らじかのよかん

ふっ急になんかわかんないんですけど↑

メモリ

2021年04月12日 | バリバリ





なんとなく前225 後235(冷間)にしたら、
前回メモリ5でちょうどよかったのに、
座りがわるい気がする。

試しにFR共メモリ3にしたらもう少し。
おおっ。
ぢゃあメモリ0(最強)にしたら、出だしはいいとおもったんだが、
1cm程度の微振動が胃にきて、気持ちがわるくなるよ。

結局メモリ2がちょうどよかった。
空気圧とメモリが関係するとわかった。
路面温度も高かっただろうから、
温間は相当に高いだろうなあ。

そこそこの遠出では荷も掛かるので冷間はF225/R235~250位。
夏にはメモリ0だわ。
また、FとRとの最適値もあろう、なの。
コメント

『トシが聖子ちゃんの脇腹つんつん 1981年』の件

2021年04月03日 | 松田聖子ちゃん研究
あのあれよ。

いちゃいちゃするわ、つんつんするわ、なの。

1981年07月頃
リクエスト・ショーを、スタジオからお送りするのよね。

トシ「今日もみんな元気ではりきっております。そうだよねみんな」
みんな「おう」

るい「今日はですね、みなさんご期待のれつつやんぐ名物リクエスト・ショーをスタジオからお送りします」

お葉書紹介
「実はこの私が04月26日のれつつやんぐを見られなかったのです」
要旨:聖子とトシでショーコーナーやったと級友に聞いた。
みせてくれ。

1981年04月26日のれつつやんはDreamin聖俊メドレーよ。
「ねえ、きみ友達んなろうよ」
「うんっ!!」よ。

るい「はい。この日のショーコーナーにはねえ。ずいぶんたくさんのねえ、リクエストを頂いてるんですけど」
聖子「はいっ」
るい「今日はその中から、よりすぐれたねえ。よりすぐれたじゃないや。一番その多かった二曲をおおくりします」
聖子「はい」
るい「なんでしたっけ」
トシ「えーと聖子ちゃんの『SQUALL』と『ブルーエンジェル』」
聖子「そしてトシちゃんの、『恋のテレフォンボックス』です」

「ねえ、きみ友達んなろうよ」
「うんっ!!」

 の部分はカットされてるわよ、わざわざ。

 この辺からビデオね↓

 処分、処分



 トシが白い椅子の掛けて踊ってるとこ。

とーもだちのかれなのに ひかれるぅーうわー
 やだっ。聖子もスタジオで踊ってるわ。

 画面右手前にモニタあって、そこ見た。

   あっ。




 階段のとこまで下がってセリフ。
トシ「ねえ。電話してもいい?」
聖子「でも、会うのはダメよ。あなたがまぶしすぎるからっ」
 肩すくめ部カット/画面スタジオへ/曲流れてて、声は聞こえないの
 ↓ここカットしても、


 ↓これ出したらゼンゼン意味ないぢやん。
01

02

03

04

05

06

07  真夜中デートが首をかしげるの↓

マヨは前からサンデーズなので去年一年間のふたりみて知ってるのよね
08

09 サンデー君「んん?」↓

10    「ああっ!!」↓ 気がついちゃったわよ!!

11 いやーん。

 指の隙間から見てるのかわええわ。

トシ『恋のテレフォンボックス』
セリフ
「きみにも聞こえないかい、風の声が、花の声が。トリの声が。
ほらっ、青があんなに青いよ」
 ふたり手つないで階段へ。
 画面スタジオ。
トシ「あれー。ほんとはねえ、あのこの後がねえ。見せ場なんですけどね」
聖子「そ。この後がねえ。ふたりのデュエットなんですけどねえ」
るい「そうでしたか?」
聖子「うーん」


「青があんなに青いよ」は台本に書いてある旨、トシ強調する。


るい「じゃあ最後に…」
04月26日のデュオ『ONLY MY LOVE』の頭セリフ部分から。
トシ「ねえ。一緒に歩こうよ」
聖子「どこまでぇ?」
トシ「さっ、道が無くなるまで」
聖子「道が無くなったら、どうする?」
トシ「ふたりで大空飛ぶんだ」
聖子「だって、あたしには翼がないわ」
トシ「翼なんかなくたって、恋をしてたら、どこにでも飛んでいけるんだ」
 手つなぐの聖子拒絶シーン

 スタジオ写る

 やだっ。番組デレクターもこれ気がついてるわ。


 前に出て来て

おっおおっお


 曲終わり付近



 やだっ。
 エンディングのいちゃいちゃ1秒足らずだけど、わざわざ◇に入れてるわ。
 番組デレクターやるわね。

 曲終わり。
ぱちぱちぱち

るい「ふたりのデュエットやっぱり出て来ましたね。さて、えー最後にですねえ」
聖子「はいっ」
るい「あのーもう一枚だけ葉書をご紹介して今日はお別れしたいとおもいます」
聖子「はいっ」
るい「聖子ちゃん」

聖子、最後のお葉書読み。

 画面左にはトシ座ってるのよ。
0

1 聖子「サンデーズも新メンバーになり会場も熱気がただよって…」

2 ここでトシがフレームから切れるわよね。
 とたんに聖子の脇腹つんつん! 第一波
 聖子の右手が葉書を離れ、右肩が下がってる。

3

4 聖子左に逃げてるわ。

5 第二波つんつん。
 右のぐーはつんつんをこらえてるせいよ。

6 ぺろっ

7 つんつん終了。聖子姿勢まっすぐ。

 静止画だとすこしわかりにくいけど、
 かなり大きくつんつんをよけてるのよね。
 やだもう。

るい「あっ。みんなもがんばろうね」
みんな「おう」
るい「そういうわけでまた来週。来週は変ったとこからお送りしますよ」
聖子「さよならー」


はあー。
まったくもう、油断も隙もないわ。
なんかほら、いろんなヒトに気づかれるのよね。

じゃあね。以下次号よ
コメント

『「ねえ、きみ友達んなろうよ」「うんっ!!」「でも、会うのはダメよ。あなたが、まぶしすぎるからっ」1981年』の件

2021年03月31日 | 松田聖子ちゃん研究
やっだー。

聖子ったらセリフに返事して、真っ赤になってるわよ。

1981年04月26日のDreamin聖俊メドレーなの。
トシ「青があんなに青いよ」って云ったやつね。

トシ『ハロー青春』
聖子は画面右の白い椅子に座ってる。

せーいーしゅんはぁいいま はじまあったぁー まぶしくぅー
 歌の中のセリフとおもふのよ、これ↓
トシ「ねえ」

トシ「きみ友達んなろうよ」

聖子「うんっ!!」(オフマイクで云ってる)

 顔真っ赤。

 以前からなんで赤い顔して出てくるのかしらとおもってたのよね。
 もう聖子ったら。
トシ「はあーはあーはあーはあーはあー。ぼくたちきみは(?)」

 後に、1981年秋頃と、1986年01月12日のリクエスト特集で、このデュオを流したのよね。1986年リクエストではこのセリフが大きく入ってたので補充。でもナニ云ってんだかよくわかんない。聖子「うんっ!!」のあとで、石川ひとみがくすくす笑ってるわ。
1981年秋頃のリクエスト特集は、スタジオのみなさんがインフォマーチブなので、あとでじっくり研究してみるわね。

聖子『SQUALL』

めぐりあえる
すてきなぁー

 やだっ、これ以上無いお目々お星様だわ。
 るいるいをして
 「聖子ちゃんの表情いいね(1986年)」と言わしめたやつよね。

聖子『ブルーエンジェル』
処分、処分

 白い椅子に腰掛けて踊るトシ

ふーるえているは↓ーぁ↑

わぁたぁしぃー

 手つないで階段のとこまで下がり、腰掛ける。
ふーるえているは↓ーぁ↑ わぁたぁしぃー

トシ「ねえ。電話してもいい?」

聖子「でも、会うのはダメよ」

聖子「あなたが、」

聖子「まぶしすぎるからっ」

 はずかしくて、セリフ終わらないのに立っちゃったわ。
     ↓ここと


            ここ↓

 の、肩すくめがかわええわぁ。
 セリフとは言えホントのこと云ってしまい、はずかし、かったのよね。

※往時聖子がぶりっこと呼ばれてたのは、
トシとの共演でみせる/トシとの共演でしかみせない、
このかわいい仕草によるものよね。
だから松田聖子以外の要素の
かかわるの早い順に
若松プロデューサ1978年06月~でしょ
トシ1980年02月13日~サンデーズのオーディションの日
大村雅朗さん1980年06月頃~『青い珊瑚礁』からかな
の存在は大きかったとおもふのよ。
つかこう並べると、どれ欠けても松田聖子はなかったといってもいいくらい。

なんかほら。
「初めて会ったときのことおぼえてる?」
 ↑これ聞いたのは、服装とかのらしきこと含むで
 1982年秋頃雑誌記事
 1984年10月18日頃録音
 1991年10月02日,1994年05月09日放送,1994年10月12日生放送、2004年12月30日生放送と、
あたしの知ってるだけで6回あるのよねぇ。

トシ『恋のテレフォンボックス』
「きみにも聞こえないかい、風の声が、花の声が。トリの声が。
ほらっ、青があんなに青いよ」
 んでふたり手つないで階段へ。

トシ「ねえ。一緒に歩こうよ」
聖子「どこまでぇ?」
トシ「さっ、道が無くなるまで」
聖子「道が無くなったら、どうする?」

トシ「ふたりで大空飛ぶんだ」
聖子「だって、あたしには翼がないわ」
トシ「翼なんかなくたって、恋をしてたら、どこにでも飛んでいけるんだ」
 台本では手つなぐとこだったのに、

 聖子がかぶりを振って拒絶してるのよ。

 「うんっ!!」から始まり前半いちゃいちゃしすぎたので、
 さすがにマズイとおもったのよね、きっと。

デュオ『ONLY MY LOVE』
 例によって聖子がトシに声を合わせている。
 階段降りる。

 手つないでないから、なんか変。

あなたをぉー

おっおおっお

まーいらb まーいらb

ゆきたーーいーーーーー

 力尽きた感じ。
るい「はい、いかがでしたか。えーふたりのとってもさわやかな……」

 やだっ。るいるいが絶句してるわ。
△「さわやかな」 ○「いちゃいちゃした」
るい「ええーねっ。ステージでしたね」
聖子「うん(小声)」
トシ「(下向いて気合い入れてから)ゲストのみなさんどうもありがとうございました。さてっ」
聖子「はいっ」
トシ「来週のれっつごおやんぐは」
聖子「西城秀樹さん、高田みづえさん、そしてしんりんのみなさんをお迎えして……」

 やだっ、聖子も絶句よ。
るい「はい」
聖子「おおくりしたいとおもいます」
るい「これから、ねっ」
聖子「はいっ」
るい「これからまさに、ヤングのすてきな季節です。みなさん羽ばたいて下さいね」
トシ「はい」
るい「それでは又来週までごきげんよう。さようなら」
聖子(さよならぁ)

全員横並びで『ONLY MY LOVE』サビ部分。
ゆうはおんり
 やだっ。

 またまたまたまたいちゃいちゃしてるわよ。

 あっは。
あいは じゆうな そらあの つばあさ
 ユキヒデさんが↓

 気がついちゃったわよ!!

あるいてぇー

ゆきたぁいーぃぃぃぃ
トシ「ぺろっ」


はあー。

まっ、いろんなヒトに気づかれるわよね。
どーどーといちゃいちゃしてんだもん。

じゃあね。以下次号よ
コメント

大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その3凶銃のエピローグ

2021年03月31日 | 切削工具等大藪関係・大藪春彦GUN研究・倶楽部
小林信彦の証言はこちら↓ 初めに読むがいい。
 大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その1/小林信彦の証言の部
【ベレッタが三万円】【ベレッタをね、枕の下に入れて】…

大藪春彦年表はこちら↓二番目に読むがいい。
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その2大藪春彦年表の部

-↓--大藪春彦年表の、銃の規制現行法の抜粋,1960年末頃の猟銃一覧,エピローグ部分--↓-
(記事当りの文字数いっぱいになってしまい、このヱントリに移設した)

早稲田の射撃部で借り物の銃を撃っていたのはどだったのかつーと。
当時貸し銃が使えたんだな。

---銃の規制 現行法の抜粋----
所持許可制度
・猟銃や空気銃の「所持」とは、物に対する事実上の支配をいい、その形態として保管、携帯、運搬等がある。
・一人で数丁の銃を所持しようとする場合には、銃ごとに所持許可を受ける必要がある。
・猟銃や空気銃の所持許可を受けるには、住所地を管轄する警察署に申請する必要がある。

不許可の要件
・銃砲刀剣類所持等取締法や火薬類取締法に違反して罰金刑を受けた人は、一定の期間、猟銃や空気銃の所持許可を受けることができない。
・やって良いことと悪いことの区別がつかない人や
【悪いと分かっていることをやってしまう人】などは、猟銃や空気銃の所持許可を受けることができない。

射撃練習
・現に猟銃や空気銃の所持許可を受けていなくても、都道府県公安委員会から練習資格認定証の交付を受けた人は、射撃練習を行うことができる。
 ※2009年12月03日まで空気銃は、空気銃射撃場に貸し銃つーのがあって、誰でも借りて射撃できた。
 わたしの新宿射撃場でのエアライフル射撃もこの例。詳しくはリンク記事参照
 朋友の射撃風景↓
 
 ※猟銃の貸し銃は制度としては今もあって「練習資格認定証」あれば撃てる。
早稲田の射撃部で標的射撃は、この「練習資格認定証」を取って貸し銃での標的射撃か、または当時「練習資格認定証」不要で貸し銃(射撃部の銃か射場の貸し銃)での標的射撃だ。当時みんなビンボウだったから、カメラ無いヤツが写真部にいたり、ライフル銃が無い射撃部員もいる。 
この「射撃練習」と、より規制が強い「所持」とは別。

1960年短編『暗い春』より
---
…寺田の使い古したレミントン五一三丁(←丁はTの誤植)を眺めた。…
たしかに安物だ。昼食を抜き、教科書も買わずに一年分のアルバイトの収入をたくわえて手に入れた五万なにがしの中古品。…十七万のスイス製ヘンメリや、…スエーデン製ラーセンやフィンランド製ライオンなどの高級銃とは比べものにならない。
寺田の大学の部にも、中古のレミントン数丁のほかに、フィニッシュ・ライオンがあるのだが、幹部だけが使っている。
---
当時、部の銃も撃てた。

狩猟の場合はどーしても自前の銃でないといけないので、
『野獣死すべし』で「大金」入った途端に銃を買って、狩猟始めた。

「週刊小説」1977年09月09日号『僕の銃歴』より
---
それか数年たってから、毎月のように行われた米軍の極東選手権大口径(ハイ・パワー)ライフル・マッチに出場しはじめた僕は、スプリングフィールドを競技用に直して使ったほか、米軍からときどきM1ライフルを借りた。自衛隊でさえ、親善射撃会には民間人に軍用ライフルを貸してくれた時代だ。競技専用のマッチ・グレードにアキュライズ――チューン・アップ――されたM1ライフルは、自動装填式であっても五百ヤードの長距離射撃でもしばしば満点が出せるほど精度がよかった。
---
これも貸し銃である。

----銃の規制 現行法終わり-----

-----【ペルナンディけん銃】の名前表記について-----
出た順にヴェルナルディリ,べルナルディリー,ペルナンディと3つある。適当に使い分けるゾ。  ↓

1960年04月17日号『みな殺しの歌』「アサヒ芸能」では
ヴェルナルディリ〇・二二口径六連発自動装填式拳銃(〇・二二ロング・ライフル・ハイ・スピードの実猟用ホロー・ポイント弾が六発詰)

『GUN教室』1966年10月30日初版
連載1961年01月号~1962年12月号「ヒッチコックマガジン」『GUN相談室』
---
P73寫眞(訂正書によりP91寫眞を入れ替え)


上:べルナルディリー・ベイビーM60(口径不明)
左:ベレッタ(M)950Bジェット・ファイアー(.25ACP)

1965年03月01日新聞記事では
【ペルナンディけん銃】

---------------------

-----1960年末頃猟銃一覧(推定)-----
小林「(猟銃を)【4丁ぐらい持ってた】んすよね」【六畳の方にガンケースがあって】
ホントかな? 
「週刊小説」1977年09月09日号『僕の銃歴』より
銃に取得年と連番を付けた。このエッセイでは種類ごとにまとめて書いている。
---
1)1958年 .22LR
僕がまず買ったのはウィンチェスターM52の小口径――二二口径――ライフルであった。…
2)不明 .22LR?
小口径射撃競技銃としては、ワルサーKKMを買ったが、…
3)1960年08月ころ予約 .30カービン
近射用にM一カービンの猟用であるホーワ・カービンを使った。…
4)不明 .30-06
大口径ライフルは、口径三〇-〇六のスプリングフィールドのスポーター改造銃を入手した。…
5)不明
散弾銃は、はじめは上下二連の両引金のやつを使ったが、
6)不明
カモ用の強装弾を発射すると反動で引金に当たって指が腫れあがってしまうので、ウィンチェスターM一二のポンプ式散弾銃に替えた。…
7)不明
どうせ強装弾専用だと自動装填式(いわゆる自動式)FNブローニング五連に替えた。…
8)1960年08月頃許可申請【今度イタリーから来た自動散弾銃の所持許可申請】
山の鳥猟には、自動散弾銃としては世界最軽量と言われたフランキ五連
---
確定してんのは
1)1958年 .22LR
僕がまず買ったのはウィンチェスターM52
8)1960年08月頃許可申請
フランキ五連散弾銃
の2丁。

それと散弾銃が
5)不明
上下二連の両引金のやつ
6)不明
ウィンチェスターM一二のポンプ式散弾銃に替えた。…
7)不明
強装弾専用だと自動装填式(いわゆる自動式)FNブローニング五連に替えた。
のうちのどれか、1丁。

ちゃんと書いてないけど、『ウィンチェスターM70』の執筆用に
4)不明 .30-06 1960年08月大藪 猪猟に凝る
口径三〇-〇六のスプリングフィールドのスポーター改造銃を入手した。…

んで、来てれば
3)1960年08月ころ予約 .30カービン
近射用にM一カービンの猟用であるホーワ・カービン/豊和M300

2)不明 .22LR?
小口径射撃競技銃としては、ワルサーKKM
これは更に後か。

1960年末頃の時点で
許可:4丁~5丁(ライフル2~3丁 .22LR, .30カービン,.30-06 、散弾銃2丁)
無許可:拳銃2丁(ペルナンディけん銃推定一万円+【ベレッタが三万円】)
実包各種許可+無許可=合計数千発~一万発
を所持していたであろう。
小林【六畳の方にガンケースがあって】「(猟銃を)【4丁ぐらい持ってた】んすよね」
予約品が来て増えたから、【4丁ぐらい持ってた】となった訳だ。

---1960年末頃猟銃一覧終わり----

1970年前後に
おおやぶくんのウチにご子息が友達を連れてくると
「お友達のヤマダくんね。いらっしゃいひゃっひゃっひゃっ」とやさしく云ったそうな。

---エピローグ----------
大藪先生のこと 徳間書店 岩淵徹さん談 1998年頃
---
さびしがりやの先生だっただろうと、おもう時がありました。
「おまえは大藪春彦、に対してアミーゴとして付き合ってない、ではないか」と。
大藪春彦にとって友という友情というんですか、
あのーー言葉が持つ意味,イメージというのは、
相当深い、大藪春彦のその、心の奥底からスタートしているような言葉、
だと理解しています。
---

大藪先生のこと 光文社 濱井武さん談 1998年頃
---
ともかく大食漢でしたよね。
ものすごく食べる。
それと肉類。
伊達邦彦だったら、こういうものを食べるだろうなってゆうような物を、
が好きなん。
ですからウイスキーの、えー水割りっか。
水割りってもね、ご段々酔ってくると、
水割りんんストレートに近くこがぼがぼって入れるんですよね。
だんだん。
それがいいいいかげんになってきて自分で。
だからー、こぉーれはちょっと身体壊すよなーとおもってましたけどねぇ。
---

大藪先生のこと 角川書店 宍戸健司さん談 1998年頃
---
もちろんご病気のことがあってですねえ、
食べたいものも我慢しなくちゃいけない。
飲みたいお酒も我慢しなくちゃいけない。
ってゆうことはありましたけれども。
それは、えー家族の中、自分の欲望と家族の家族と居るという、
のを比べたときにですねえ。
そりゃ我慢してでも家族と一緒に居よう、ってゆうふうに、
先生おもわれたんじゃないかなというふうに、
まあ僕らは感じてました。
---

---------年表ここまで-----

しれっと書いてあるが、
◆【過去にも拳銃で挙げられてた】のかよ。

1965年には、
【未届けのライフル銃一丁】↓
推定◆【.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのウインチェスターM70無論プリ64モデル】も所持していた。
流石ガン・ブーム。

【ヤクザが売りに来るし】→【銃砲ブローカーをしている猟友】のヤクザと
【趣味で持っていた拳銃】を【持ち逃げ】した、【高松一高の同窓のA】【抵当男】→【四国のヤクザ】とは、
別人だヨ。

小林信彦が見たのは、
1960年09月中旬【ベレッタが三万円】推定.25ACP ベレッタM950Bジェット・ファイアー/ショルダー・ホルスター付き買ってから、
 ↓
1961年02月大藪結婚、梅ヶ丘へ転居
までの、ほぼ五ヶ月間。
【やっぱざあ本当に1960年んすよ】小林信彦の記憶は恐るべき正確さだ。大瀧詠一との対談では、日活映画の話してて、はずみで大藪春彦でてきただけだから。

拳銃等の所持等年月一覧
-----
1954年03月? 高松一高時代 未成年(毎年三月は不吉なことばかり起る)
 1回目のけん銃不法所持検挙
1960年04月上旬「椎名町時代」アパート一階四畳半
 【ペルナンディけん銃一丁】推定.25ACP又は.22LRのヴェルナルディリ(べルナルディリー)・ベイビーM60(ホルスター無し)所持

1960年04月~1960年09月まで
 推定:ヴェルナルディリで【ソフト拳銃】と【スネ拳銃】等を街中でばれないか試しに徘徊してみた
 特に1960年07月10日号『小休止』執筆の頃には、↓
 推定:【ソフト拳銃】と【スネ拳銃】で荒川河川敷にいき、徘徊に加え実弾射撃したことであろう。
なお、.22LRのマッチ・ターゲット実包の銃声が小さいとしても、それはライフルで撃ったときで、銃身の特に短いヴェルナルディリでは
---
衣川は発砲した。銃身が短いため、二十二口径でも相当に鋭い発射音がした。銃口から青白い閃光が流れ出た。小さな銃弾は、刑事の開いた口から入り、下顎を砕いて頬骨でとまった。
---
そこそこ音大きかったとおもわれる。
1960年09月中旬
 【ベレッタが三万円】推定.25ACP ベレッタM950Bジェット・ファイアー/ショルダー・ホルスター付き所持

 【実包千発】等は随時補充
1960年09月中旬以降 主に【ベレッタが三万円】で
 マクラ拳銃,抜き撃ち,隣のおやじが酒飲んでるとこパァーン
1960年09月中旬以降
 荒川河川敷にいき、【ベレッタが三万円】をショルダー・ホルスターに入れ「抜き撃ち練習実弾射撃」し、
【銃声は小さく風の強い屋外で射てば、安物のスプリング式空気銃とあまり変らない】であったのであろう。
1960年末頃  「椎名町時代」アパート二階四畳半と六畳
 ウィンチェスターM52で、.22LRマッチ・ターゲット実包使い、
 風呂屋の煙突/表紙の山本富士子狙撃
 【おまけに発射音は小さいので、車の往来の激しい騒音の街で射ったのでは、二十メーターも離れれば発射音は気づかれないであろう。】
1962年03月? 結婚後梅ヶ丘時代(毎年三月は不吉なことばかり起る)
 推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーを、抵当男【四国のヤクザ】高松一高の同窓のAに【持ち逃げ】される
1962年04月~1965年02月迄 松原時代
 【未届けのライフル銃一丁】推定.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのウインチェスターM70 無論プリ64モデル所持

1965年03月01日(毎年三月は不吉なことばかり起る)
 2回目のけん銃等不法所持検挙
1965年夏から秋頃
 高松地方裁判所判決 懲役1年執行猶予3年
1966年03月(毎年三月は不吉なことばかり起る)
 東京都公安委員会、猟銃の所持許可取消
1969年04月01日
 猟銃所持再許可下りる
-----

『探偵事務所23』1962年『第三話 死の商人』
当時米国統治下の沖縄から雷管五千発分を密輸してることの説明
---
今の暴力団は、拳銃は持っていても弾が足りなくて困ってる。高く売れるよ。何しろ薬莢は米軍の射撃場にいけばカマスで何杯でも拾ってこれるし、弾丸は鋳型で作れるから原価は一発二十円もあればいいんだが、それでも奴等は一発五百円、千円でも、金に糸目をつけづに買いあさる…
---
この1962年頃には御大自身弾不足だったな。
その結果1965年03月01日には【実包千発、ライフル銃の実包千発】。
いちいちつじつまが合って、すこぶる気持ちがよろしい。

往時、雨の日に近所のおともだちのウチに行くと、
「雨の日はおとうさんが窓から庭に空気銃を撃ってるから、勝手口から入って。当たるとアブナイ」って云われた。このおとうさんハトを飼ってて、喰いに来るネコを空気銃で狙撃していることを、わたしを初め近所のヒトみんな知ってたが、いちいち、けーさつにいいつけたりしないのだ。
ガン・ブームってやつの余波だ。

イロイロ出て来すぎて、つかれた上、
未成年の時の事とかが判明して、しんみりしてしまった。

【彼はだけどこー。ああーなんかこう楽しいんですね】
佳きかな、佳き哉。
コメント

大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その2大藪春彦年表の部

2021年03月31日 | 切削工具等大藪関係・大藪春彦GUN研究・倶楽部
小林信彦の証言はこちら↓ 初めに読むといい。
 大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その1/小林信彦の証言の部
【ベレッタが三万円】【ベレッタをね、枕の下に入れて】…

大藪春彦年表の、銃の規制 現行法の抜粋,1960年末頃の猟銃一覧,エピローグ部分↓
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その3凶銃のエピローグ

大藪春彦年表 
【趣味で持っていた拳銃】とか【未届けのライフル銃】を中心に、
高松~上京~逮捕,猟銃所持再許可までの要部/本項敬称略

-------↓--大藪春彦年表初め--↓---------
1946年06月15日
ポツダム緊急勅令、銃砲等所持禁止令施行
施行前は基本は許可するから、護身用の拳銃所持・携帯は普通に認められた。
【昔は銃砲取締りがあまり厳しくなかったので、僕はつい、】
戦前の雑誌広告に護身用拳銃がたーくさん出てる。

1950年11月30日
ポツダム政令、銃砲刀剣類等所持取締令施行

1953年10月
保全経済会休業宣言

1954年01月
大藪 18歳 高松一高2年
保全経済会破産

この事件がきっかけで、1954年06月23日出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)が成立。

「いんなあとりっぷ」1972年09月号~全12回連載 エッセイ『敗戦の頃”衝撃の戦争体験”』より
---
保全経済会事件が起こったのはちょうどその頃だったと思う。保全経済会は伊藤某というペテン師が、全国から会員を集め、高利の配当を行ったが、実態はタコ配そのものだった。
保全経済会は、教員や警官の妻などを地方の集金や勧誘配当金くばり係として採用し、高いリベートを払った。
僕の母もその係になっていた。だから、保全経済会が高松支部の取りつけ騒ぎをキッカケにして、たちまちのうちに倒産し、会員の出資金がパーになってしまった時には、うちの家も散々に恨まれたり威されたりした。
---
追悼エッセイ「大藪さんと私」大下栄治1996年08月20日「大藪春彦の世界」
---
保全経済会事件の時、巻き込まれ、一家が無一文になりましたしね。
---

1954年03月(毎年三月は不吉なことばかり起る)
大藪 19歳 高松一高2年
「いんなあとりっぷ」1972年09月号~全12回連載 エッセイ『敗戦の頃”衝撃の戦争体験”』より
---
その高校時代、僕が大発奮したことがある。
保全経済会事件のあと、母は高松一の呉服屋の着物の仕立てのアルバイトをやっていたが、着物の生地をうちに家まで運んだり、母が縫いあげた着物を呉服屋に届けるのが僕の仕事だった。空気銃を買ってやるという約束に釣られてだ。
だが父は約束を破った。家を買ったばかりで、我が家はとてもそんな経済状態ではなかったのだ。その時、僕は、今に銃でも銃弾でも好きなだけ買えるだけの金を自分で稼いでやる、と心に誓ったのだ。
---
1955年銃砲刀剣類等所持取締令改正まで、空気銃は所持規制がなかった。弾は火薬使ってないからこれもフツウに売っていた。みな空気銃でトリを捕って,蛋白質のあるおカズとして食べていた。
この空気銃事件が直接のきっかけで、
 ↓
1954年の03月?(毎年三月は不吉なことばかり起る)
大藪 1回目の拳銃不法所持での検挙があったのだろう。
詳細は1960年08月の項を参照。

1956年04月
大藪 上京。早稲田入学。
   射撃部で借り物の銃を撃っていた。
住所不明なるも(雑司ヶ谷か?)蛋白質が無いおカズが出る下宿屋の二階六畳間位を、友人と布で二つに仕切って住んでいた。
そこでは同人誌「青炎」編集人室岡博と実家から送られてきたニボシでトリス三百三十円を飲んでいた。
一緒におでん屋にも行き、トーフと玉子を食っていた。

『凶銃ルーガーP08』2009年02月15日初版
(1984年11月徳間書店より刊行されたものの新装版)
「週刊アサヒ芸能」1961年01月01日~10月08日号まで連載
『はぐれ狼』より
---
石原の下宿は、雑司ヶ谷の高田小学校のそばにある。目白駅から歩いてそう遠くない。…
下宿に戻ったところで、冷えきった粗末な夕食がアルミの盆にいれられて、底冷えする部屋で待っているだけだ。千歳橋の陸橋を渡った石原の足は、なじみのおでん屋”さざえ”の縄ノレンに吸いよせられていった。…
いつも、食うのは、卵と豆腐にきめてある。下宿の食事では、蛋白質が欠乏するのだ。
---

1957年
大藪 ワセダ・ミステリ・クラブ入部

1958年
銃砲刀剣類等所持取締法制定

1958年
大藪 椎名町のアパートに転居「椎名町時代」
【彼が住んでたとこっていうのはー、あのー目白の近く】
トタン屋経営目白通り沿いのアパート一階四畳半一間。
「話のタネ本」1966年10月18日号 『美食と大食』より
---
思い出してみると、僕が大食家になったのは、今のような仕事をやり始めた椎名町時代かららしい。大学三年からだ。…
もっともそれまでは、下宿のおカズでは蛋白質が不足し恐怖感に襲われて、…
さて椎名町のアパートに移ったところその裏は有名なマーケット街。…
---
マーケットつーのは新宿区中落合3「第一マーケット」のことだ。
アパート住所は後述するように目白署管轄なので、豊島区南長崎1~4のあたり。当時その辺に「トキワ荘」つのがあった。風呂屋は「鶴の湯」「あけぼの湯」とがあった。
「椎名町時代」のアパートは、どちらか湯屋から.22LR弾で煙突に当たる位の距離50~100m程度、「第一マーケット」を「ウラ」と云える位置にあったのであろう。

1958年02月~03月 
大藪 『野獣死すべし』執筆

1958年05月
大藪 同人誌「青炎」に、編集人室岡博さんの要請で私小説的な部分削除し、当初二〇〇枚超を一六〇枚の決定稿『野獣死すべし』として掲載
   ワセダ・ミステリ・クラブ顧問千代有三が江戸川乱歩に電話で『野獣死すべし』をすすめる。

1958年07月号
大藪 江戸川乱歩『野獣死すべし』を「宝石」に転載

1958年
大藪 東宝で『野獣死すべし』映画化。
   映画化権料五〇万円もらいつつ月二千円の奨学金を受けていた。「スター千一夜」でしゃべって怒られた。
   狩猟免許交付。ウィンチェスターM52(口径22)を初め、次々に買う。まずカモ猟から始めた。

「婦人公論」1960年07月号連載 エッセイ『野獣の青春』より
---
(高松一高のグループに親の家や商品を抵当に入れて金回りのよい男。自殺を5回やったが身体が丈夫すぎて失敗)
この男には、
一昨年(1958年)東京で再会した。立派なヤクザになっていた。今度親分の命令で背中いっぱいに入墨を彫るのだと威張っていた。高校時代の面影はどこにも見当たらなかった。
しばらくして(1959年?)また訪ねてきて、ヤバイことがおこったから逃亡(フケ)ると言い、遊びにきていた女の子の財布を無断借用して消えた。
いま(1960年06月頃)は名前をかえて自衛隊にいるらしい。
ヤクザの世界では、闇に消された人間の戸籍を買えるのだ。
---
当りだっ!
『五木寛之大藪春彦対談 体験の風化と怒りの持続』1976年04月10日新潮社「大藪春彦の世界」
---
大藪 なにしろ、四国まで護送されるときに、名古屋で新幹線を新聞記者が止めちゃったんだから。
五木 なぜ四国まで護送されたわけ? 東京でやらずに……。
大藪 向こうで、ぼくから詐取したやつが捕まったもんだから。高校時代の友人で、自衛隊にいたやつだったんだけど。それで、高松の警察がパクリにきたわけ。
---
この抵当男→【ヤクザ】が【高松一高の同窓のA】で、
【趣味で持っていた】【ベレッタが三万円】を【持ち逃げ】した、
【四国のヤクザが吐いたんですからね】である。
『野獣死すべし』の1958年以降、どうも年に一回は訪ねて来たようだ。

1958年秋
小林 宝石社の顧問として採用。月俸格安五千円。

1959年01月
小林 6月創刊予定のミステリ雑誌「ヒッチコックマガジン」の編集長に、江戸川乱歩の後押しで抜擢。

1959年08月01日発行「ヒッチコックマガジン」1959年08月号 第1巻1号 通巻第1号 定価100円 136頁
小林 「ヒッチコックマガジン」創刊

1959年
大藪 大江健三郎,石原慎太郎,寺山修司らとともに、安保反対アピール。すぐにお祭り騒ぎにいやけがさしやめる。

1960年01月01日発行「ヒッチコックマガジン」1960年01月号 本号から大藪春彦掲載
大藪 読物・他『ライフルとぼく』
小林 関連記事『今月のすいせん●大藪春彦/中原弓彦』

1960年01月10日号~1960年12月25日号まで51回連載「アサヒ芸能」連載/単行本初版1961年
大藪 『みな殺しの歌/続みな殺しの歌 凶銃ワルサーP38』
メモとってみたら、丸七日間のできごとであった。
以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が本当に明かされています。
前半の山場/四日目の夜から五日目の夕方にかけて
埋立地→貸しボート→巡視艇→釣り船→トヤ→カモ猟舟→カモ猟→トラック
後半の山場/六日目の夜から七日目の朝にかけて
由紀子の家/ヴェルナルディリ拳銃発射→農家等→荒川渡る→貨車→上野でヤキソバ

1960年03月01日発行「ヒッチコックマガジン」1960年03月号
大藪 小説『野獣死すべし(渡米篇)』
小林 関連記事『特別解説もお忘れなく/中原弓彦』「野獣死すべし(渡米篇)」解説

1960年03月(毎年三月は不吉なことばかり起る)
大藪 「他殺クラブ」入会

1960年04月上旬/1960年04月17日号〆切より前
大藪 推定1965年03月01日に押収された【ペルナンディけん銃一丁】購入所持。
【ペルナンディけん銃一丁】と【ベレッタが三万円】の二丁は別々に買ってて、【ペルナンディけん銃一丁】が約半年早かった。

押収名【ペルナンディけん銃】の名前表記は、
出てきた順に『みな殺しの歌』1960年【ヴェルナルディリ】,『GUN相談室』1961年【べルナルディリー】,押収1965年【ペルナンディ】と3つ、うぃきが【ベルナルディ】で4つある。メジャーではない証拠だ。以下適当に使い分ける。

【お金がないから向こうが】ヤクザから「手持ちのこれ買ってくれ」と云われたのであろう。
∵↓
『みな殺しの歌』「アサヒ芸能」
1960年04月17日号~1960年09月18日号にかけて、
イタリア製ヴェルナルディリ〇・二二口径六連発の超小型自動拳銃が出てた。
これがベレッタ,ワルサー,コルト,SW等ならそうかななのだが、【ペルナンディけん銃】じゃあなあ。
たまたまこのとき買ったから小説に書いた、としかねえ。
---
1960年04月17日号『生への渇望』のラスト一行(←ここ書いてるとき、急に買ったんだな)
衣川は銃身で中尉の耳をひっぱたいておき、グローブ・コンパートメントの中を手探りした。掌に入るほど小さいヴェルナルディリ〇・二二口径六連発自動装填式拳銃が隠されてあった。

1960年04月24日号『巣』
「便利なものを持っているじゃないか」
衣川は、左手でグローブ・コンパートメントから引っぱりだした〇・二二口径ヴェルナルディリの超小型自動拳銃を見つめた。
そのイタリア製拳銃は、小さいだけでなく非常に軽かった。銃把はベークライトでできており、銃身も極端に短かった。…
衣川は左手でヴェルナルディリ小型自動拳銃を引っぱり出してみた。遊底の後に撃発を示す示針が突き出していないところを見ると、薬室は空になっている。
銃把の弾倉室から、弾倉を抜いて調べてみると、〇・二二ロング・ライフル・ハイ・スピードの実猟用ホロー・ポイント弾が六発詰まっていた。護身用には十分役立つだろう。
弾倉を弾倉室に戻した衣川は、掌より小さいその超小型自動拳銃をどこに隠そうかと迷った。
ズボンの裾をまくりあげて臑にくくりつけるのもいい。しかし、衣川はソフトを脱ぎ、それをひっくりかえして裏地の縫い目を少しはがした。そこからソフトに小さな自動拳銃をさしこんだ。
ソフトをかぶり直してみた。
【頭上の小さな自動拳銃の重みは、慣れるとほとんど感じない】ほどになった。…
衣川は小型拳銃をひそめたソフトを目深にかぶり、茶褐色のサン・グラスをかけていた。…
---
【ソフト拳銃】きました!
この【ソフト拳銃】は、埋立地→貸しボート→巡視艇→釣り船→トヤの間にも、頭上から離れることはなかった。
ヴェルナルディリでの【ソフト拳銃】と【スネ拳銃】は実際に街中で試してみたんじゃないか。
---
1960年05月08日号『虐殺の原』
大森のベアード自動拳銃を闇の中に蹴りこんだ。(にもかかわらず)
1960年06月05日号『待つ』
胸の高さにまでトヤの囲みがとどいた。頬に潮風が吹きつけ、ソフトを飛ばしそうになった。
1960年06月12日号『待ち射ち』
ソフトを脱いだ。ソフトの裏地に小さなベアード拳銃が隠されてあった。それを引っぱり出した衣川は、ハンティング・コートの脇のポケットにしまった。…(瞬間的に【ソフト拳銃】がベアードになった/ベレッタだったら間違えなかったであろう)
1960年07月03日号『再び街に』
左手に、残り三羽の鴨の足を束ねた麻紐と、銃ケースに分解して入れたフランキを提げていた。ケースの中には超小型ヴェルナルディリ拳銃を隠したソフトも入れてあった。…(よかったよかった)
1960年07月10日号『小休止』
そばの卓子には、口径〇・二二インチのヴェルナルディリ超小型自動拳銃を仕込んだソフトが置いてあった。…
1960年07月17日号『決死の密会』
(↓たぶん大藪もので唯一ヴェルナルディリ拳銃で狙撃するシーンであろう)
衣川は、かむっていたソフトをそっと左手で脱いだ。ソフトの裏地の裂け目をさぐり、超小型ヴェルナルディリ自動拳銃を引っぱりだした。
〇・二二口径だから、うまくやれば、さほど大きな銃声はしないだろう。衣川は掌に入るほど小さなヴェルナルディリを左手に持ち、親指を逆にそらせて、銃の左側の蛇の目形の安全装置を押しさげた。
カチッ……と安全装置の外れる音がした。
「動くな!」
闇の中から刑事が声をかけた。
その声を狙って、衣川は発砲した。銃身が短いため、二十二口径でも相当に鋭い発射音がした。銃口から青白い閃光が流れ出た。小さな銃弾は、刑事の開いた口から入り、下顎を砕いて頬骨でとまった。
…衣川は左手のヴェルナルディリを、刑事の肩に押しつけるようにして引金を絞った。圧迫された銃声は小さかった。エジェクターで遊底からはじきだされた小さな空薬莢が、ピーンと金属製の音をたてた。
刑事は二,三センチ後にはねとばされ、そのまま動かなくなった。鎖骨の上から入った弾が内蔵を破壊したらしい。…
そのとき初めて、自分がまだ左手にヴェルナルディリ拳銃を持っているのに気がついた。安全装置をかけ、急いでソフトの裏におさめた。…
1960年08月14日号『十字火』
目深にかむったソフトが吹きとびそうになり、裏地の中に隠した超小型ヴェルナルディリ自動拳銃の重量に救われてかすかに頭にまとわりついていた。
「………」
衣川はくいしばった歯の間から罵声を漏らした。跳ねあがる白バイのハンドルから器用に左手をはずし、ソフトを掴んで背広の下に押し込んだ。…
ヴェルナルディリ小型銃をひそめたソフトだけは、制服の腹の下にしまい、拳銃吊りのベルトを締めた。…
1960年08月28日号『水面の花』
腰に吊った警官のS&W拳銃、制服の下に突っ込んだヴェルナルディリ超小型拳銃入りのソフト、ポケットから出したコルト・ディテクチヴ・スペッシャル拳銃などを、ヘルメットの中に落した。
1960年09月18日号『蝋燭と女』
そのヘルメットには――S&W四十五口径、ヴェルナルディリ超小型〇・二二口径、コルト・ディテクチヴ・スペッシャルの三つの拳銃と、弾薬などが入っていた。
【ヴェルナルディリをのぞく拳銃は革ケースにおさめられていた】。…
---
1960年09月18日号のこの部分がヴェルナルディリつー語出てくる最後。以後は「数丁の拳銃と弾薬」とくくられる。
次章『サディスト』1960年09月25日号の執筆時【ベレッタが三万円】買っちゃったから、ベレッタ・ミンクスなどが出てくる。マクラの下に入れて寝た位気に入っていたのだ。

所持したヴェルナルディリの口径は.22ショートか.25ACPか.22LRかはよくわからないが、『GUN教室』から.25ACPがあやしいとおもふ。
また上記にあるように、ヴェルナルディリ拳銃にはショルダー・ホルスターが無いので、抜き撃ち練習はできなかったであろう。

1960年04月29日「週刊スリラー」18号通巻53号定価30円 担当編集者静竜子(1961年02月結婚)
大藪 『ウィンチェスターM70』第1回
編集長とともに挨拶にいくと、畳も座布団もべたべたで、丹前の袖口がテカテカしていた。
「あっこれからキミが来てくれるんですか。静龍子さんね、どうぞよろしくね、ひゃっひゃっひゃっ」

出合った当時のこと 大藪龍子さん談 1998年頃
---
いやっこれが例の、その、
怖い小説の大藪さんかということで。
ほっとしたようなー、んんーなにかホントかしらーというような感じで。
「ささどうぞ。お湯も沸かしております。お茶どーぞー」
なんて入れて下さいましてね。
そーれぇがーも、非常にやさしくって。
若いのに、なにかこうー身を削るようにして、
何かに向かって書いている姿などが、
非常にこう。
ううーん魅力的というかぁ、
男としてのこぉー、んーやはり魅力ですねえ。
---
このお茶がとてもおいしかった。
その後朝メシを食わないで書いているので、翌朝おにぎりを差し入れた。
うれしくてキタナイ畳にこぼした米も喰っていた。
そのうちに、大藪が調査の結果判明した住所の実家に現れ
「お龍ちゃんを僕にください」
「お嫁に来てくれなければあれもこれもぶっ壊す」と窓からライフル突き出した。

1960年05月01日発行「ヒッチコックマガジン」1960年05月号
大藪 読物・他『勝手にしやがれ!』

1960年07月号「婦人公論」
大藪 エッセイ『野獣の青春』

1960年08月01日発行「ヒッチコックマガジン」1960年08月号
大藪 読物・他『チャンドラーの死んだ夜』

1960年08月号「中央公論」
大藪 エッセイ『テロのムード』
小林「そんなもの「中央公論」に書くなっていうんだけど」
---
事件というと大袈裟だが、
【今度イタリーから来た自動散弾銃の所持許可申請】に所轄署に行ったところ、さる週刊誌が特集した「首相を暗殺した小説」という記事のなかに、たまたま僕の作品も入っていて、しかも僕がわれながら威勢のいいことをしゃべっているのに保安課長が目をつけたことからはじまる。
◆【拳銃の不法所持で挙げられたこともあって】、
【こんな奴に銃砲所持許可を出すことは出来ない】。いままで許可してたのも調べ直せ、ということになった。

【いままでに持っているだけで十分だ】と、言われても、僕にとってはハッタリでなく好きな銃を持てないということは耐えがたい苦痛である。
僕は誤解をとくべく本庁に参上し、ついに許可をおろしてもらったが、
【あんまり調子のいいことを書かないようにと警告】をうけた。
もう少ししたら
【予約してあるカービンが手元にとどく】というのに、ここでテロリズムのことなんか書いたら、所持許可がおりないのではないかと、内心ビクビクしている。…
警察と揉めているあいだ、
【本富士署と目白署】の刑事たちが入れかわりたちかわり訪れ…

学生と機動隊の乱闘のときに気づいたことだが、デモ隊のなかで警官の拳銃に手をかけた者はいないようだった。
周知のように、制服警官が腰のホルスター・サックに差しているのは、たいていが、〇・三八、あるいは〇・四五インチ口径の…
発射するには、親指で撃鉄(ハンマー)を起こしてやると輪胴が回転し、撃針面に次の薬室の弾がまわってくる。…
---
どひぇ。
しれっと書いてあるが、
◆【過去にも拳銃で挙げられてた】のか。
拳銃であげられると確定判決の次にくる年度から以後3年間は猟銃を所持できない。
1958年の半ばにはウィンチェスターM52を所持しているので、前歴の確定判決は1955年03月31日より前だ。
大藪は1935年02月22日生まれだから、1955年02月22日に満20歳である。
前歴は1954年以前高松一高時代/未成年で(1954年03月? 19歳、毎年三月は不吉なことばかり起る)、刑事罰無しだったのではないか。
これが後に
【昔は銃砲取締りがあまり厳しくなかったので、僕はつい、】
こうなったのではないか。
すると、これが生きてくる↓
小林【当時割に四国っていうのはピストルが自在だったんですね】
この件を、小林は大藪から聞かされて知っていたであろう。
金無いから、どこかからかっぱらってきたのを挙げられたのであろう。

【本富士署と目白署】の目白署は居住地豊島区南長崎1~4の所轄署。
本富士署はなんだろな。銃砲店の所在地かな?
【こんな奴に銃砲所持許可を出すことは出来ない】
目白署保安課長はいい勘している。
このとき、1960年08月号「中央公論」『テロのムード』
すでに、1960年04月頃 推定【ペルナンディけん銃一丁】(表記いろいろ)を所持してたからだ。

1960年08月
大藪 盗作疑惑により「他殺クラブ」を脱会。
   猪猟に凝る。

1960年8月25日から
1960年9月11日まで ローマ・オリンピック開催

1960年09月中旬/1960年09月25日号〆切より前
大藪 【ベレッタが三万円】を購入所持。
推定ベレッタM950Bジェット・ファイアー.25ACP

「週刊プレイボーイ」1969年04月15日号掲載『俺は再びガンを持てる!』より↓
---
【昔は銃砲取締りがあまり厳しくなかった】ので、僕はつい、
【ローマ・オリンピックから帰った銃砲ブローカーをしている猟友】から
【拳銃を二丁ゆずってもらっていた】のだ。
---
この記載は【ベレッタが三万円】の1960年09月頃のことだけ。ペルナンディけん銃は前述したように1960年04月頃購入していた。
ローマ・オリンピックだからイタリア製の2丁なのであろう。

【猟友】っつのは【ヤクザが売りに来るし、好きな人は買う訳です】ヤクザのことである。

●2丁まとめて動機から口径を推考
小林も新聞記事も消音器について触れていない。たぶん未所持。
『野獣死すべし(1958年)』では最初に出てくるコルト・ハンツマン22口径を消音器無しで街中発砲してた。
安アパートの四畳半で撃つには発射音静かで更に威力の小さい拳銃が必要。
銃身長とかの条件にもよるが威力は .22LR(82~370J),.25ACP(85~89J),.22ショート(60~118J)
これと下の『GUN教室』『名のない男』を考慮して、
【ペルナンディけん銃】推定べルナルディリー・ベイビーM60は.25ACPの自動拳銃とする。(1965年03月01日の項で詳述)

でもヴェルナルディリ用のショルダー・ホルスターは無いから抜き撃ち練習はできず、おそらくは室内射撃はしてないようにおもふゾ。すんと.22LRでもいいわけだな。

【ベレッタが三万円】は推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーの小型自動拳銃 製造1952年~2003年も.25ACPで、

ショルダー・ホルスター付きなので、抜き撃ち練習ができます。
ベレッタM950には.22ショートのもあるが、押収時の証拠から推考は1965年03月01日の項に記載。

『GUN教室』1966年10月30日初版
連載1961年01月号~1962年12月号「ヒッチコックマガジン」『GUN相談室』
---
まえがき
この本は、かつて”ヒチコック・マガジン”に連載していた”ガン相談室”を骨子として、それを補筆訂正したほか、さらに倍以上を加筆したものである。
---
P73寫眞(訂正書によりP91寫眞を入れ替え)


上:べルナルディリー・ベイビーM60
左:ベレッタ(M)950Bジェット・ファイアー
がわざわざ並んでいるつーことは、大藪購入はこの二丁で間違えないであろう。
右下のマカロフは攪乱つーやつだ。
べルナルディリーの拳銃には大きい順にM100,M80,M60とあったようで、M60は一番ちいさいやつだ。詳細は不明である。所持したのは弾倉六発+薬室一発らしい。
ベレッタM950B←このBつーのはグリップ?・セーフティがないものを指すそうだ。
ベレッタM950の.25ACP のものがベレッタ・ジェット・ファイアーだ。
連作短編『名のない男』1962年10月号~1963年09月号「推理ストーリー」の主人公の愛銃。
ベレッタM950の.22ショートのをベレッタ・ミンクスと称する。
『みな殺しの歌』1960年,『探偵事務所23』1962年の『狙われた女』などに出てくる。
ベレッタ・ジャガーつのは、M950より一回りでかいやつだ。
『凶銃ルーガーP08』1961年03月12日~04月09日号『はぐれ狼』に出てくる。

『凶銃ワルサーP38〈続みな殺しの歌〉』1960年09月25日号『サディスト』
週刊誌なので、○日号が一週間前に出るとすると、〆切は二週間前の1960年09月11日。ローマ・オリンピックが1960年9月11日までであるから、たぶんヤクザに「これショルダー・ホルスター付きで買ってきてくれ」と云っておき、持ち帰ったのを即購入したのであろう。
---
…と、ポケットから、イタリー製ベレッタ・ミンクスと、ウィンチェスターの子会社であるウエスターン製〇・二二ショートの五十発入り弾箱を出し、卓子の上にドスンと置いた。
普通、二二口径といっているのは〇・二二ロング・ライフル弾だ。拳銃にも共通して使える。田辺が出した〇・二二ショート弾は、ライフルにも使えるが、主に室内競技とか自動拳銃の射撃競技用――それもピストル・シルエット――に使われる。薬莢がロング・ライフルよりもだいぶ短く、火薬量も少ない上に弾頭の重量も軽いので、速射してもほとんど銃口がはねあがらず、次射の狙いをつけやすい。むろん、
【銃声は小さく風の強い屋外で射てば、安物のスプリング式空気銃とあまり変らない】。
田辺は、ベレッタ・ミンクス自動拳銃の銃把の弾倉止めを圧し、弾倉室から弾倉を引き抜いた。
その弾倉のバネをサイド・レヴァーで圧縮しておき、ニッケルの薬莢に包まれた可愛らしいほど小さな実包を、次々に八発落していった。
銃把の弾倉室に、装填した弾倉を叩きこんだ。遊底を引き、手を放して遊底を閉じさせ、弾倉上端の実包を一発、薬室におくりこんだ。
---
この記載などからは「ベレッタ・ミンクス」とおもいたくなるが、前掲の『GUN教室』の寫眞と、『名のない男』1962年とで、やっぱベレッタ・ジェット・ファイアーであろう。『名のない男』もミンクスだったら.22ショートと迷うが。
このベレッタ・ミンクスで真美子が逆襲し、田辺の睾丸一個と耳朶を狙撃した。

1960年秋頃←推定この辺
「椎名町時代」
【彼の原稿取ってましたからね】
【彼が住んでたとこっていうのはー、あのー目白の近く】
アパート一階の【四畳半一間で撃ってん】
【ベレッタが三万円】
【大藪、春彦の家で見た】
【ベレッタをね、枕の下に入れて】
【出るときに】【ショルダーホルスターへね、背広の下へね、入れてね、こ鏡見て】
「【これ、わかんないだろう、これだと】」
【夜酔っぱらって帰って撃っちゃって、隣の部屋に突き抜けて、大騒ぎ】
【かっ壁にね穴がいっくらもあるんすよ】
【ピストルですよ、抜き撃ちを】
【抜き撃ちの練習】
【それに向かって、こう撃っ、撃ってるうちに】
【手元が狂って、隣の部屋に撃ってね、隣のおやじが酒飲んでるとこ、パァーン】

これはアパート一階四畳半でのできごとであるから、
【ベレッタが三万円】ショルダー・ホルスター付きを買うが速いか、瞬く間に柱や壁を弾痕だらけにしたのであろう。

おとなしくビール飲んでたらいきなり拳銃弾撃ち込まれたのに、
【怒るだけだった隣のおじさん】にはぐっとくるよな。
流石は1960年である。
そもそも四畳半でどーして安心して撃ってたのかつーと、
以前から執筆時にモデルガンをパンパン撃っていたに相違なく、
銃声のみだと隣のおじさんも
「またおーやぶのやろうピストル撃ちやがって」でおしまいだったからだ。
撃ち込まれて初めてホンモノとわかるわけだが、そこはそれ
【あれはねー、地続きだったんすよ。だら、地続きだからうけたんですよ】
なのでいちいち、けーさつにいいつけたりしないのだ。

.25ACP弾拳銃の威力,反動,発射音について(同じような銃のリポート)
「スコラ」1983年06月06日号掲載『素晴らしきアメリカ射撃旅行』より↓
---
バウアー.25ACP――女性専科の護身銃

…どれだけ護身用として役立つものか、保証はできない。…
…たしかにタマは小さいのだが、撃つ銃も軽くて小さい上に、小さすぎてちゃんと握れないから、けっこう反動は強く感じられる。強い、というよりシャープというか、手に直接ビン、と鋭く弾き返されるような感じだ。
発射音は、ひらけた屋外では「パン」と乾いた音がする。もし、
【日本の河原でこの銃を撃って】いても、ほとんどの人は、
【カンシャク玉を詰めたモデルガンだと思って、通りすぎてしまう】だろう。
---
わざわざ【河原で】って書いちゃうからバレるのだゾ。

『戻り道はない(続 凶銃ルーガーP08)』1961年『死を急ぐ者』
---
佐久間は、横浜の先の富岡射場に向かっているのだ。なぜ、こんなに早く射場に急いでいるかの理由は、革ジャンパーの下に隠し吊ったルーガー拳銃にある。人の来ない朝のうちに、カービンの銃声にまぎらわせて、射場でこの拳銃を試してみたかったからだ。
---
ふふふっ。

1960年10月01日発行「ヒッチコックマガジン」1960年10月号
大藪 読物・他『続・拳銃特集??座談会/拳銃族まかり通る!』

1960年12月号「ヒッチコックマガジン」
大藪 読物・他『弾道講義』

1960年末頃(推定)
大藪 アパート二階の六畳+四畳半の部屋が空いたから、アパート一階の四畳半一間から転居。

註:すでに後の奥さんと同居してたようだ。
後年大藪は奥さんを「ママ」と呼んでいた。

1960年末頃(推定)
「椎名町時代」
【彼が住んでたとこっていうのはー、あのー目白の近く】
アパート二階の、六畳と四畳半
【窓んとこ行って】「【ふろ風呂屋の煙突見ろ】」
【彼が、あのーあれですよ、ええとあのー、撃つ撃つわけですよ】」
【煙突の上の方に黒い煙がパーッと上がる】

【アパートの窓からライフルをぶっぱなした】つー別情報も多数ある。複数の編集者が煙突射撃を目撃してるのであろう。
【アパートの窓】つーのが生々しい。
したら、銃はこれね↓
1)1958年.22ロングライフル
僕がまず買ったのはウィンチェスターM52の小口径――二二口径――ライフルであった。

煙突射撃を止めたのは「これ以上射つと、煙突が折れる可能性があるから」であるが、すでに後の奥さんと一部同居してたから、「お龍ちゃん」に煙突射撃を含む居室内実弾射撃は禁止されたからであろう。

『凶銃ワルサーP38〈続みな殺しの歌〉』
1960年10月16日号『骨折り損』
---
五郎は銃床を掴んで、ライフルを引き出した。銃はウィンチェスターM五二のボルト・アクション。〇・二二の小口径リム・ファイアだった。スポーティング・タイプだ。
その優美なウィンチェスターには、三×九倍の可変望遠照準器がついていた。米国ではブッシュネルの名で販売されている優秀な国産品だ。
五郎はM五十二の遊底部右側の銃床先台についた弾倉止めボタンを押して、収容能力五発の弾倉を抜いた。
道夫が無言でそれを受け取り、ポケットから出したレミントンの緑と赤の弾箱に詰まったマッチ・ターゲット、つまり試合競技用弾を、弾倉に詰めはじめた。
競技用の〇・二二ロング・ライフル弾は、弾速が遅い。ハイ・スピード弾とくらべると、はるかに威力は劣る。
しかし、〇・二二口径のライフル旋条は、一六インチに一回転となっている。これは火薬が粗悪だった数十年前の〇・二二口径を基準としているので、高速のハイ・スピード弾は、回転が早すぎて十六インチ一回転ではおっつかない。したがって着弾点は乱れ、針束でつついたような着弾の集中は望めない。
それに反し、競技用弾は、優秀な火薬と厳密に計られた弾頭を使用しながら、わざと火薬量を落して弾速を殺し、十六インチ回転にに合致してあるので、五十メーターも先の標的でも重量のある競技用銃を使えば十点センターへの着弾集中はざらに見られる。
【おまけに発射音は小さいので、車の往来の激しい騒音の街で射ったのでは、二十メーターも離れれば発射音は気づかれないであろう。】
---
【.22LRマッチ・ターゲット実包煙突射撃】きました。
うまい具合に【トタン屋経営目白通り沿いのアパート】だ。車の往来は激しいのだ。
---
土蔵の天井近くの明かりとりの窓から鋭く乾いた銃声がした。快音を発して真美子の手からベレッタが飛び、暴発しながら壁に叩きつけられた。
---
ベレッタ・ミンクスはこれを遊底に、もう一発を排莢子孔及び銃身の薬室部にくらって終了。

「週刊プレイボーイ」1968年01月09日号掲載 対談:三島由紀夫『武器の快楽』より
---
三島 あなたが、
【昔週刊誌を30冊ぐらい積んでおいて】、いちばん前の表紙の山本富士子さんの顔を
【ライフルでぶち抜いている】という話は聞いているんです(笑)。ほんとでしょう。
大藪 大昔のことです。若気のいたりで……(笑)。
---
【ライフル四畳半実弾射撃】もきました。
なんでもありだな。
同人誌「青炎」編集人室岡博さんが見ていた。

1960年末頃(推定)
小林「(猟銃を)【4丁ぐらい持ってた】んすよね」【六畳の方にガンケースがあって】
ホントかな? ここに記載移した。(文字数いっぱいなのだ)
大藪春彦年表の、銃の規制 現行法の抜粋と、エピローグ部分↓
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その3凶銃のエピローグ

1961年01月01日新潮社(単行本)
大藪 『ウィンチェスターM70』

1961年01月号~1962年12月号「ヒッチコックマガジン」
大藪 読物・他『GUN相談室』

1961年02月「梅ヶ丘時代」一軒家,駐車場なし
大藪 担当編集者だった静竜子と結婚。媒酌人佐賀潜(弁護士松下幸徳)
   世田谷区梅ヶ丘に転居。
奥様は元担当編集者だったのだから、ついでに柱や壁の弾痕をみていたであろう。

なお、小林の証言が1960年の独身時代に集中しているのは、結婚後に原稿取りに来た小林にみせびらかしていると、お茶もってきた奥さん(ママ)にみつかり、
「あなたたち、なにやってるんですか!!」などと怒られるからであろう。
また、後述する高松一高の同窓のAに拳銃の見せびらかしができたのは、Aがお仕事/編集者でなく、あやしい友人であるから頻繁なお茶出しが無かったから、であろう。

1961年「梅ヶ丘時代」
大藪 自動車免許取得
註:だから1960年以前の初期作品では主人公がクルマ運転してもアクセレレーターを強く踏んで走るだけで、トランクに積んだ札束の重みでオーヴァー・ステアになったりしないのであろう。

クルマ変遷
310ブル(1961年?)→SP311(1965年?)→S54B-3(1966年?)→PGC10(1969年/車台番号03)→グロリア→530i→533i→535i
1980年代のエッセイだかで、
「ぼくのようにワイルドに走る人はBMWの5シリーズがよい」と書いてあった。
他には運動靴でなんだったかな? ゲタ代りにホンダのシビックかなんかに乗っていた。

1962年03月?「梅ヶ丘時代」(毎年三月は不吉なことばかり起る)
大藪 高松一高の同窓のAに【趣味で持っていた拳銃】2丁の内、
マクラの下に入れて寝てたほど気に入っていた
【ベレッタが三万円】推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーを【持ち逃げ】された。1965年03月の項で詳述。
推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーが手元にあったのは、1960年09月~1962年初頭迄の1年半弱。

1962年04月「↓松原時代」一軒家,駐車場有り。以後終生松原在住
二階の廊下で編集者(徳間書店鈴木晴一さん)と空気銃標的射撃をしていた。
大藪 世田谷区松原に転居。長男生まれる

子供ができてから 大藪龍子さん談 1998年頃
---
子供がちょっとでも熱があるといいますともう、
大変な騒ぎでもう明日をも死ぬような感じで、
大騒ぎでしたり。
子供がぁ、盲腸になったりといいますともう、
仕事はもうこちらに置いて、
徹夜しりゃあいいという感じで、
一緒に病院に行って、
(合掌した手を上げ下げ)
「はあーーどーぞ、すぅーどーぞ」
って言ってあのー
「無事でありますように」って言って。
おとうさん盲腸では今は死なない時代だ、と言っても
「いや、わからん。ちゃんとお願いしなさい」
とかね(笑う)。
言いまして。
---

1962年10月号~1963年09月号まで12回連載「推理ストーリー」
大藪 連作短編『名のない男』第1回『剥かれた街』
主人公「私」の愛銃↓
【小型自動拳銃ベレッタ〇・二五口径モデル九五〇】

 1962年初頭【ベレッタが三万円】推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーを【持ち逃げ】されたので、ベレッタM950を愛銃にできる設定,主人公を考えたのであろう。
---
…脇の下からホルスターをはずし、小型で非常に軽量のベレッタ〇・二五口径自動拳銃モデル九五〇を、ズボンの裾をまくって臑にくくりつけていおいた。
…私のズボンの下に拳銃が隠されていると気づいた者は一人もいないであろう。二五口径のベレッタ・モデル九五〇は掌にスッポリとおさまるほど小さくて軽いのだ。
…いつもは、それを臑にくくりつけたホルスターに隠しているのだ。
…ズボンに隠された臑に、それだけを私が頼りにしている小型自動拳銃ベレッタ〇・二五口径を括りつけてあるのだ。
---
どこかに隠して「【これ、わかんないだろう、これだと】」つーのがキモなのであろう。
主人公の私はベレッタ撃っても基本は至近弾の衝撃波でおどかすだけだ。2回敵の右腕に当てているが描写が精密で無いから略。
---
…いきなり枕を蹴とばされた。私が枕の下に隠してあった小型自動拳銃ベレッタが、鞣し革のホルスターに入ったまま部屋の隅に飛んだ。
---
【ベレッタが三万円】ベレッタ〇・二五口径モデル九五〇での
【マクラ拳銃】きました。

クルマは目立たぬ外観の茶色の310ブルーバード1200ccだ。丸目2灯のやつだ。

1962年04月~1965年02月迄のどこか「松原時代(一軒家)」
(長男のお誕生過ぎの1963年04月以降の可能性高い)
大藪 1965年03月01日押収された【未届けのライフル銃一丁】である、
推定.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのウインチェスターM70 無論プリ64モデル
を推定購入所持ス。

∵小林がさかんに出入りしていた1960年「椎名町時代」のアパート住まいの頃に、
もし【未届けのライフル銃一丁】を所持していたなら小林にみせびらかしているハズだ。すっと「マグナムライフルも持っていたんすよ云々」つー証言があってよさそうなものだ、が言及無し。
1962年松原の一軒家になったから、ヤクザが
「ウインチェスターマグナムいかがすか」

好きそうな「ながもの」を売りに来たのであろう。
小林【家構えてると、拳銃ブーム、で好きそうな人のところ来たすよ】
一軒家ならそうそうは引っ越ししなくてもよいから、かさばる「ながもの」でもバレにくい。
なお、【実包千発】等は、随時補充していたであろう。

1962年12月01日発行「ヒッチコックマガジン」1962年12月号 第4巻13号 通巻第41号 定価180円 208頁
大藪 読物・他『GUN相談室』第24回
本号以降、「ヒッチコックマガジン」に大藪作品掲載無し

1963年01月
小林 宝石社を解雇

1963年07月01日発行「ヒッチコックマガジン」1963年7月号 第5巻7号 通巻第48号 定価180円 172頁
本号で「ヒッチコックマガジン」休刊

1963年11月14日放送 日本テレビ「人」
大藪「そーですね。
やっぱりぃ、普段のこのうーぅー生活の鬱屈したものが、
あいん合法的にこうー、発散、できるってゆうことですね」
アナ「ええ」
大藪「あぁなんてゆうか。
銃を撃つときの精神と肉体の、極度の緊張感ってゆうのと」
アナ「はあはあ」
大藪「それとまあ。なんてゆうんか。
鬱屈の中にくすぶっているこの破壊本能のね」
アナ「ええ」
大藪「がー、まあある程度満足(笑う)

できるということね」
アナ「なるほど」
大藪「ううん」

1963年
大藪 大口径ライフルに夢中。
   仲間と「トーキョー・シビリアンチームNo.1」という射撃チーム結成。
   毎月のように立川,座間,厚木の米軍基地の練習場に通う。


1964年
大藪 年末に東南亜細亜旅行~ヨーロッパ旅行。
   セッター犬チリーを得て、アブランド・ゲーム(山トリ,キジ,コジュケイ等の猟)にのめりこむ。

   夏に次男が死産。

1965年01月
大藪 米軍座間キャンプにおけるN・R・Aの極東選抜射撃大会でファースト・マークスマンとなる。

1965年03月01日午後01時10分(毎年三月は不吉なことばかり起る)
大藪 拳銃不法所持容疑で高松署から派遣された係官によって逮捕。
   護送中の名古屋駅で記者団に取り巻かれる。新幹線3分遅れ。
   高松北署に21日間拘留後、釈放。
   後に高松地方裁判所の審理で、懲役1年執行猶予3年判決。
   この事件のため仕事激減。ハンターのガイドまでやった。
   うぃき記載の【自首】は誤り。
1965年03月01日夕刊又は1965年03月02日朝刊

文字おこし↓
---記事はじめ---
大藪春彦を逮捕
ピストル不法所持の疑い

写真キャプション 大藪春彦

【高松発】
香川県警本
部暴力特別
取り締まり
班は一日午
後一時十分○東京都世田谷区松
○○○○×××、ハードボイルド作
家大藪春彦○○○○○○○○○
○○○○○○、○○○○○○○
○○○○の疑いで逮捕した。大藪
は○○○○十○○○○○○○○○
十一月一○○○○○○○○○○

ペルナンディけん銃一丁を不法に
に○っていた疑い。また家宅捜索
の結果、未届けのライフル銃一丁、
実包千発、カービン銃の実包千発
を押収した。
○取り締まり班○○○○○○○

る一四日高松市内暴力団四○○
手入れしたとき、同市木太町札○
××組員××××(31)方から○○
のけん銃を押収。追求したとこ○
これが大藪から流れてきたも○○
わかり大藪の○○となった。
---記事終わり---
【四国のヤクザ】の、けん銃の【入手ルートは、大藪春彦だった】。
【四国のヤクザが吐いたんですからね】小林の記憶は正確無比
「もう一丁ペルナンディけん銃があった」とも吐いたから、この日家宅捜索。
この【四国のヤクザ】は【未届けのライフル銃1丁】は知らないはずだ。
抵当男?→高松一高同窓A→【四国のヤクザ】→××組員××××(31)
全国暴力団Wikiの記載↓今もあるゾ
---
五代目××組は香川県高松市×××××××××××に本部を置く暴力団で、六代目××組の三次団体。上部団体は六代目××会。
---

このとき自宅から押収されたのは
・ペルナンディけん銃1丁←捜索で探してたもの
・未届けのライフル銃1丁←捜索したら出て来たもの
・実包千発(口径不明)←推定.25ACP拳銃用
カービン銃の実包千発←推定未届けのライフル銃用/カービンはライフルの誤記(所持許可あるカービンの実包を押収しても意味なし)

●けん銃を証拠から推考
【ペルナンディけん銃】ってナンだ? (ここから推考スタートしたので、前後するけど記載ママ)
うぃきの拳銃一覧で似た名前探した。これだっ↓
イタリア製自動拳銃 べルナルディリー・ベイビーM60(詳細不明)

前述したように『みな殺しの歌』「アサヒ芸能」1960年04月17日号~1960年09月18日号にかけて出てくる。記載はヴェルナルディリ。あと『GUN教室』連載1961年01月号~1962年12月号「ヒッチコックマガジン」『GUN相談室』に名前べルナルディリーと寫眞が出てた。

●押収された実包の口径を証拠から推考
押収はすべて所持許可のないものだけで、所持許可のあるライフル銃用実包
→.22LR,.30カービン,.30-06スプリングフィールドは除かれる。
・けん銃の口径
もしべルナルディリー・ベイビーM60,ベレッタが.22LRだと、ここでの押収実包が【ライフル銃の実包千発】のみになってしまう。だから押収した【実包千発】は.25ACPで、許可ライフルには使えないであろう。
べルナルディリー・ベイビーM60とベレッタM950Bジェット・ファイアーの共通使用実包.25ACPであろう。
またあるいは、べルナルディリー・ベイビーM60はホルスター無しで四畳半抜き撃ちできないので.22LR。
ベレッタはショルダー・ホルスターからの四畳半抜き撃ち練習をしたのであるから、銃声の大きさから.22ショートか、.25ACPしかない。だからどちらにしてもベレッタM950Bには違いないのだ。たぶん.25ACPでベレッタM950Bジェット・ファイアーであろう。

・ライフルの口径
ライフルは所持許可のない、.308ウイン(7.62x51mm NATO),.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのどちらかだが、.30-06所持しているのに、未届けで.308ウィンつーのはつじつまが合わない。よって【未届けのライフル銃一丁】用の【(未届けの)ライフル銃の実包千発】は.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムであろう。

●【未届けのライフル銃一丁】口径を動機から推考
現有のライフルより大口径のが欲しいけど、そーカンタンには許可されない/本庁に掛け合ってもダメ
【こんな奴に銃砲所持許可を出すことは出来ない】
【いままでに持っているだけで十分だ】
【悪いと分かっていることをやってしまう人】
だから
【未届けのライフル銃一丁】所持となったハズなので、
口径.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムだ。
1960年08月頃の所持許可のゴタゴタで、
【未届けのライフル銃一丁】所持の欲望は更に高まった、ことであろう。

●結論【未届けのライフル銃一丁】とは
てーことは
口径.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのウインチェスターM70 無論プリ64モデルであろう。


【未届けのライフル銃一丁】は、必ずや、とある山中で試射しているハズ、であろう。
1960年短編『暗い春』より
---
寺田はその金で四倍のスコープつきの口径〇・三〇-〇六ウィンチェスター・モデル七〇を買った。…
正月、寺田は汽車に乗りこみ、宮城の寒村で降りた。山に入り、三〇〇メーターにスコープを合わせた。
よく当たった。轟々と山を震わせる銃声、肩からつきぬける発射の衝撃は、寺田にこの銃さえあれば何事も不可能なことはない、という錯覚を起こさせた。
---
1960年頃までは、.30-06が大口径と認識されているのだ。『ウィンチェスターM70』でも.30-06だった。後に.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムが大口径になる。

「週刊プレイボーイ」1969年04月15日号掲載『俺は再びガンを持てる!』より↓
---
昭和40年3月1日――僕は逮捕された
三月は暗い月だ。毎年、不吉なことばかり起る。
昭和四十年(1965年)三月一日、僕は高松警察署から派遣されてきた係官により、拳銃不法所持の疑いで逮捕された。
二月十五日でその年も猟期は終わっていた。
二月末日、僕は猟で知あって共猟したこともある都下M市の友人の勧めで、M署の刑事さんたちが鎌倉で開いた酒宴に加わった。
泥酔した僕が気がつくと、その友人の家で寝かされていた。もう陽が高かった。そこで朝メシを喰っていると、留守宅から、今高松から大勢来て家宅捜索が行われているからすぐに帰るように、と電話があった。
帰りの車の中で、僕は白昼夢でも見ているような気分だった。高松という言葉から、僕が
【趣味で持っていた拳銃】を【持ち逃げ】した、高松一高の同窓のAという男のことを想いだした。
【昔は銃砲取締りがあまり厳しくなかったので、僕はつい、】
【ローマ・オリンピックから帰った銃砲ブローカーをしている猟友】から
【拳銃を二丁ゆずってもらっていた】のだ。犯罪に使おうなどという気は毛頭なかった。僕は車でもそうだが、メカニズムが好きで、
【分解組み立てして一人で楽しんでいた】のだ。
昭和三十七年(1962年)頃に僕は梅ヶ丘に住んでいた。Aは家の近くのタクシーの営業所に勤めていた。Aは何回か僕の家に遊びにくるうち、
【つい僕が見せた拳銃のうちの一丁】を、一晩だけ抱いて寝たいからと持っていき、そのまま逃げてしまったのだ。
ともかく、僕は
【残っていたもう一丁】も警察に提出(1965年03月01日家宅捜索の結果押収)し、裁判で有罪判決を受けた。…
---
やっぱり!
【つい僕が見せた拳銃のうちの一丁】
来る客来る客、見せびらかしてたんだ。
しまいにバレるって。

この記載だと「けん銃2丁」(1960年の04月と、09月頃に買った)だけであるが、
【未届けのライフル銃一丁】推定.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのウインチェスターM70無論プリ64モデルはどーした。
マサカとおもひますが、
【分解組み立てして一人で楽しんでいた】だけだとは、とてもぢやないけどおもえないゾ。
【実包千発】,【ライフル銃の実包千発】も持ってるけど、【分解組み立て】だけなら百発でも多い。二桁違うよ。

【趣味で持っていた拳銃】で【分解組み立てして一人で楽しんでいた】以外のやったこと一覧。
---
推定イタリア製ヴェルナルディリの超小型自動拳銃の部
・推定 【ソフト拳銃】したり、
・推定 このとき【頭上の小さな自動拳銃の重みは、慣れるとほとんど感じない】
・推定 【スネ拳銃】したりして、
・推定 徘徊した。
・推定 【日本の河原で】撃ったりもした。
---
推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーの部

・担当編集とか来る客に【つい僕が見せた拳銃】みせびらかしたり、
・マクラの下に入れて寝たり、
・外に出るときにセビロの下のショルダー・ホルスターに入れて徘徊したり、
・居室四畳半で抜き撃ち練習をして柱を弾痕だらけにしたり、
・壁を抜き隣室に撃ち込んだり、もしていた。
また、
・推定 『みな殺しの歌』衣川の逃亡経路の荒川河川敷へタクシーで往復
・推定 【日本の河原でこの銃】【三万円】の推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーを【ショルダーホルスターへね、背広の下へね、入れてね】
・推定 推定ベレッタM950Bジェット・ファイアーを【四畳半一間】練習の成果で素早く抜き撃ちし、
・推定 【ショルダーホルスターへね、背広の下へね】素早く戻すと
・推定 【これ、わかんないだろう、これだと】となり
・推定 道行く人は【カンシャク玉を詰めたモデルガンだと思って、通りすぎてしまう】、などもしていた、であろう。
---
推定ウインチェスターM70の部

・推定 目立たぬ外観の茶色の310ブルー・バード1200cc――
六十二年型のその車は、機会あるごとにスピード・ショップに持ち込んで機関部を改造してあるから、加速のよさは抜群だ。百二十馬力にチューン・アップしたヱンジンとクロース・レイシオの五段ギヤの組み合わせで、発進から一〇〇キロに達するまで十秒を切る――に
溶接で着けた電動扉付き隠し物入れ(ヒミツのSWで扉開閉)内へ、
・推定 【未届けのライフル銃一丁】である推定.375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナムのウインチェスターM70無論プリ64モデルと、
・推定 .375ホーランド・アンド・ホーランド・マグナム【(未届けの)ライフル銃の実包千発】の一部と、を入れ、
・推定往復運搬して
・推定 とある山中で試射していた、のであろう。
・推定 べルナルディリー・ベイビーM60と、
・推定 【(けん銃の)実包千発】の一部も、同時に持ってってついでに試射してたかもしれない。
---
【所持許可の部】
・アパート二階の窓からウィンチェスターM52口径.22ロングライフルで、
・【.22LRマッチ・ターゲット実包】を使い、
・風呂屋の煙突を狙撃し
・その弾着を担当編集にみせびらかしたり、もしていた。
その場合【トタン屋経営目白通り沿いのアパート】なので
・【おまけに発射音は小さいので、車の往来の激しい騒音の街で射ったのでは、二十メーターも離れれば発射音は気づかれないであろう。】
また、
・【週刊誌を30冊ぐらい積んでおいて】
・【いちばん前の表紙の山本富士子さんの顔を】
・【ライフルでぶち抜い】たりもしていた。

当時、発射そのものは違法でなかった。
射撃場以外で射撃練習は禁止だから、規則違反で所持許可取り消し(行政処分)はありそうだが。

「二〇世紀」1966年11月号掲載『市民武装論』より
↓渋谷少年ライフル魔事件について
---
少年は、撃つ場所を求めて座間の林に入った。
射撃場以外で射撃練習をすることは禁止されていることは知っていたが、発射の反動や銃声の快感に我を忘れた。
---

   護送中の名古屋駅で記者団に取り巻かれる。新幹線3分遅れ。
記者団が東京駅出発には間に合わなかったのであろう。

「週刊プレイボーイ」1969年04月15日号掲載『俺は再びガンを持てる!』より↓
---
【”安全装置を信用するな。たとえ装填されていないと知っていても、絶対に銃口を人に向けないでくれ”】
と言うのは、たびたび苦い目にあったからだ。…
---
小林【そのくせねえ結構、拳銃のルールにはうるさいんすよ】

1965年07月29日 渋谷少年ライフル魔事件発生
事件概要
---
当時18歳の少年が、たぶん自転車の警官一人に発砲射殺。後から来たパトカーの警官二人と撃ち合いになり一人重症を負わせ逃走。通りかかった車数台を、だます威すなどして乗り継ぎ、渋谷のいきつけの銃砲店に店員3名を人質に立て籠もる。
「豊和M1カービンもってこい。これは30連発だから30発詰めろ。お次はウィンチェスターM100だ次はレミントンだ」
などと云いつつ、都合130発発砲し、警官隊,報道,やじうまなど16人に重軽傷を負わせる。催涙弾であぶりだされて逮捕。
逮捕後の取り調べで
「大藪春彦の『野獣死すべし』のような事を実際にしてみたかった」
「『ウィンチェスターM70』の主人公のようにのようにパトカーの警官二人も情け無用で先に射殺しておけばよかった」
などと供述。
後、死刑判決。1972年執行
---
往時の大藪春彦ブーム,ガン・ブームの規模と影響の大きさを表している。
ブームを煽っていい商売したマスコミは、大藪逮捕,渋谷少年ライフル魔事件をまったく性質違うに関わらずまとめて、おおいに叩きまくったことであろう。

「二〇世紀」1966年11月号掲載『市民武装論』より↓
---
たとえば僕にしても、ピストル不法所持事件を越し、そのことについては法の裁きも受け、自分でも深く反省しているが、それに追打ちをかけるように、三年間銃砲所持取消しの処分を受けた。
これは、渋谷のライフル魔事件に官権が便乗したとしか考えられない。
たしかに銃刀法に違反した者にたいしては公安委員会は許可を受けている銃の許可を【取消しできる】という法令がある。
しかし、渋谷ライフル魔以前に有罪の確定した者にたいしては、銃を使って人を殺傷したなどという凶悪な者以外には、銃の所持の取消しは行われなかった。
ところが、戦争が近づいてきた現在、権力を握る連中は、ライフル魔のたいする世論というものをかくれミノにして、猟と射撃競技が生きがいであり、人様を殺傷しようなどという気など毛頭もってない僕から生きがいをうばってしまったのだ。

そうなのだ。禁止、禁止で本能を押さえつけてばかりいて、銃に対する教育がぜんぜんできていないから、銃を手にしたとたんに【街なかでブッ放したくなる】バカ者が出てくるのだ。
---
行政処分は裁量の範囲であったのか?
街なか→×
四畳半,【日本の河原】→○ 

1965年夏から秋頃(推定)
大藪 高松地方裁判所 判決
懲役1年執行猶予3年の有罪判決
(執行猶予3年は1968年の、裁判の判決出た月には完了する)

1965年 高松地裁判決の後の猟期(秋頃か?)
大藪 猟の職業案内人になる
「週刊プレイボーイ」1969年04月15日号掲載『俺は再びガンを持てる!』より↓
---
【判決が下りた後の猟期】、僕は週のうちの五日以上を猟場で過ごした。当然ながら仕事の依頼も少なくなったし、僕は猟の職業案内人になってお客さんに満足できる猟果をあげてもらいたかった。
---
1965年03月逮捕~判決~1966年03月行政処分の間は、【猟銃の所持許可はそのまま】だった。

1966年03月(毎年三月は不吉なことばかり起る)
大藪 東京都公安委員会から、猟銃の所持許可を取り消され、以後3年間(1969年03月まで)猟銃を所持できず。
註:行政処分。
たしか許可が無くなると没収され溶鉱炉。売ったかもしれん。
ザンネン。
「週刊プレイボーイ」1969年04月15日号掲載『俺は再びガンを持てる!』より↓
---
そして四十一年(1966年)三月。前年の事件のせいで、僕は公安委員会に猟銃の所持許可を取り消された。取り消されると、三年間猟銃を持てない。そのショックで茫然としていた僕は階段から落ちて腰を痛め、さらに悪い事は重なって、チリーまで盗まれてしまった。
僕は発狂しそうになった。身から出たサビとはいえ、なつかしい冬枯れの猟場にも、六十秒十発の速射の号令を待ってライフルを腰だめにして待つ米軍大口径射場へもお別れか……。
僕を発狂から救ったのは仕事であり、モーター・スポーツであった。四十一年(1966年)は網や罠の甲種狩猟免許を受けると共に、所持許可のいらないボウガンで猟場にも出てみたが、自分がみじめでやめてしまった。
---
ふんだりけったり、であろう。
---
…執行猶予期間はとっくに過ぎているし、この(1969年)四月で法的には再び猟銃が持てる筈だ。これからも権力に身を売る積もりはないが、公安委員のかたがか、ぜひとも僕が再び猟銃を持つ許可をおろしてもらいたい。…
---
ちゃんと所持許可下りてよかったですな。

1966年冬
大藪 三八度線取材

1968年
大藪 次男生まれる
   銃が持てない3年間はモーターレースに熱中。「チーム・マグナム」結成。


1968年12月10日
大藪 三億円事件発生。『血まみれの野獣』そっくりだったため意見聴取受ける。

1969年04月01日
大藪 猟銃所持許可下りる。
「週刊小説」1977年09月09日号『僕の銃歴』より
---
(1977年現在の愛用銃)
・エアがファインベルクハウ、
・小口径がアンシュッツ、
・大口径はサコーの口径三〇八ウィン の三丁だけである。
海外の多くの猟場では強力なマグナム・ライフルが借りられるとはいえ、客の使い古しで命中精度はお粗末は銃がほとんどだ。非力な三〇八ウィンの二、三倍程度の威力のマグナム・ライフルを日本でもじっくり射撃練習してから海外猟に使いたいものだ。
---
「コンバット・マガジン」連載24回 1984年02月号『銃は我が分身』より
---
僕が山で使う散弾銃はフランキーが多いが、あれなどは銃身後退式だから…
---
この時点で空気銃を所持してたのは意外だ。

サコーの.308ウィンは、
 1980年08月~10月 アフリカ 南ア~ボツアナでのハンティングに、
手詰めの特製実包とともに持って行って使い、多くのアンテローブ類等を狙撃している。
詳細は『灼熱のサファリ』'83年11月30日初版 徳間書店参照。
本ブログ記事だとこの辺に。

晩年には、
・サコー・フォレスター(引金→射撃練習時アンシュッツ,実猟時カンジャー)
・FNブローニング
・フランキー
の3挺。

----つづき----
大藪春彦年表の、銃の規制現行法の抜粋,1960年末頃の猟銃一覧,エピローグ部分--↓-
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その3凶銃のエピローグ
コメント

大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その1/小林信彦の証言の部

2021年03月30日 | 切削工具等大藪関係・大藪春彦GUN研究・倶楽部
『大藪春彦マインド 荒野からの銃火』を読みつつ、
大瀧詠一と小林信彦との対談を聞いたら、
大藪春彦御大のスルドイ話が出て来た。

【ベレッタが三万円】

【ヤクザが売りに来るし、好きな人は買う訳です】
【大藪春彦の家で見た】
【ベレッタをね、枕の下に入れて】
アパート一階の【四畳半一間で撃って】
【出るときに】【ショルダーホルスターへね、背広の下へね、入れてね、こ鏡向かって】
「【これ、わかんないだろう、これだと】」
【夜酔っぱらって帰って撃っちゃって、隣の部屋に突き抜けて、大騒ぎ】
【かっ壁にね穴がいっくらもあるんすよ】
【ピストルですよ、抜き撃ちを】
【抜き撃ちの練習】
【柱もう一杯になちゃったん】
【それに向かって、こう撃っ、撃ってるうちに】
【手元が狂って、隣の部屋に撃ってね、隣のおやじが酒飲んでるとこ、パァーン】

アパート二階が空いて引っ越し、六畳と四畳半
【窓んとこ行って】「【ふろ風呂屋の煙突見ろ】」
【彼が、あのーあれですよ、ええとあのー、撃つ撃つわけですよ】」
【煙突の上の方に黒い煙がパーッと上がる】

【当時割に四国っていうのはピストルが自在だったんですね】
このあたりで「大藪くるゾ」とおもったんだよね。

本項敬称略

大藪春彦年表はこちら↓
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その2大藪春彦年表の部

/年表のおしまい部分とエピローグ↓
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その3凶銃のエピローグ

つべにあるので聞いて。←リンク要部
-------------
以下文字おこし
2002年03月09日
大瀧詠一のスピーチバルーン ゲスト小林信彦 その1日活映画の話

------開始46分~------
大瀧「『南海の狼火』はワクワクしましたよ」
小林「うふふふなんかね」
大瀧「中1ですけどね。うふふ」
小林「あれは、確かあれでしょう。あのーキャバレーの入り口にすーっと旭が入ってきちゃうやつでしょ。やっぱり、いくら四国でもねえ、キャバレーの番人ぐらいいるだろうっての」
大瀧「橋の上で対決するぅ」
小林「そうそう」
大瀧「宍戸錠とあのー、さいこ何か投げて、止まったら撃つとかいうああいう」
小林「これはねー、差し障りがあったら、あれですけど。
【当時割に四国っていうのはピストルが自在だったんですね】」
大瀧「ふふふっ、四国うっふっふ」
小林「いや、ほんとですよ、あのー」
大瀧「宇和島だもんなぁ」
小林「あの60、60年っていうのは、60年安保の時でね」
大瀧「はあー」
小林「(私は拳銃の本出してたから)非常に拳銃にうるさかったんです」
大瀧「はあー、拳銃の本作ってましたよね、小林さんね」
小林「いっ今の。僕は。だから、あの、知ってんですけれどね。あのー四国の人っていうのは割合に」
大瀧「ふうん。ふふふっ」
小林「んんだから【大藪春彦が、捕まった】のはね。
(1965年03月01日拳銃不法所持容疑で、高松署から派遣された係官によって逮捕)
【四国のヤクザが吐いたんですからね】」
大瀧「あ、そうですか。へぇーえ」
小林「ええ。でえー」
大瀧「入手ルートはそこだったんですか」
小林「【入手ルートは、大藪春彦だった】うっふっふ」
大瀧「うっふふふっ」
小林「それで、いやあのねえ、【売りに来たんですよ】」
大瀧「売ってたんだ」
小林「拳銃を」
大瀧「ほぉー」
小林「で、あのー1960年は」
大瀧「ほおー」
小林「なぜかっていうとねえ。60年安保のなんか荒んだ空気っていうのもあるんでしょうけどね」
大瀧「はあい」
小林「で、大藪春彦がまた「中央公論」にあの、警官、の拳銃をですね」
大瀧「なるほど」
小林「いざとなったら警官の拳銃を奪って、撃つ。普通撃てませんからね」
大瀧「うん」
小林「あんなの取ったって」
大瀧「うん」
小林「撃つときの、方法をねっ」
大瀧「ふっふっふっふっ」
小林「そんなもの「中央公論」に書くなっていうんだけど」
(1960年08月号「中央公論」大藪 エッセイ『テロのムード』)
大瀧「うっそーらー」
小林「いやっ割合にねぇ」
大瀧「まあそういう時代でしたーよね」
小林「それでねえ」
大瀧「ああ」
小林「安かったすよね」
大瀧「はあー↓」
小林「だかあのー。例えば給料が、まあ一万五千円、僕の給料が一万五千円ぐらいかな」
大瀧「はぁい」
小林「そうすっと、僕の、僕はその、ぎっ人の家を、の二階借りてたからそこへは来ませんけどね。
【家構えてると、拳銃ブーム、で好きそうな人のところ来たすよ】」
大瀧「売りに来た」
小林「【お金がないから向こうが】」
大瀧「はあああ」
小林「すとねえ。だいたい僕の記憶じゃ、
【ベレッタが三万円】ですよ」

大瀧「おっおー、そんなもんで手に入ったんですか」
小林「僕は、【大藪、春彦の家で見た】から。
大瀧「あっふ」
小林「【ベレッタをね、枕の下に入れて】んですよ」
大瀧「ふっふっふっ」
小林「007じゃないっつんだよ」
大瀧「子供じゃないんでしょ、それ」
小林「007じゃないしねぇ。あのー。えー
【彼が住んでたとこっていうのはー、あのーめ目白の近く】でね。なにもそんなとこで、ピストルをね」
大瀧「持ってなくても」
小林「いや、【彼はだけどこー。ああーなんかこう楽しいんですね】」
大瀧「ああーん」
小林「それであのー、
【出るときに】ねえ。あのー、
【ショルダーホルスターへね、あの背広の下へね、入れてね、こ鏡向かって】」
大瀧「こぉれがねええええ」
小林「「【これ、わかんないだろう、これだと】」ってゆう。わかんないとおもって、捕まったら。
【そのくせねえ結構、拳銃のルールにはうるさいんすよ】」
大瀧「ああんなるほど」
小林「で、無駄話になるけど。彼はねぇあのー、猟銃何、何丁も持ってたんすよ」
大瀧「はあ」
小林「【4丁ぐらい持ってた】んすよね」
大瀧「ええ」
小林「それで、こう、ガンケースってゆうんですかねえ入れてあるんですよ」
大瀧「アパートに立てかけてあるんですか」
小林「ほんアパートに」
大瀧「はえー」
小林「だってあの人はだって、アパートの二階の部屋へ行ってからいい。下の部屋にいたとき、
【夜酔っぱらって帰って撃っちゃって、隣の部屋に突き抜けて、大騒ぎ】になったんすから」
大瀧「うっふっふっふっふっふ」
小林「それで
【かっ壁にね穴がいっくらもあるんすよ】」
大瀧「あっぶねぇー」
小林「これなんだ? って云ったらね、柱に」
大瀧「それで撃ってんの」
小林「したら、いや、
【ピストルですよ、抜き撃ちを】」
大瀧「(大声)部屋の中で!」
小林「【抜き撃ちの練習】してんすよ」
大瀧「えっふっふっふっふっふ」
小林「それでねー。それでーそのーねぇ」
大瀧「早撃ち、何秒、何秒かって(うれしそう)」
小林「そうそうそう。で、
【柱もう一杯になちゃったん】でねー」
大瀧「うん」
小林「そいでこのーねえ。(安土として)みかん箱にね新聞紙を縦に入れんすよ」
大瀧「はい」
小林「であれ、突き抜けないんですよ」
大瀧「ほぉー」
小林「そうすっと、
【それに向かって、こう撃っ、撃ってるうちに】ね。
【まっ手元が狂って、隣の部屋に撃ってね、隣のおやじが酒飲んでるとこ、パァーン】。
物凄いおこっ怒られたという」
大瀧「ギャグじゃないですかそれ」
小林「いや、ほんとに。僕はそこ、あのー」
大瀧「ねぇー」
小林「うう(ヒッチコックマガジンの編集長だった小林は)
【彼の原稿取ってましたからね】」
大瀧「うーん」
小林「そいで。んのうち二階が空いてね、二階が六畳と四畳半かな、そこが空いたんですよ」
大瀧「ううん」
小林「それまで
【四畳半一間で撃ってん】ですからねー」
大瀧「うふふっ」
小林「そいで六畳、と四畳半とこ入って。

で【六畳の方にガンケースがあって】」
大瀧「ほおー」
小林「んでー」
大瀧「本当にー狩り、とかハンティングやったんですか」
小林「いーやります、やります」
大瀧「はあーん」
小林「それで、あのー。すーすーそその前にこうねえ」
大瀧「ううん」
小林「あんのー窓んとこへ、
【やっぱざあ本当に1960年んすよ】。
【窓んとこ行って】ね。「【ふろ風呂屋の煙突見ろ】」っつ云うんですよ」
大瀧「ふふ」
小林「そいで僕に双眼鏡渡してね、見てろって言うんで見てるとねー。
【彼が、あのーあれですよ、ええとあのー、撃つ撃つわけですよ】」
大瀧「はい」
小林「そうするっとねー、
【煙突の上の方に黒い煙がパーッと上がる】んですよ」
大瀧「そい日活映画そのものじゃないすか」
小林「ええ、いやだあ、
【あれはねー、地続きだったんすよ。だら、地続きだからうけたんですよ】」
大瀧「ああいうことはね。ううーん」
小林「そい、今フィクションってこいフィクションだけども。割にそうだったんです」
大瀧「んうですね」
小林「それで、【ヤクザが売りに来るし、で好きな人は買う訳です】よね」
大瀧「うーん」
小林「うで、だからその、その特集(ヒッチコックマガジンで拳銃特集)をやると、(その雑誌が)売れたっていうのは、そういうことなんですよ。なんも単に、割にポピュラーだったんですね。だから僕は、だから新聞で叩かれましたもん」
大瀧「ううーん。でしょうね」
小林「あのーガン、ガンブームって、ガンっていうのが胃ガンとかそういうのならまあ、そういうものをね」
大瀧「そんなそんなつまんないことも云ってたんですか」
小林「いや、そいで新聞で」
大瀧「新聞に」
小林「書かれたんすよ。それでね、そのー聞いてみたらねぇ、ピストルのねえガンていうのはね。あのー僕はその江戸川乱歩っていうのはまあ、推理小説の」
大瀧「はい」
小林「うんとなんていうんですかねえ。産みの親の大御所なん。会社の金主ですからねえ」
大瀧「はい」
小林「江戸川乱歩さんに「きみ、なんかピストあれはなんだね」ってか「いやなんだねってああやるとぉ」おうも僕は好きじゃないんですよね。ああいうものは。ほとんど興味ないんですけどもね」
大瀧「うん」
小林「好きじゃないけれども、まああのーちょっとやると売れるからまあそ売らなきゃなんないから。それないと、宍戸錠特集だって出来ませんよ」
大瀧「うっふっふっふ」
小林「あんなもの売れませんからね」
大瀧「二度もやってましたよね」
小林「全然、宍戸錠なんてだって知らないですからねー、一般は。我々はもう内輪でくーとこれもんでいったけれども、んなのは分かんないから、それやるためにはほら丁度組み合わせて」
大瀧「ああん」
小林「ああんピストルとこう組み合わせて、ちょっとそういう話入れて、もらってとかいうね」
大瀧「う〜ん、詳しい図解が載ってましたよね、拳銃の」
小林「そうなんですよ。そうすっとね、あのーそういうのって売れるんですよ」
大瀧「ううーん」
小林「で、四国は非常に自在自由だったんすよ」
大瀧「ううーん」
小林「だから」
大瀧「んよねえ」
小林「日活があっちに持っていったっての」
大瀧「背景としてはね。完璧に」
小林「ううん、持っていったってのはいいと思うんすよね」
大瀧「なるほど」

--------52分頃まで。以下略---------

続きの大藪春彦年表はこちら↓
大藪春彦 うまい具合に『枕にベレッタ 四畳半に抜き撃ち』 その2大藪春彦年表の部
【趣味で持っていた拳銃】とか【未届けのライフル銃】を中心に、
 高松~上京~逮捕,猟銃所持再許可までの要部
いろいろと持ってて、
四畳半初め、いろいろなとこで撃ってたのよねえ。
コメント

赤いスイー卜ピー 1984年10月16-18日頃収録/11月18日放送/2021.03.30手続補正

2021年03月29日 | 松田聖子ちゃん研究
オープニング→CM→あいさつ等

(葉書読み)
と「ぼくも、楽しみにね」
せ「やーあたしもほんと楽しみだったからぁ」
と「仲良くやろうな」
せ「ほんと。あはは」
(ゲスト曲紹介→レコード→曲明け)

(葉書読み)
と「いちいちおまえ。おれが読んでいるときにさわらないのほんとに」
せ「さわってなーい(マイクから離れる)」
と「んとこいつすぐ甘えるんですよ」
せ「もーそん」
と「テレビだとねー。もーぜったいこんなことしないくせに。ラジオだとねぼくの手にさわったりとか」
せ「うそばっかり、ひぃー」
と「もうすぐ甘えてね」
せ「ほーんとだじょ」
と「困るんですけどね」
せ「(じゅる)ほーんとだとおもうっ。すいませーん」
(葉書読み)
と「ラジオでさあほんとこうして話すのってさあ」
せ「初めてじゃない?」
と「初めてじゃない?」
せ「初めて」
と「いつもさ。コメントは出し合ってるね」
せ「そ、コメントは出し合ってる」
と「そで、遊びに来いよとかねえ。会うたびにさ」
せ「そうそうそう」
と「そう。云ってるんだけどね、なかなか。やったねついに」
せ「ねー。うふっ。やりましたね」
と「CF」
せ「やりましたね」
と「もー今、流れてるみたいだけどね」
せ「流れてるみたいですけど」
と「また4年前のふんいきと違って」
せ「うーん、一番なんかあたし。(声が潤む)一番落ち着くみたい。一緒にいて」
と「落ち着くみたい?」
せ「(声が潤む)うーん。他の人より」
と「ぼくと?」
せ「そう。あっは」
と「それはわかってたんだけどな」
せ「あっはは」
(ヂングル)
と「初めて出合った?」
せ「うふん」
と「いつだっけ?」
せ「うん。えーと、昭和55年のお。たぶん1月くらい?」
と「レ○ツゴーヤソグのオーディションで」
せ「うん」
と「おぼえてるよ、おれ」
せ「あたしももうおぼえてるしっかり」
と「それからどのくらいしてからだっけ?」
せ「それからって。どのくらい? 1ヶ月くらい?」
と「5。6月ぐらいか」
せ「うん。そう6月ぐらい」
(録音寸切れ)
と「もー」
せ「もーね」
と「どこだっけ。清里までさあ」
せ「そう清里高原」
と「毎週毎週かよってさあ」
せ「そう」
と「なつかしいね」
せ「でも、すっごく楽しかった。今ふりかえる」
と「楽しかったね」
せ「あれ一番楽しかっ」
と「朝靄の中で散歩したね」
せ「あれよかったねーーえ。もうわたしほんと一生忘れないわ」
と「自転車にのって」
せ「あれであれが」
と「監督が手えつなぐなってゆーのにつないじゃってさあ」
せ「うそっ(机叩く)そうじゃないのよ。あれはさあ。
 一本道をふたりで並んで自転車で行くってとこだったじゃない?」
と「そうそう」
せ「んでたまたまんどうせふたりで並んで行くんだからあ」
と「うん」
せ「じゃあ手ぇ、手をつないで乗ろうとか云ったらあ」
と「そうなんだよな」
せ「それがすごくいけなかったのね」
と「そう」
せ「(小声で)うーん」
と「それでなにか、ねえいつの間にか…」
せ「(小声で)うーん」
と「ダメんなっちゃったんだよな」
せ「ダメんなっちゃった。だから」
と「盛り上がりすぎちゃってさあ」
せ「あれがいけなかったんね。自転車で手つないだのがあ。(小声で)いけなかったのね」
と「しょうがなかったかな」
せ「(小声で)そうねー」
と「でもなっ。うーんあの時期はな」
せ「(小声で)うーん。そうよ。んとに」
と「でも。(小さな舌打ち)あれから…。4年経っちゃったもんな」
せ「(小声で)うーん。なんかねーー」
と「(小さな舌打ち)丸4年」
せ「(小声で)ねーー。ほんとに。早かったっていうか。すぅー(ためいき)」
た「なんか、昔は毎日会ってたけどさあ」
せ「(小声で)うーん」
と「ねえ」
せ「(小声で)今はあんまり会えなくなっちゃった」
と「なんか会えなくなっちゃったな」
せ「(小声で)そうねー」
と「なんでだろう」
せ「(小声で)ううーん」
と「きらいなのかおまえおれのこと」
せ「すき、好きよー」
と「あはははは」
せ「(ためいき/小声で)好きだけど……」
と「この沈黙がこわい」
せ「あはは」
と「と云うことであのね。今後ふたりでね、なんか」
せ「ううーん」
と「やりたいな」
せ「映画なんか」
と「やりたいな」
せ「いいんじゃないの? どーお」
と「映画でしょ」
せ「うん(息をのむ感じ)」
と「まっコマーシャルは一緒にやったし久しぶりに」
せ「うん、うん」
と「テレビドラマなんかでもねえ」
せ「そうね」
と「一緒にできたらさあ」
せ「うーん」
と「毎週やったらさあ」
せ「でもはずかしいっ」
と「えっ」
せ「(小声で)はずかしい、でも」
と「なんで?(甘い声)」
せ「(小声/声が潤む))なんかしらないけどさっ」
と「何がはずかしいんだい」
せ「(小声で)いやー、あんまりこうはずかしいわ」
と「えー」
せ「あふふ」
せ,と「あふふふふ」
(曲紹介→レコード)

(曲明け/葉書読み)
と「どうして。のりたまって云うね。あのーあだ名をつけたかというとなんでだろうなあ。いつのまにか」
せ「のり、のりって云うのはほらっ本名ののりこでしょ?」
と「そう」
せ「うーん」
と「そうなんだよな。なーんででもたまがついちゃったんだろう。たま付いてんのおまえ」
せ「んもおー。なんでそーゆー。レディに対してそーゆーこと云うのぉ」
と「ごめんごめん」
せ「せゐこちゃんって云われるとなんかほら。なんか、変な感じするのよ」
と「のりはなに、おれのこと。いつもなんて呼ぶっけ。……。あだ名ないもんな」
せ「とし、としちやんっていうのは呼ばないわね」
と「としちやんって呼んだことないね」
せ「(語気強く)ゼッタイ呼ばないわねなんか。
 話してると。あなたがさあなたがさってゆって」
と「なんかどきっとするね。いつもさおれあなたなんて云われるとさ」
せ「(声が潤む)なんでぇ」
と「なあんかさあやっぱりさ夫婦みたいじゃな」
せ「あははは。(手を叩く)でもさあテレビ局とか行くじゃない。みんないるときにっさ。
 (早口)いついついっつもくせっさ。ねえあなたさあっていうとさ。みんながやっぱり、はあっておもうかなあ」
と「そうだよ。みんな白い目で、へえっって」
せ「みちゃう?」
と「みちゃうよおまえ」
せ「あほんとぉ。じゃこれから。ユーってゆったらいいかな。あっはは」
と「ばかっ」
せ「そっか」
と「ばかなこと云うなおまえは」
せ「はいっ」
(コーナ閉め→曲紹介→レコード)

(ゲスト曲かけるコーナ:略)

(葉書読み)
と「おまえ今、お腹鳴った?」
せ「ちょっと苦しいのよ」
と「えへへ↑」
せ「スカートが」
と「ご飯食べたのかちゃんとほんとにもう」
せ「食べました。外します」
と「外しますっておまえ」
せ「いや違うっ。ごめんっ!」
と「見えないからって脱いじゃだめだぞ」
せ「脱い。すいません」
(葉書読み/中略)
せ「口が。口うるさそうなのっ」
(葉書読み/中略)
と「そうかな」
せ「もっゼッタイそうおもうわね」
と「なーにがゼッタイそうおもうだよ、んな」
せ「うるさーいもん」
と「うるさいもんってなんだよぉ」
せ「うるさいわよだってさあ」
と「うるさそう?」
せ「もうほんとうるさそうよ」
と「そーかなあ」
せ「だってさあ。こう食事とかしててもさあ。
 おいしい? って聞くとさあ。んーなものまずくて食べられないよってゆってさあ」
と「うそいえ。このやろー(机たたく)」
せ「ほーんとそうよっ!」
と「いかげんなこと云うな、ほんとに」
せ「いやほんと」
と「よくそーいえば食べたねふたりでね」
せ「でも。ぜったいおいしそうに食べてくれたことはなかったもんね」
と「そうかなぁ」
せ「うん」
と「うーん。そお?」
せ「そう。それで帰。なんていうの。例えばあなたさあ」
と「ああ」
せ「こう仕事から帰ってくるじゃない」
と「あん」
せ「たらいまーって帰って来たらさあ」
と「あん」
せ「もうー風呂だ風呂だみたいな世界でさあ」
と「あふあふあふ」
せ「そいでもういきなりさ洋服とか脱ぎ始めちゃうんだけどさあ。
 みんな一個づつさあ。ぽんぽんぽんぽん投げ捨ててお風呂行ってさあ。
 奥様がさ、まっ大変ってこ(マイクから離れて拾う仕草をしている)」
と「あはあはあは」
せ「拾うようなさあ。そーゆータイプよ」
と「そーれじゃむちゃくちゃな性格してるじゃない」
せ「でもほんとそーゆー。感じよ」
と「そうかなぁ?」
せ「うん」
と「まあ」
せ「その前にほら、あなた」
と「ちょっと神経質なところはあるかもしれないけどさあ」
せ「うん」
と「うん」
せ「だけど。
 すーでもっ、根本的に云うとねっ」
と「うん」
せ「あのーあなたはすごく…。(声が潤む)やっぱ男性の中ではねぇ」
と「うん」
せ「(声が潤む)やさしーい人だとおもいますよ」
と「なに急に改まっちゃって」
せ「いやいやいやいや」
引用註:ここで録音ぶちっと切れている。

-----↓追記ここから-----
2021_03_30 全部聞けたのでようやく追記/名前は「の」と「と」にする

の「あのほら」
註:「あのほら」とか「なんかほら」「こう」などのノリのくちぐせが出たときは、台本,セリフ等でない
と「ホントに」
の「そういうところが、いいのよ。いいのよって」
と「ナニがいいのよだホントに」
の「男性っていうのはこう。あたしやっぱりうるさくていいとおもうのね。新聞とってとかさ、お茶って女性はそれがあたりまえなんだから」
と「そうだなっ」
の「でも根本的にやっぱりやさしいってのは。うん」
と「うん」
の「あなたはそういうところがいいのよね、やっぱり(小声)」
と「そうかなー」
の「うーん」
と「そんなつもりないんだけどね別に」
の「でもうるさいわよ」と「でもまちょっと神経質かもしれないな」輻輳
と「うーん」
の「女性のしあわせって、やっぱり愛する人と一緒に居てぇ」
と「うーん」
の「こ結婚して子供産んでぇ」
と「うん」
の「それがやっぱり女性の、しあわせだとおもうのよ」
と「うーん」
の「あたしはねっ。だからっ、やっぱりいずれはあたしも結婚するでしょうけれどもぉ」
と「うーん」
の「やっぱり
【旦那様が安心して働けるようなねっ】」
と「うーん」
の「【そういう家庭をつくっていたい】しぃ」
と「うーん」
の「相手の人には
【あなたみたいにこういばっててほしいし】」

と「うーん」
の「そういう気はするな」
と「いばっていてほしい」
の「うん」
と「亭主関白が好きなの」
の「そう。そのがいいとおもう」
と「…今んとこ考えてないの?」
の「結婚ですか!」
と「うん」
の「いやっ、そらやっぱりもう年頃ですから考えますけどねぇ」
と「うんだって」
ティーカップとスプーンの「かちゃ」音
と「やっぱりぃもう。世間一般二十二なったらなもうな」
の「女性の場合はねっ。二十二,三つったら。まだけど、まだいま仕事してるから」
と「うん」
の「あんまり具体的にはね」
と「ん」
の「考えないけど。【あなたは?】」
と「おれっ?」
の「【まだ考えないの全然】」
と「やっぱりぼくはね」
の「うーん」
と「まだあやっぱり変ってないね。三十歳位で結婚したいってのは。おれはーまだまだぁ」
の「でもほら理想の女性っているじゃないよ」
と「ええっ?」
の「じょ理想の女性っているじゃない。例えば、(強く)これだけは最低条件さ。あのぼくの、相手の人には(強く)これだけはやっぱり、あってほしいとかさ。そういう(強く)最低条件みたいなものってなに?」
ティーカップとスプーンの「かちゃ」音
と「…それはねえーー」
の「うーん」
と「なにかなあーー」
の「こう、【素直でいて欲しいとか】さあ」
と「うーんそりゃもう当然だね」
の「あーん」
と「ぼくがだまっててもさあ、こう、【なに考えてるか】」
の「【わかっちゃうような】」
と「【わかるような】」
の「そういう関係って」
と「ううん」
の「いいよねん。
【あたしもそういう人がいいな】」(吐息のごとく)
ここで「の」が大きく息を吸うが「と」がそこにかぶせて
と「(はっきりと)っぱり男っていうのはね」
の「ううーん」
と「仕事だよこれは」
の「……そうぉ」
と「おまえにもよく云うけどさ」
の「うん(小声)」
と「男は仕事。一に仕事二に貯金」
の「(大声)いやだそういうやめてお願いだからそういう考え方って」と「三四が無くてあっあっあっあっ」輻輳
の「でもやっぱり女性って」
と「ぐふっ」
の「【あのあれよ】」
と「ええっ」
の「【かまっ、かまってもらいたいもんなのよん】。だから」
と「【かまってるじゃないかだからいつも】」
の「【うそっ。いいあんまりほったらかしにされちゃうとさぁ】」
と「ええっ!」
の「【さびしくなっちゃうのよ】」(小声)
と「【そんなほったらかしてないだろ、おれ】」
の「【いやっほったらかしてんじゃない】」(ピロトークの声)
と「しよーがないだろそんな」
の「すぅーーー」
と「【会う機会ないんだから】」
の「ごめん」
と「でもー。っぱりたった一度の人生」
の「ううーん」
と「ねっ」
の「でも出会えてよかったとおもうよ(小声)」
と「そうだよなっ」
の「うん(消え入りそうな小声)」
CM
-----追記ここまで-----

以下名前は「せ」と「と」に戻る
(互いの新曲紹介→レコード)
せ「すごくすてきな曲ですね」
と「ありがとう。きみのもすてきだったよ」
せ「あだん。ありがとう……」
CM

エンディング
て「ほんとすっかり最後まで付き合ってね。もらっちゃったけど」
せ「いいえ」
と「ありがとう」
せ「あたしのほうこそ、ほっんとうに(声が潤む)どうもありがとう。(小声で)楽しかった…」
と「楽しかったね」
せ「はい」
と「久しぶりにばっちり。なんかおもう存分話せたしね」
せ「そうねぇ」
と「これからもやっぱりー何かあったらね」
せ「(声が潤む)うん」
と「えーラジオ。ぜひ。ぼくずーっとやってるからこれからあはっ」
せ「あははん」
と「遊びに来てね」
せ「(声が潤む)ありがとう。うん。どうもありがとう。(小声で)ほんとに」

と「ではまた来週」
せ「(小声で)はい」
コメント (2)

『聖子ちゃんは妹ちゃん1980年ほか』の件

2021年02月08日 | 松田聖子ちゃん研究
3年半かかってやっとわかった、わかった!!

世の中には
『おねえちゃん』と
『妹ちゃん』と
『一人っ子ちゃん』がゐるのよね、あたりまえだけど。
『おねえちゃん』且つ『妹ちゃん』もゐるけど、
キャラクターとしてははっきりしてないかな。

んで、
松田聖子ちゃんは、
『妹ちゃん』なのよ。
あれは『妹ちゃん』の魅力だったのよ。

加えて、
蒲池法子さんは『妹ちゃん』。

更に、
まんが『みゆき』で理想の妹ちゃんとして描かれた、
若松みゆきちゃん(妹ちゃん)と、

松田聖子ちゃん

は、よく似ているわ。
(昨日気づいたのよ)

その上、
『蒲池法子さん』演じるところの、
『松田聖子ちゃん的なるもの』は、
『妹ちゃん』を目標につくられているのよね。

例:
1980年07月03日
「福岡県久留米市の出身で、
あのー、【ふたりきょうだい】です。
とってもあのー、【あまえんぼう】です。

よろしくお願いします」
解説:
【ふたりきょうだい】で且つ【あまえんぼう】であるから、
つまり「わたしは【妹ちゃん】です」って云ってる。

だから往時、
そり込み入れたヤツ、
つまり実年齢より老けてみられたいという系統に、
松田聖子ちゃんがうけてたんだわ。
すぐそばに妹がゐれば、自分はその妹よりも老けているわけだから。

なお、
いかにもお姉ちゃんの河合奈保子ちゃんは『おねえちゃん』だわね。
(西城秀樹さんの妹つーオーディションだったのに)


まっ。
だからどうしたと云われても、つー記事よね。
コメント (4)

酸素飽和度計/パルスオキシメータ

2021年01月28日 | こべっと19関係倶楽部
キタきた。



放射線のときは、測定器を非常に素早く入手した。
こっちはビールスなので、
それは測れないなとおもいそのままになっていたのよ。

したら、自宅で放置されたヒトが、
「息が苦しいです」
「気のせいです」
であやうくだった例をみたの。

おもへば
医師の測定器はどんどん自宅に入ってるのよね。
・体温計(水銀柱を振り下ろす仕草が、専門家ならではとおもわれていた由)
 水銀→電子式でより手軽に
・血圧計(聴診器と水銀柱方式は高かったし)
 水銀→電子式で価格も安価で扱いやすく
今般
・酸素飽和度計
 初めから電子式→安くなって→必要になった
のよね。

おおむね平面図

ストらっプは自分でつけた

側面図(指のかわりにドライバーの柄を刺してみる)


背面図


測定風景(例)


こやつ。
PI値が出るのよね。
後に脈拍数になる。

樂天で、
「パルスオキシメーター PI値」で検索。
出て来た店の中から、
4000円位のと、5000円位のと、6000円位のがあるウチにした。
んで、なかとって5000円位のにした。
ら、
「注文が集中して5000円位のが無くなった。
青い6000円位のに交換してもよい。
価格はそのままにする」
旨の連絡きた。
「交換してください」
したらこれ来た。

測定すしてみるわよ。
・指入れると電源オン。
・初めは「SpO2」と「PI値」がでる。
(設定による/PI値は1.0%以上であれば望ましい)
他に、グラフとかも出る。
表示の向きも黒ぽちのSWで変更可能。
・後「PI値」は「脈拍数」に変る。
・指抜くと数秒後に電源オフ

数値も安定してる上、
例えば96%のときに深呼吸すると98%とかに上がる。
ちゃんと測れているようだわ。

んで、いまさら型式で検索すんわよ。
PC-60B1
あらら。
内蔵機能検査器具
管理医療器機
特定保守管理医療器機
だったのね。
(本機そのものは認定されていないわよ)
チラシとか添付文章も出て来たわ。

うまくやったわねえ。
この機械おすすめよね。

-------
今後の買い方

たぶん
「PC-60B1」
で検索すると売っているわね。
樂天とか尼とかヨドとかでなく。

ただし10000円位するわ。
つか、
国内の定価が9850円税別なの。

ここ(リンク腰部)→「ナースステージ」のも、たぶん同じかしら。
5,990 円 (税別)

在庫変動が激しく、すぐに欠品してしまうから、
全体を検索してみてね。

-------
いざとなったら、
Ali express つー手もあるわ。
Ali express→PC-60B1リンク要部
---以下Ali express当該サイトから---
Fingertip Pulse Oximeter Home oximetry Blood Oxygen Monitor CE SPO2 OLED saturation meter medical digital de dedo oximetro
5.0
5 Reviews11 orders
US $25.00
Instant discount: US $2.00 off per US $25.00
--------
来るのに時間掛かりそうだけど。
コメント

この冬乗り切る具体的手段(案)一式

2021年01月19日 | こべっと19関係倶楽部
100年に一度の、感染症の世界的流行で、
この冬が一番キツイのよ。
ここ生き抜いて、みんなで春を迎えましょう!

春になって気温と湿度が上昇すると、
ビールスがとっとと不活性になるから、
(こーゆーのは、気温10℃上がると半分の時間で反応する)
感染力が減るの。
あと、窓も開けるし。

んで、
公的なナニにはほとんど期待できないから、
・自分がかからナイ
・家族にかからせナイ
・自宅にビールス入れナイ
の3ナイ活動をしましょう!

この場合、
 まずやりたいこと→課題「3ナイ活動」があり
 その具体的な手段
 その手段に必要な物
を明らかにしないと。
やみくもに「がんばる」とか「気を付ける」は手段でないから、課題が解決できないわよ。

今のところまだ発生率が西欧に比べて小さいこの國が、
どーして「いりよーほーかい」なのかつーと、
「ベッドあたりの医師看護師の数が少ない」から
つーとてつもない理由なのよね。
だから、
ベッド増やそうが、民間にネジ込もうが、
人の問題だからニワカにはどーにもならないの。
(ここまで一年間有ったんだけどね/発生率を下げて、ママ維持していればよかった/島国台湾を見よ)

コドモも発症し、感染力つおい英国株だけども。
個人の対策は以下で同じ。
さらにえぐい南ア株つーのもあるわね。
個人の対策は以下で同じ。
つか、
屋内待避(いわゆるロックダウソ)しかないんじゃないかな。
放射能と同じよねえ、
その辺に漂うわけだから。
しかもビールスは「うつる」し。

-------------
以下手段と必要な物など(順不同)

マスク
・不織布のを使うこと
メリヤスとか、スポンジのはダメなのよねえ。
見た目をよくするための飾りマスクするなら、
その下に不織布マスクして二重マスクにする。

※不織布マスクは微粒子を、
「ふるい」式に漉し取っているのでなしに、
静電気で吸い付けてるのよね。
過去記事(こべっと19関係倶楽部カテゴリ)参照のこと。

・平らな形状の不織布マスクは、おおむね薄いから、
せいぜい3~4時間位で、補足能力がおしまいになる。
だから午前,午後,夜くらいには交換すること。
混んでる電車乗る前とかに、新品マスクにしてね。
【マスクは新しいときが最も効果有る】わ。
使っているとダンダン効果落ちてくるの。

つーことは
・マスク日内用に3枚+予備1枚は持って出かけよう。
5~15円/枚なので、
15~45円/日 →450~1500円/月/人
なかとって1000円/月/人として 
四人家族で
4000円/月/家族
冬があと3ヶ月として
12000円/家族 でこの冬が安全に越せるわ。 

・平らな形状の不織布マスクはクフウで補足能力つか、
隙間を減らすことができるわ。
例えばここ←ツイートが出る。
不織布からゴム紐生えてるところをしばるのがカンタンかな。
但し
顔面の骨格構造がそれで合うのならばつー限定がある。
鏡みて/息吸ってみて、一番良いの(そのまま使用を含む)を決めよう。
これ、個々人で異なるとおもふわ。
(N95とかのカップ形は概ね万人向けの形状してるの)
息吸ってみて、不織布が口の方に吸い付けられないとダメよ。
業務用マスクはしたときに↑これすることになっているわね。

推測なんだけど、
東洋の感染者発生率の小ささは
 各自がナゼかマスクすること
に加えて
 一般には平らな形状の不織布マスクを使うわよね
 西欧人の顔面形状は半球状だけども
 東洋人は平面により近いわよね
すんと、
 東洋人は平らな形状の不織布マスクのフィット性が高い
 ゆえ
 看者発生率が低いんじゃないかしら?
あんがいこーゆーくだらない理由だったりするのよね。
なお、
この効果がこの國では薄れつつあり。
感染者の発生率が低かっただけで、救命率は同じなので、
発生率が西欧並になると、自動的にあーゆー風になる、
上、医師看護師が少ない(1/3~1/5)からなあ。

・不織布マスクは洗ったらダメ
微細構造が壊れる由+静電気を起こすクスリが流れ出るらしい

・N95は、
確か6時間とか8時間は有効。
もう売っているとこには、あるわね。

DS1,DS2(防塵マスク)は、
マスクに9時間とか11時間って書いてある。
(微粒子の量によって異なる/取説に式が書いてある)

・マスク表面に触らないこと。
捨てるときは、ゴム紐のみさわって捨てる。
念のために、吊して5日間くらい晒し、取っておいてもよい。

・マサカとおもふけど、
アクリル板とかの【なんちゃらシールド】は、
まったく効果無いわよ。
これはさながらタバコの煙のように拡散するの。
こんなの1秒考えたら判りそうなもんだけど。

--------
消毒

・消毒液エチルアルコール(エタノール)65%以上のものを使う。
なるべく大容量のものを買おう。
なぜかつーと、ケチらないで消毒できるからね。
じゃぶじゃぶと使うのがコツ。
火気注意つか厳禁なので、
消毒する場所は、火の気が無い玄関先がいいのよね。

・手洗いだけならば、フツウの安いせっけんを使う。
じゃばじゃばと泡立てて洗おう。

・自宅用消毒容器
スプレー式の容器の空いたヤツを使う。
洗剤系の容器が、一回のトリガーでいっぱい出るから便利。
(マヂックリンとかの容器)
元のラベルは剥がす。
代りに、どでかく「アルコール●●%」とか「アルコなんとか(商品名)」を書くこと。
【まぜるなキケン/飲むなキケン】だから。

・携帯用の容器
小瓶に入れて携帯すし、おりおりに消毒する。
みんなが触ったとこ自分がさわるとかのとき消毒よね。
小型スプレー瓶がまあ便利だけど。
あたしは
 ポリエチレン(リサイクルマーク4)製の
 スプレーでない
 フタがネジ式のもの
を使っている。
フタは差し込み式でないほうが無くしにくいし、
漏れの抑制もカンタンだわね。

・消毒方法
1)左手のひらのタナゴコロに滴下して、右手の指先をごちょごちょ
2)右手のひらのタナゴコロにうつし、左手の指先をごちょごちょ
3)手のひら全体に塗布
 指の一本一本丁寧に。根本もぐにぐにして塗る
4)手首もぐにぐに

・手袋(売っていないかも)
売っていたら、ニトリル合成ゴム手袋がよい。
(機械的に丈夫なのと耐油性も良好なので平素より使用中だった)
粉付いてたほうがはめるときにやりやすい。
できれば少し厚手のほうが、破れにくくてよい。
(t0.08~t0.10)
これで字も書けるわよ。

これのいいのは、
この手で顔とかひっかく気になれないところなの。

まあ天然ゴムでもいいや。

塩化ビニール手袋はしたことがないのでよくわからない。

サイズは
作業用途なら少し小さめぴったりフィットって感じがいいんだけど、
小さいと手が圧縮されて疲れるのよね。
お使いとか通院とかには、ほどほどフィットがよい。

ポリエチレンの手袋はフィット感がよくないし、
手が滑るし、すぐに破れるし。

外出時にして、
 帰るまで外さないこと。
 途中の消毒は手袋したままで行う。
皮膚と違って深いシワ等が無いから、
消毒液も少量で済む上、消毒し損ないが少ない。

・帰ったら
 手袋のまま手の消毒
 手回り品の消毒(ここからは自宅用スプレー容器使用)
 おりおりに手も消毒
 着ている物を脱ぐ→そのまま洗濯機へ(せっけん使えば消毒できる)
 ここでマスク外す
 手袋を消毒してから脱ぐ→裏も消毒して吊しておく
 手袋は使い回し可能
(破れないように注意/特に薄手t0.06mm以下のやつはすぐに破れる)

・空間除菌
【できません】。
そんなのできる程度に空気中の消毒液濃度を上げたら、
とてもじゃないけど息ができません、わよ。

・オゾン
【猛毒】です。
使わないこと。

・紫外線
直視しなければまあなんとか。
でも陰部分がダメだからなあ。

まあ
 アルコール(65%以上)
 ふつうのせっけん
がいいんじゃないかしら。
あとは、場所限られるけど
 次亜塩素酸ナトリウム0.05%溶液(いわゆるハイ夕ー)
 (水1リッター+ピンク色のキャップ25ml一杯/3年保存のハイ夕ーの場合)
かな。
台所回りはこれかな。
作り方詳細←花王サイト要部

・熱湯消毒
忘れてた。
【ヤケドに注意】つーのを守れば、
 わざわざ買わなく/買いに行かなくてよい
 液体が水なので安全性はダントツ
つー利点を有するわ。 
台所や洗面台まわりに好適よね。 
やかんから、どばーっとかける。
温度に依存してるから、ぐらぐらのお湯がいいわよね。
【ヤケドに注意】
他の消毒液は
例えば、水回りにアルコール使うと、そこにある水で濃度が薄まるから。
ジアソ(いわゆるハイ夕ー)も同じ。

----------
買いものとか

・基本ぽち/生協とか←生鮮野菜が玄関に来るのでよい

・スーパーとかは買う物メモしておいて、
 空いている時間に行く
 滞在は最短時間で

・買ってきたら/ぽち物が来たら
玄関先で自宅用消毒スプレー容器で、
キッチンペーパーにアルコール染まして、せっせと消毒

消毒に向かない/でかいものは
密閉しない入れ物に入れて3日間は空気にさらす
スーパー袋は、一週間さらしてからゴミ袋にするの。

--------
コドモ/オトナのおつとめ

・マスク毎日交換はモチロン
呼吸量に応じて適宜マスク交換する
オトナで3時間なので、コドモ(体重30Kgとして)6時間は使えるか?

・学用品/おつとめ用品は毎日消毒
なので、
玄関にカバンランドセルのたぐいを置いておくとよいかな

・塾かあ
どーなんだろね。

・飲み会かあ
なんだかなあ。
ファウチ先生によると、バアは最悪だそうな。
口角泡飛ばしてしゃべるから。

一番ダメなのが
 バア(酒)
以下順に
 カラオケ(歌)
 屋内飲食を複数人で
 パーテイとかね
 学校帰りのピザマクド屋とか(おしゃべりするから)
比較的おkそうなのは
 おひとりさまの外食(よし牛とかの) だそうな。

ヒトのツバキ(の小さな飛沫)を吸い込まない、
手に触らない
触ったら消毒
よね。

--------
今回ここまで

また気がついたら書くわね。

あなた、がんばるのよ。
コメント