ラフトブログ

NPO法人ラフト
http://www.nporaft.com

平成29年度、おしまい〜

2018-03-31 00:52:08 | 日記
あっという間に、今年度最後の日になってしまいました。

暖かくなって、桜も満開で、毎朝スッキリ起きられるようになるこの季節は、大好きです。



それにしても、今月は、ブログも一回しか書けず…

やはり、3月はそれなりにややバタバタですね。

来年度の事業計画の詰めとか、色んなところに色んな書類の提出とか、相談支援モニタリングの繁忙期とか、ふつうにヘルパーとしての直接支援の多さとか^^;

それでも数年前までは、3〜5月はほとんど休みも取れないような日々で。

その頃に比べれば、だいぶ、色々と余裕が持てるようになってきました。

ラフト開設から5年くらいは、がむしゃら過ぎて、ほとんど記憶が無いんですよね(ノД`)



ということで。

サポート&サービスラフトは、3月に待望の常勤職員が増えて(ラフトのヘルパー暦3年近くの方)、4月からはサービス提供責任者もお任せ予定。

アイルも職員がこの一年でだいぶ増えてくれ。

ポートも体制が整ってきました。

事務職員も増えました。

まだまだ地域課題は色々あって、やるべき事がたくさんあるみたいだから、まだまだ職員は絶賛募集中ですが^ ^

ひとまず今年度は明日からの来年度に無事バトンが繋げそうです!


…なんて書いてると。

今年度、そんなにいいことばかりだったかな?

ピンチもたくさんあったな!?

…なんて思いと記憶が頭を過ぎりますが。


それでも、結果的にはたくさんの方々に支えてもらい、乗り越えることができました。

ピンチはやっぱりチャンスなんだろうな〜

支えられた分、支えられるように、これからも。



そんなこんなな11年目のラフトです。

来年度も引き続き皆様よろしくお願いします!










コメント

支援手順書と余暇支援

2018-03-15 23:30:03 | 日記
「行動援護」のお話ふたたび。

行動援護事業を実際にしている友人は少なくて、この悩み?を共有できないのですが…



来月から、支援計画シートとか支援手順書兼記録用紙とか書かないと5パーセント減算になるわけですが。

まぁ…、ずっと考えていたわけですが。

職員とも話して、ここは、やっぱり、5パーセント減算を選ぼう。と。


ちなみに、支援手順書兼記録用紙の例。




余暇支援や外出支援が主な行動援護。

こんな支援手順書があれば、本当に本当に皆さん、幸せな外出ができるのかー???

ヘルパーもこの手順書があれば、ステキな素晴らしい支援ができるのかー???


ある程度幅の決まった外出ならできると思うけど…

ある程度余幅を持った流れが基本な外出支援がしたいし、多いのも実際で…

「計画性」を大切にしながらも、時にハプニングや想定外が外出の意義や人生の彩りを教えてくれたりもするわけです…


外出支援と支援手順書の関係性とか…まだ腑に落ちないため、ここはやっぱり減算を選ぼう!!

と言いながらも。

何かこういう様式ややり方なら意味ある支援手順書になるよー、なんていうアイディア?があったら、知りたかったりもする今日この頃です。


いや、ないかな…(◞‸◟)
コメント (2)