはありますからね。





オレはトラボ大会で燃え尽きたような気がしていましたけど、これも宣伝していかねば(;^ω^)
トラボ大会の記事はもうちょいお待ちください(笑)
ではまた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 信州トラボ大会、終了~ | トップ | トラボ大会 レポート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信州囲碁」カテゴリの最新記事