信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

名人戦県大会&最高位戦中信大会

2018年05月22日 | 信州囲碁
6月17日(日)
アマ本因坊戦 中信大会開催   松本市勤労者福祉センター 2階和室にて

大勢の皆様の参加をお待ちしております。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日のアマ名人戦県大会の話を書こう書こうと思いつつ、だいぶ時間がたってしまいました。
オレが初めて長野県のこういう大会に出たのが平成21年のときで、そこから10年かかってやっと県大会で入賞することができて嬉しかったです。

地区大会 → 県大会というシステムの大会は年に6回あって、そのうち2つの大会は地区代表が8人枠なのでオレもちょくちょく代表にはなっていました。
でも他の4つの大会の4人枠というのはなかなか大変で、過去にオレが出た4人枠の大会を数えてみたら、13大会連続で予選落ちし、初めて4人枠の地区代表になったのが去年のアマ名人戦。
その名人戦県大会は16人中10位まで表彰されるという大チャンスにもかかわらず、よりによって11位(笑)という結果に。

なので今年また運良く地区代表になれて、県大会の1回戦を勝ててベスト8を決めたときは嬉しかったですね。
続く2回戦では東信の80代のN村さんに完膚なきまでに負けましたが( ゚Д゚)
挑むのは10年早かったなと思いましたが(笑)とても良い人だったのでまた教わりに行きたいです。

しかしあの5~8位決定戦を勝ち上がったのは良かった。他のメンバーを見た瞬間、諦めかけたけどw
なんとか頑張って1目半と半目勝ちで5位となりました。

試合後は、優勝したN君たちと5人でご飯食べに行きました。こういうときしか会えないし、せっかくだからね。
当然ミニ碁盤を持ち込んで検討もしてきましたよ。
あと忘れちゃいけないのが、N君に「よねつちさんのことはとても尊敬しています!」と言わせたことですかねwww
いや、言わせたじゃなかった、自分から自然に口にしたんだった。うんうん。





まあそんな感じでとても満足していたのですが、この前の最高位戦の中信地区大会で

なんと参加者が9人・・・

手元に過去5年の記録があるけど、それまでの最低記録12人を更新してしまいました。
お詫びを申し訳ございません。

これで去年の棋聖戦中信大会から数えて4回連続でそれぞれ過去5年の平均参加人数を下回る結果になってしまいました。
重ねてお詫びを申し訳ございません。

次回の本因坊戦も少なさそうだけど、なんとかしていかないとオレも事務局をクビになりそうだな・・・( ゚Д゚)
今のところ、いつぞやの某地区が叩き出した6人という記録が心の支えですw

まあ、この手の地区大会はどうしてもある程度強い人しか出てこないというイメージが定着してしまっているから、参加者を増やすのは大変ではあるよね。
実際はそこまで憶するほどの大会ではないですけどね。気軽に参加してほしいものです。
もともとオレだって、こういう大会には出にくい人のために同好会を始めたくらいなので、何も考えていないわけではないと言いたいけどね。
参加者増に向けてできる限りのことはしていくつもりです。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いや~、それにしても今回の地区大会は、事務局長のTさんから参加費を取り損ねたのはミスだったなあ(笑)
昼に用事があるので途中で抜けるということで、1回戦だけ手空きの人と打ってあとは不戦敗だったので、参加費を取るのは悪いと思ってしまったのが甘かったですね。

参加費って、会員割引や女性割引があるじゃないですか。
なので事務局長のTさん専用の料金プランを考えてみました。

これぞ多忙なTさんにピッタリ!
なんと、対局ナシ、弁当ナシのナシナシ割引、2500円!安い!w

やっぱりね、Tさんはお忙しいので4局打つのは無理がある場合が多いと思うんですよね。
なのでこのナシナシプランに入ってもらえば、参加費たったの2500円で時間を有効に使えます!対局しなくてOK!
お昼も自由に食べれます。すごくない?(笑)

Tさん専用って言っちゃったけど、「私もそれがいい!」という方、大歓迎です(笑)
いちいち払うのがめんどくさいなあという方には、手続きが簡単な年間パスポートも発行しちゃおうかな♪
2500円×6大会で、年間15,000円! 割引ナシ!安い!

「地区大会に参加したいけど、別の予定があるんだよね」とか「まだ弱いから参加するのは怖いな」という方にもピッタリのプランです。
なにしろ、参加費さえ払えば対局しなくていいんですからw

碁で大切なことは「棋力の強い弱い」ではなく、「参加をすること」です。それは「戦うという意思」です。
戦うことを諦めてしまったら、それは人生を生きているとは言えない。死んでいないだけです。
とはいっても、実際問題、囲碁以外の用事もたくさんあります。そんなときにこのナシナシプランがあれば、あなたの戦う意思表示ができます!
対局ナシ!弁当ナシ!参加費2500円!安い!





ふう。なんか、本当に地区本部に苦情がいったら困るのでこれくらいにしておくか(;^ω^)
言うまでもなく冗談です。悪しからず。ではではこのへんで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大人たるもの | トップ | すべては一歩の勇気から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信州囲碁」カテゴリの最新記事