信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

東信団体戦2018

2018年07月15日 | 信州囲碁
長野県では3人一組のチーム戦で行う大会が4つあります。
県都囲碁大祭、中南信団体戦、支部対抗戦、そしてこの東信団体戦です。
チーム戦というのもまた普段と違う楽しさがありますからね。
なるべくオレも友人誘って出るようにしたいなと思っています。

特にオレにとっては県内4地区のうち東信へ行く用事は少ないので、この団体戦は貴重なイベントです。
基本的にどの大会も(中南信団体戦・東信団体戦)地区外からも参加してOKなんですよ。

というわけで今日は上田まで行ってきましたよ。
もう、激暑でしたね、気温が。
みなさんは体調大丈夫ですか?オレは暑さのせいか、昨日は頭痛くて仕方なかったのですが今日はどうにか治りました。



ちなみに長野県を三国志に例えると、北信が魏、東信が呉、中信が蜀じゃないですか。
なので、呉(碁)を討(打)ちに行ってきました。

というね。あれだけ真田丸で盛り上がった上田を、あくまで三国志に例えようとするオレのブレなさを評価してもらいたいですw








さて、ここは初めて使用する会場とのことでしたが、室内もきれいでエアコンも完備。とても快適でした。

大会は16チームのスイス方式が2つあり、32チームの参加は過去最大規模だったそうです。すごいですね。
激闘の4回戦の結果は・・・








我らよね研チームは4連勝で優勝してきましたよ!
じつは去年はオレとS木君は県陵棋道部OBチームで優勝しているので連覇となります。
ハンデ戦だし副将、三将も大変かなと思いましたが、よく頑張ってくれました。



それと感心したことがありまして。
敢闘賞の設置についてなんですが、3連敗チーム同士の4局目に勝利したほう(×××〇)に敢闘賞を授与するというものです。
やっぱり負け続けると嫌になってしまうものですが、これなら最後も頑張ろうと思えるのではないでしょうか。
良いアイデアだなと思いました。




ちなみに東信大会の碁盤って、こういう足つき碁盤なんですよ。
これは他で売ってるのを見たことがないんですけど、どこで買ったんだろう。



ではでは。また明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夏の囲碁情報 | トップ | トライボーディアン長野県大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信州囲碁」カテゴリの最新記事