信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

ついに!

2017年09月21日 | その他いろいろ
平成28年4月








この、戦後の焼け野原と見まごうジャスコの跡地に




松本イオンがオープンしましたね!





すごくない?まるで都会(笑)
あの古びたジャスコがこんなにきれいに生まれ変わった。

仕事終わりにさっそく行ってきましたよ。



うちから自転車で10分くらいなんですが、チャリこいでる最中にパンクしてしまいました。
なんてこった。近くに遅くまでやっている自転車屋さんないかなー?と思ったところ、

これから向かうイオンにあるじゃないですか(/・ω・)/
いや~すごい便利になったね。(これはちょっとレアケース)



飯屋も美味いし、映画館もあるし。まるで都会ですね。








さっそくご飯食べて、お茶してきました。豚丼がえらい美味しかった。



いままで松本はパルコの一本槍で戦い続けていたけど、これでだいぶ都会っぽくなりましたね(*'▽')

このイオンは、あがたの森から徒歩5分のところにあります。
なので、これだったら県内各地からもよね研に人を呼びやすくなって良いよね。
わざわざ研究会のためだけに呼ぶのは悪い気もしていたけど、例えば半日囲碁打って半日は買い物して美味しいもの食べて帰る、みたいなこともできるし。

なんか自分の手柄みたいに言ってるけどw 全部乗っかっていきます。
ではでは~


コメント

囲碁ガールの件

2017年09月10日 | その他いろいろ


9月4日発売の週刊碁読んだ~?
じつはこの囲碁ガールの記事を書かせていただきました。

オレの大学囲碁部の先輩が週刊碁の編集部にいるので 「囲碁ガールの記事に載りたがってる人がいるんですよ」と相談したところ、ぜひぜひ歓迎ですというお返事をいただいき、掲載してもらうことになりました。

本当は西牧さん本人が週刊碁の記者の方と会って取材してもらうのが一番良いのですが、地方の場合は写真と紹介文を編集部に送るというケースもあるらしい。今回はまさにそれです。

短い記事ですけど、写真を撮るのも紹介文を書くのも思ったより時間がかかりました。
オレも良い経験になったし面白かったけどね。

編集長が 「また他にも載りたい人がいたら声かけてね」と言ってくれました。
なので、だれか載りたい人いる?(/ω\*)





この前の小坂田公園ライブの日に写真を撮りました。
事前にいただいた編集長のアドバイスでは 「とにかく写真はたくさん撮れ。普段の取材ではざっと100枚くらい撮る」とのこと。
他にもいくつかアドバイスをいただき、撮影に臨みます。

まず問題のなるのが撮影場所。
過去の記事では日本棋院の幽玄の間で撮影しているようだが、長野にそこまで立派な碁会所はない。
なので碁会所以外で考えるなら小ぎれいなファミレスやカフェか?
もしくは日の当たる野外で、公園のきれいなベンチとかが良いかなと思いました。

とりあえず一回、某ファミレスへ。





1枚目。表情硬いw
やっぱり碁石を打つところを撮るのが一番オーソドックスなので、何枚か撮影を試みます。




シチョウを追い続けるあゆピンク氏。





「人生、うまくいかないわ~」みたいな表情のあゆピンク氏。




紹介文も書かなきゃいけない。とりあえず本人が書き始めました。
過去の週刊碁の記事を参考にしながらとりかかるあゆピンク氏。

内容は「すべてのプロ棋士と打ちたい」(しかもあたしのところに打ちに来いというニュアンスで)とか、「大盤解説の聴き手をやりたい。オファーがあればこちらのブログ(当ブログのこと)まで」とか(インストラクターでもないのに)、なかなかの自由奔放さを発揮。

結局このとき書いたものをオレが9割くらい書き直して掲載となりました(笑)



途中、さすがに店内で碁盤広げて写真撮っている我々は目立っていたのか、知らんおばさんに「楽しそうだけど何してるんですか?」と話しかけられました。
こういう記事のため写真を撮ってるんですと事情を説明したら「あら~、有名人なのね」ということであゆピンク氏はおばさんたちと写真撮影に応じていた(/・ω・)/
人気者やな~。






もう一度、場所変えて撮影。某カフェにて。





ここをノビるかどうかで迷うあゆピン。ノビる一手です。




普通に打つより、こういうポーズを気に入りだしたあゆピン。
最終的にこのポーズのものが採用されました。




これも最終候補まで残った1枚。
ちょっと飲み物がジャマだったかな~。

オレのデジカメは人物を撮った時に、人物周辺だけを拡大してもう1枚写真を勝手に作成する機能がついてるんですよ。
それを含めると200枚近く撮りました。
とにかく変な顔の写真がいっぱいあるので、また仲間内には見せますね(笑)





ところでそんなことより、この碁石がお気に入りのMY碁石なんですよ(*'▽')



以前、自分が九州へ旅行に行ったときに、宮崎のはまぐり碁石の里で買ってきたものです。
車で走っていたら「碁石」の看板を偶然見つけて立ち寄ったのです。
普段は「碁石」だと思っても、だいたい「墓石」じゃないですか。ここは本当に碁石でした。

アウトレット品で安くなっていた、30号という厚さのやつ。
30歳の記念だと思ってね。その時点で31才でしたがまあいい。

これが載ってうれしいですね。ということで、碁石に注目してください(^_^)ノ
ではでは~。
コメント (6)

小坂田公園ライブ

2017年08月24日 | その他いろいろ
こんにちは。続きました。
大会を抜けて何の用事に行ったかといいますと、あゆピンクさんのライブを見てきました。

この方、簡単に紹介いたしますと、松本を中心にピアノの弾き語りで音楽活動をしているアマチュアシンガーなのです。
囲碁は4段の腕前。
オレとは大学時代の友達の友達ということもあり、この同好会のうわさを聞きつけて連絡をしてくれました。



この日は塩尻の道の駅・小坂田公園にてアマチュアバンドのライブに出演するとのことだったので、とにかく一度ちゃんと見にいかなければならないと思ったわけです。

会場に行ってみると、大きなステージではなかったけど手作り感のある良いライブでした。
このイベントは毎月やっているそうですが、この日は8組ほどのアマバンが出演したようです。

オレは吉田勝幸さん、あゆピンクさん、ウツミさん、アマタマさんの4組を聴かせてもらいました。
みんなさすがに上手かったな。それにステージが近い分、親近感があって良いもんだね。
出演者同士の横のつながりもあるようなので、そういう世界も楽しそうだなあと思いました。

オレも一昔前の自分ならなんとも思わなかったかもしれませんが、いまこうして小さな研究会を開くようになってからは「自分で何か企画してやってみる」ということの面白さと大変さが前よりもわかるようになったからかもしれませんね。





ライブ動画1曲目

ライブ動画2曲目

ライブ動画3曲目

ライブ動画4曲目

ライブ動画5曲目

ライブ動画6曲目

ライブ動画7曲目



ちゃんと撮影してきた。本人の許可取ってアップしたのでぜひ聴いてみてください。
歌も選曲もすごく良いと思います。









ところでこのあゆピンク氏。
これがね、なかなかの逸材なんですよ・・・。

まず、とにかく自信に満ち溢れている。そして、自由である(笑)



やっぱりまず最初にあゆピンクって聞いたときに、人は「え?」ってなるじゃん。
このMCの人も「謎の女性」と紹介しているw


でも歌と選曲はとても正統派なんですよ。とても聴きやすくて良い曲です。
このアイドルみたいな名前と、正統派の音楽。
そしてしゃべりだすと中の人はギャル、っていうのがこの方、あゆピンク。


やっぱり、こう、こちらの予想の斜め上を飛び越えていく意外性があるよね・・・
こちらの事情はお構いなしに、「これがアタシ」というのを全部出してくる。
なので最初に見るコツとしては、いろいろ考えずに、いったん全部飲みこんでみるのが良いと思います。

「ピンク以外のカラーのメンバーいないの?」とか余計なこと突っ込まなくていいので、いったん飲み込んでみてください。
そうすればすごく面白くて魅力的な存在。

このライブだって、最初にひとネタかましたあとでリハやってるところとか、洗濯ばさみを取りに戻る一連のハプニングとか、オレとしては全部面白いと思う。
あとはまあ強いて言うならば、優秀なツッコミの人とコンビを組めばもっと万人受けすると思います。




なんでこんなに褒めたかというと、こんど某全国紙にこの方の記事が載ることになったのですよ。
載るならこの研究会の宣伝にもなるよとのことだったので、この日はオレがその写真撮影と記事の作成をするという使命を担っていたのです!

また載る日が決まったらお知らせするかも(;^ω^)



しかしこの日はライブの機材運んでライブの撮影して、記事書いて写真撮ってという、完全にマネージャー業だったなw
ではでは、またね~。

コメント (2)

次の一手

2017年07月06日 | その他いろいろ
オレがたしか大学時代に読んだ本で「至高の決断」という棋書がありました。
テーマ図に対して、3人のトップ棋士がそれぞれ次の一手を考えるというものです。
同じ局面からでも各棋士の棋風によって進行がかなり変わってくるところが面白かった記憶があります。

それを、オレの大学囲碁部の友人とやってみました!
メンバーはとっくん、いとえり、私よねつちの3人です。

一応、簡単に紹介すると、とっくんは当時の中大のエース格。厚み派の棋風。幽玄8段。ミスチル派。
学生時代は東・早・慶の選手や元院生Aクラスを何人か倒してます。
いま長野県大会に出てきたら優勝争いに絡むくらいの強さだと思います。

いとえりも中大の選手でした。
たしか高校生選手権女子の東京代表、女学の関東代表、女流アマの関東代表などなどの実績があるので本当は強いと思うんですけど・・・
諸々の事情であんまり強いと思われてないよね(笑)
棋風は、攻め100%(せめひゃく)の鬼天使。

ラインで話してるうちに突然はじまったこの企画。最初のテーマ図はこれです!
長野県のある大会で打ってきたオレの実戦から。こちらの白番です。

棋譜再生


ここまで黒に3,5スミ取られて走られてます。でも個人的にはこういう外勢の碁は嫌いじゃないです。
ただ、連敗中の相手だったのでこのへんでどうにか1勝を返したいと思っていました。
3連敗となるとだいぶ苦手意識出てくるからね(;^ω^)

42、44などとソレっぽく利かして46へ回ってみました。
黒は構わず47と打ち込み。白48、黒49の交換をしたところでテーマ図です。


下辺の42から動き出す手等、黒47に対してどう対応するかが焦点になりそうな局面です。

白の次の一手を考えてみて下さい(''◇'')ゞ










_____________________________


はい、ではそれぞれの回答を見ていきましょう。
まずいとえりの意見から。





いとえり「下ツケ!42・44の石は軽く捨てる。


    ちなみに第一感は42から押しだったんだけど、頭ハネくらうと苦しいかな」




とっくん「やっぱ攻撃的だねー。ちなみに下辺ツケから捨てようとすると、抑えたときに手抜かれると思うけどどこに打つの?」

いとえり「うーん。あんまりいいところないなあ。上辺の黒2間ビラキとか?」

とっくん「以上ってことでよろしいかなw では次オレは」




とっくん「まず考えたのが上ツケかなあ。問題として出されたらこんな感じ。ぶつかりからキリが怖そうだけど、白も左からぶつかれば利かしが働いて、白やれそう。」

よねつち「やっぱり上か下かのツケを考えたくなるよね」





とっくん「こういうときは弱い石を作っちゃいけない。右辺の打ち込みもあるので、それを補強する意味でもオレの一手はこれ!40から一間トビ!」

よね&いと「おー!」

とっくん「次にもう一回トべればなお良し。左上のカタツキで左、上、右を連動させるも良し。」
    「ただ右下の白の大ゲイマに対し、カドに置く手がまあまあ厳しいけど」

よねつち「たしかに左辺打ち込まれてちょっと困ったんだよね。」

いとえり「じゃあ、よね先輩は?」





よねつち「このトビでどうよ!?右下を補強しつつ、右辺の模様を広げた。」

とっくん「一番いい図だなw」

よねつち「ツケひかれて右下甘くなってるけど、碁盤大きく構えて打ちたい手を打てたという意味で印象に残ってるんだよね。」

とっくん「右下は地じゃないね。死ななければOK!」

いとえり「なっとく!」








という感じで、いかがだったでしょうか(^◇^)

このあといとえり嬢が眠くなったとおっしゃるのでこの日はここで打ち切りとなりましたw
また次回もお楽しみに。ではでは~。
コメント

アルファ碁、などなど

2017年05月28日 | その他いろいろ
今日は大町にてアルプス囲碁村まつりのイベントがありました。
プロ棋士を10人ほど招いて毎年行われている大きなイベントです。
オレは行けなかったんですが、友達が何人か参加してきたので、また結果やイベントの様子などを聴けたらいいなと思います(*´ω`*)



今週は囲碁の話題が多かったですね~。
アルファ碁VSカケツ戦、みなさんも見ましたか?
ネット情報でも新聞でも反響は大きかったですね。

通常の対局だけでなく、相談碁やペア碁などの企画もあって面白そうでした。
また、いろんな人が棋譜解説をしてくれるでしょうから、それも楽しみに待ちたいと思います。



今回のアルファ碁は、セドルを倒した時より3子近く強いと聞いてめちゃくちゃビビりましたね。(オレが打つわけじゃないけどビビった)
まだそんなに改良の余地があったのかと。
最終的にどこまで強くなるんだろうね。
限られた盤の中で運の要素が無く、交互に公平に打つというルールでやる以上、必ず限界が来ると思うんだけど(必勝法が解明されるという意味に近いかな)

オレから見るとプロの強さですら異次元なのに、AIはさらにその上の別世界の存在なわけですね。
そして、そんなアルファ碁同士の対局が50局公開されたというではないですか。



さっそくオレも何局か見てみました。

が・・・当然わけわかりませんでした(笑)
そもそもオレなんかはプロの碁を並べたってよくわかってないので当然ですが。

仮に「3子強い」という話を真に受けるならば
自分 <(4~5子)< プロ <(3子)< アルファ碁
ということになるので、自分より8子近く強い棋譜なんてわけわかるはずないよな( ゚Д゚)

それにしても、今までよくトッププロが「自分はまだまだ弱い」というようなコメントをすることがありましたけど、それがこれからは謙遜ではなく本当の意味になってしまうんですよね。。。
恐ろしい反面、未知の領域が解明されていく期待もあります。
囲碁界もこれから楽しみですね。いろいろと(*´ω`)







さて、この土日はあがたの森でクラフトフェアのイベントがありました。
近所なのでちょっと顔出してみましたが、なかなかの盛況でしたね。












オレもわりとイベント好きです。ブース出したいよね。
クラフトで碁盤でも作ろうかなw

クラフトとはちょっと話変わってくるけど、何かこういう人が集まるイベントでブースだしてさ、碁盤置いといて挑戦者求む、みないなことやりたくないですか?w
19路だと長いので9路盤でも置いといて、参加費100円取ってチャレンジャー募集するの。
負けたらこの賞品を差し上げますというルールでやったら面白そうだよね。

ではでは。今日はこのへんで。またね!

コメント