ラフトブログ

NPO法人ラフト
http://www.nporaft.com

お別れ

2012-01-27 23:56:06 | 日記
ひさびさ新規事業のおはなしです。

こちらの記事↓
http://blog.goo.ne.jp/raftnpo/e/dbefb4f963b34db57dad4f3c33e2d76e

これはですね。
ある日の夕方、ぱっと浮かびました。
理由はちゃんとありますが、でも・・・ひらめき?思いつき?とも言えます。

そして、想像は膨らむ(突き進む)一方で、
“○○にチョコ”とか、“英字新聞”とか、
オリジナリティあふれるアイディアがどんどん浮かんできて。

ヽ(´▽`)ヽ(*^▽^*)ヽ(*´∀`)c

楽しい限りでした♪♪♪



が。

先日、この話、急展開というか、ありがたい話を提案してもらうに至り☆
ベースの内容に変更はありませんが、その“方向性”は変更することにしました。


この流れ。

周囲も驚くほどのポジティブシンキングな私は☆(n‘∀‘)η

今回の提案に巡り会えたこと。
私のある意味“成功しなそうなアイディア”を、うまく止めてくれたように思えてなりません(^^ゞ

「出会いも別れも必然」みたいな。
この場合、別れたのは、「私のたくさんのたのしいアイディア」(笑)


でも、「ひらめき」はこれからももちろん大切にしていきます♡
想像力と創造力は何よりも大事だと思っているので。


ごめんなさい、わかりにくい書き方ですね。
でもまだ詳細は書けなくて・・・・・
3ヵ月後、このブログを読み返してもらたらと思います_(_^_)_


どちらにしても、来月からは、新規事業の準備もそうですが、その他の新たな計画・試みなどもいろいろあったりで、大忙しそうです。

でも、どれも楽しみ~(o^^o)♪


コメント

父祝う

2012-01-22 00:26:00 | 日記
昨日は、父の誕生日でした。
70歳。古希のお祝い。
母が亡くなった次の年(7年前)から、誕生日当日は、娘たち主催で、親戚や父の友人、後輩たちとみんなで、
にぎやかなパーティを開いています。
父は、本当に多くの人に囲まれて生きている人で、声をかけるとたくさんの人が集まってくれて、
もう毎年の恒例行事になっていて、毎回、数十人が大集合です。

ただのパーティではつまらないので、毎回いろいろ企画を練るのですが、
今年は、姉の発案で、昔の思い出エピソード集(貧しかった時代)と、70年の人生を音楽にのせたスライドショーを作成。
編集は私担当でしたが、「Windows Live ムービーメーカー」を使ったら、意外と簡単にいい感じにできました♪



パーティも、相変わらずのメンバーで、アットホームな雰囲気で、楽しく終了ー。

我が家は小さい頃から、父の友人がよく家に来ていて。
思春期の頃は、誰にも会いたくない日もあって、それが「やだなー」と思ったこともありましたが、
年を重ねて大人になってからは、リビングで一緒にお酒を飲んだり、旅行に連れて行ってもらったり。
父の友人は、みなさん、仕事も遊びも120%な方たちで、個性的で、エネルギッシュで、魅力的な方たちが多くて。
お話をしたり、いろんな人間模様を見せてもらう中で、
私はきっと、知らず知らずのうちに多くのことを学ばせてもらったんだろうな~・・・と最近よく思います。
そして、その「学び」は、父の存在も含めてですが、私の世界観を広げてくれて、
それは今、私が仕事をする上でも、とてもいきているように思っています。
(会の挨拶では、もう少し長め、詳しめに話しました☆)




そう、この日の日中は。
市の福祉有償運送運営協議会に、更新申請のため、出席。
いくつか質疑をいただきましたが、審査は、無事終了。


↓こちら新規申請、“無事”通過した方々。


掲載許可は得ています(・・・よね??★加工してかっこよく(*^▽^*))


かなりの安堵感で、しあわせそう♪


ラフトの番が終わっても、いつでも助けられるようにまるで同じ事業所のように退出せずスタンバイしていましたが・・・


想定外な流れ。


もぉーーーーー(笑)



コメント

感覚

2012-01-17 01:14:40 | 日記
少し前の記事に。
「利用者さんの呼び方について」
という記事を書いたのですが。

この記事の内容について
ラフトのスタッフ・ヘルパーや、
他事業所の支援者の方たちと話す中で、
直接触れてもらうこと何度か。


こういうことについて、
同じ“感覚”を共有できる人たちと、
同じ目標を持って仕事ができるって、
貴重なことなんだよなー・・・と、
改めて思うこの頃。



これからも大切にしていきたい。

大切にしなくては。

コメント

賀状

2012-01-07 22:24:29 | 日記
今年もたくさんの年賀状がラフトにも届きました。
微笑ましく読ませて(見させて)いただいたものも多かったです。
ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。



その中でも、ある利用者さんのお母さま(70代)から届いた直筆の年賀状。

昨年の秋、これまで精一杯お子さんと共に生きて来られた中で、新たな「決意」をされました。

その賀状には、とても丁寧なお礼の言葉が書かれていましたが、
私こそ、そのお母さまのその決断に、新たな「希望」を抱かれるに至ったことに、
「敬意」の言葉以外見つかりません。
信じてくださり、耳を傾けてくださったことにも感謝です。

今、ご本人も生き生きと生活を送られているとのこと。
それは、本当にうれしいです。

そして、新たな道は決して一歩で終わるものではなく、
その一歩の先にあるまた長い道のり。

これからも共に・・・。



一枚の年賀状を手にし、利用者さんのご家族の思いを改めて受け止め。

ただただ身の引き締まる思いです。









「大吉」に浮かれ過ぎは禁物。

コメント

初詣

2012-01-03 22:14:00 | 日記


年始めということもあってか、まわりにたくさんたくさん「大吉」がいらっしゃったようだけど(笑)

それでもうれしい

やる気いっそう出ました






最後の一行に「ぷぷっ」って笑えた私の身近な方々。

今年も、こんな私と仲よくしてくださいね

もちろん「凶」は避けま~す


コメント