ネイビーブルーに恋をして

バーキン片手に靖國神社

F-35戦闘機登場〜平成30年 自衛隊記念日 陸自観閲式

2018-10-17 | 自衛隊

芦屋基地の航空祭ダイジェストを挟みましたが、陸自観閲式予行の様子を
行きがかり上?最後までお話ししていきたいと思います。 

セーラー服に白いチャップスの一団が旭日旗を立てて行進する様子。
おそらく三自衛隊の中で、戦前の海軍のスタイルを最も残すのが、
海上自衛隊です。

この写真の、海曹の胸元と足元の白をゲートルに変えれば、
そのまま旧海軍の行進となんら変わることはありません。

神宮で行われた陸海軍の行進(おそらく閲兵式だと思われる)では
観覧席の女学生たちが海軍行進部隊に黄色い声援をあげ、
無視されていた陸軍が気の毒だった、という目撃証言がありますが、
この写真などゲートルと銃以外は全く同じ光景だったはず。

ゲートルがなくなっても行進と儀仗の時にこのテイストを残す
白いチャップスを着用するということを決めた
海上自衛隊の当時の人、ありがとうございます。(個人の意見です)

続いて航空自衛隊
旗の色はスカイブルー、音楽は「軍艦」から「空の精鋭」に変わりました。

この「空の精鋭」には毎度冷淡なわたし、創設60周年に作曲された
行進曲「蒼空」を聴いて、どうせなら(何がどうせかわかりませんが)
行進はこちらに変えてみたら、と思ったことを告白します。

観閲式のために結成され、観閲式が終了すると解散する女性部隊
今年の女性部隊指揮官は、思わず、何か命を下されたら、

「イエス、マム!」

と返事をしてしまいそうな凛とした雰囲気の女性自衛官でした。
後ろの車に乗っているのも一佐です。

後続の車両にはとてもお綺麗な尉官たちが。

新制服で初めての観閲行進を行う陸上自衛隊女性部隊
帽子の形は陸海と違い、全体的に丸みを帯びたデザインとなっています。

なおネクタイは廃止し、空自と同じリボン型になりました。

三自衛隊の中で唯一ダブルテーラードを採用しているのが海自。
この写真で初めて、曹士の袖にボタンがあることを知りました。

士官は階級章があるのでボタンはもちろんありません。

空自は元からネクタイではなくリボン採用です。
士官のみ階級章は陸自と同じく肩に付いています。

この観閲式では説明でも自衛隊の女性活用が大いに強調されていました。
ついに最後の砦?だった戦闘機と潜水艦にも女性が乗れるようになり、
女性に選択できない職種が絶滅しつつあります。

それを強調するかのように、車両部隊の運転手や、あるいは航空観閲の
パイロットに女性自衛官が採用されているのが目立ちました。

 

ここからは航空観閲となります。
雨の降りそうな分厚い雲の曇天で、まるでシルエットクイズみたいですが、
一応記録としてあげておきます。

AH-1 対戦車ヘリコプター、コブラは5機編隊で。

UH-60Jの救難ヘリ訓練を芦屋基地で見た話をしましたが、
陸自のはUH-60JAでこちらは多用途ヘリコプターとして使われています。

近くで見れば大きいけど、編隊飛行しているとなんだか可愛らしい、
輸送機、チヌークCH-47

先ほど姿を見せた海上自衛隊の救難ヘリUS-2が堂々の飛行です。
着水する胴体の下部分が飛んでいるとよく見えます。

海自の対戦哨戒ヘリ、P3-Cオライオンは第二航空隊、八戸からやって来ました。

海自の新型対潜哨戒機P-1は厚木所属です。

安定の空自輸送機、C-2はC-1と置き換えられていく予定。
来年の降下初めにはそろそろC-2で空挺降下をしてくれないかなあ。

戦闘機などは全部が完璧にシルエットクイズになってしまいました。
F-2は3機による編隊飛行。

灰色の機体(かどうか見えませんが)F-15も3機。

次の飛行で会場がどよめきました。
昨年の航空観閲式でお披露目をするはずだったF-35ですが、
悪天候が重なってついに予行本番共に行われず、
デビューからだいぶ間が立って観閲式での飛行です。

一旦フライバイしていったF-35ですが、もう一度会場に戻って来ました。
そして並んで飛んでいたかと思ったら、いきなり一機が機体を翻し、
さらに会場は大きくどよめきました。

戦車もですが、戦闘機というのも無条件で人の心を掴む強い魅力があります。

この日F-35が観閲飛行を行うことはプログラムにも書かれていて、
おそらく楽しみにしていた人も多かったのではないでしょうか。

翼端からヴェイパーを引きながら急降下していく1番機。
そこに・・・3番機が・・・・・!(笑)

芦屋航空基地にも鳶などの鳥が結構たくさん飛来していましたが、
今回F-35と共演したのはカラスでした。

せっかくかっこいいシーンがたちまち面白くなってしまった(笑)

一機で旋回していく中、唯一真っ黒にならず写せたのがこれだけ。
本番も曇天だったということで、F-35をお目当てに来ていた人は
残念だったことと思います。

さて、その頃スタンド外では第302保安警務中隊・儀仗隊がリラックスしていました。
彼らの任務はここから先ほぼ最後までありません。

ところで彼らの制服ですが、観閲式本番当日は、
ブルーの上着に白いパンツという組み合わせだったそうです。

そして始まったのが車両行進です。
まず最初に来たのが国際任務部隊

南スーダンの派遣は部隊としては終了しましたが、その他にも

災害派遣 難民救援 在外邦人輸送 海賊対処 遺棄化学兵器処理

そして能力構築支援などをおこなう部隊の総称です。
音楽隊が現地の人々に楽器の演奏を教えているビデオが、
音楽まつり会場で流れたことがありましたが、あれもまた一種の
能力構築支援になるかもしれません。

本日行進を行うのは国際活動で先遣隊となる部隊です。

 

指揮官は中央即応連隊長。
89式装輪装甲車に乗り、後ろは軽機動装甲車が続きます。

そういえば、朝霞で昔日の丸と「JAPAN」という文字、
さらにアラビア語の日本という字が書かれた車両を見たことがあります。

即応予備自衛官部隊

即応予備自衛官部隊は招集によって任務に就きます。

 

大型トラックに満載された即応予備自衛官の皆さん。
日頃は会社員だったり、自営業だったりするのですが、いざという時に
第一線の自衛官となって任務に当たります。

本年9月の北海道地震でも災害派遣部隊として活躍しています。

クレーン車やショベルカー、給水車が続きます。

予備自衛官部隊。
そういう名前の部隊があるとは知らなかったのですが、彼らは

「軽普通科連隊」

という名称であり、例えば本部隊を率いる一佐なら

「予備一等陸佐」

という階級で呼ばれます。
ちなみに予備自衛官の一等陸佐の採用は今年から始まりました。

さらに予備自衛官の精強さを強化するための試みだそうです。


続く。




 

『イベント(お出かけ)』 ジャンルのランキング
Comments (7)   この記事についてブログを書く
« 平成30年 芦屋基地航空祭 ... | TOP | クロス・ドメイン(領域横断... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
チャップス? (Unknown)
2018-10-17 06:33:04
何のことかと思ったら、脚絆のことなんですね(汗)

F-35の塗色は黒なので、地上で見ても飛んでいる写真とほぼ同じ色です。

現在、三沢基地で臨時302飛行隊を編成中で、F-4の302飛行隊がまだ存在しているので、尾翼には部隊マーク(人気のオジロワシ)が書かれていません。302からF-4が全機退役したら、F-35に描かれるという噂があります。

日の丸も白黒なので、パッと見、米軍なのか自衛隊なのかわかりにくいです。オジロワシが描かれたとしても、白黒になるのではないかと思います。
空の精鋭=気の毒な公式マーチ (鉄火お嬢)
2018-10-17 08:33:31
航空音楽隊ともご縁があるので、東京の定期や地方公演にもよく行きますが、公式マーチであるはずの『空の精鋭』のせの字もない事がよくあり、このおフランスなマーチの匂いのする軽快な曲が割と好きな私は、アンコールにすら演奏されないと、ブログでぶつぶつ文句言っては、当の音楽隊の方からスンマセンコメントがあるのが毎度になってます。これが海上自衛隊音楽隊なら、何があろうと『軍艦』を演らずに帰るなんて100パーセントない。陸上さんも必ずしも『分列』をやらないから、そう公式マーチ無しに目くじら立てる事でもないかもですが。歴史もあるのかなと。『軍艦』は百年演奏されてますが、航空自衛隊と『空の精鋭』の月日はまだ伝統ってほどではないですから。海上自衛隊は事あるごとに『伝統』ですけどね。明日は東郷会で東京音楽隊で『軍艦』を間近に聴けるのが楽しみです。
みなさま (エリス中尉)
2018-10-18 08:46:41
脚絆、でよかったんですか。
昔のように包帯を巻くようなものではないので、ゲートルも脚絆も違うよなー、
と思いながら調べたのですがあれの正式名称が出てこなかったので、
乗馬の時に短靴の上にかぶせる脛部分のカバーの名称、チャップスを使ってみました。

F-35のステルス塗装、本当にすごいですよね。
日の丸がグレーってのが徹底してます。

鉄火お嬢さん
「空の精鋭」お好きですかー。
まあわたしも曲そのものはそんなに毛嫌いするほど酷いとは思ってませんが、
戦後の「配慮」を感じさせる、一見スマートだけでふわふわしたやわな感じ、
当たり障りのない無難な展開がまず気に入らないですね。
そもそも陸海との曲の品格が違いすぎて、正直気の毒だなと思います。

音楽まつりでは第302保安警務中隊の入場に陸軍分列行進曲を
必ず演奏しますが、あれは本当にいいものだと思います。
まさに、その通りなんですが(笑) (鉄火お嬢)
2018-10-18 09:25:26
>ふわふわ
そう、いささか浮わついて地に足がついてない、航空だけに(笑)
まさに『分列』や『軍艦』当時の時代の富国強兵のスピリットを注入した記念碑的行進曲に比べたら、戦後の右に左に遠慮がちに成長してきた自衛隊のまんまと言えなくはない。航空音楽隊がつい忘れてしまうのも、音楽的評価がエリス中尉と同じなのかな、でもそう悪くない曲だと思うんだけどなあww
小学生のころ、音楽室に「世界のマーチ」なんてLPアルバムがあり、先生のお許しをもらって放課後に小さいスピーカーで聴かせてもらえたのですが、勇壮すぎるドイツやイギリス、アメリカの代表的マーチより、ちょっとキラキラしてメロディアスなイタリアやフランスのマーチが子供には楽しかったですね。それが今では『軍艦』を聴くと条件反射的に感動の涙が(笑)
ロック「蒼空遠く」 (Coral)
2018-10-21 15:01:46
エリス中尉 鉄火お嬢様

作曲されて100年以上演奏されてきた陸軍分列行進曲、マーチ軍艦に作曲されてから25年程の「空の精鋭」が敵うはずもありませんが、100年経てば空自らしいという評価になっているかもしれません。まあ、共に確認は出来なさそうですが(笑)

斯く言う私も「空の精鋭」が採用される前の「ヴラヴューラ」の方が好きですけれど、作曲者はあちらの方で、しかも方々で演奏されているとなれば新しい曲を採用せざるを得なかったのかもしれません。
その際、飛ぶのが商売の空自の行進曲としては重たい雰囲気のものはどうかな?という気持ちがあったに違いないと思います。

行進曲ではありませんが、こんな現代風な隊歌で空自を応援したいと思います。如何でしょう?

「蒼空遠く」
https://www.youtube.com/watch?v=tbJnX2TUzx8
蒼空遠く (鉄火お嬢)
2018-10-22 22:34:47
いい曲ですね。ただ曲想、やはり隊列組んでオイッチニと行進してしまいそうで、空をキーン!と飛んでく雰囲気とは違う(笑)
指揮が水科隊長なので「懐かしー!」Facebookでもお付き合いがあり、退官後に来年までの任期でパプアニューギニア軍楽隊創設で指導者として赴任されてますが、ドレミから始めて今では指揮も現地隊員、最初のヨチヨチバンドが見違えるようにちゃんとした演奏集団に成長した姿に、トレーナーとしての凄腕にも圧倒されました。日本も120年前には『洋楽事始』だったのが、オセアニアやアジアで音楽の歴史を立ち上げる側になったのかと感慨です。時々浜松に帰省される水科さんに、色々PNAのお話を聞くのを楽しみにしています。
100年経てば・・・? (エリス中尉)
2018-10-23 07:34:02
そうそう、「ヴラヴューラ」だったんですよね。
作曲者が外国人というのは廃止の理由ではなく、
(陸軍分列行進曲の作曲者はフランス人シャルル・ルルーですし)
やっぱり空自のために作曲されたものではなかったからなんだろうと思います。
100年経てば名曲になっているかも、というご意見については
勿論確かめようがありませんが、「それはどうかな」というのが
音楽関係者としてのわたしの意見です。

空自の公式行進曲を制定することになった時、防衛省はどういうわけか
プロの作曲家ではなく、当時の中央音楽隊のフルート奏者に作曲を依頼しました。
その方はまだご存命らしいのであまり悪くいう気はありませんが、
この曲に決定的に欠けている部分は何かと考えると、所詮アマチュアの作品、
というところに行き着く気がするのです。

本項で少し言及した新しい曲、全て音楽隊員が手がけているようですが、
音楽隊員に限らず若い世代は、幼い頃からインプットしてきた音楽の情報量が
「空の精鋭」の作曲者の若い頃と全く違いますので、アマチュアでも
センスが良く、キレのある曲を書く人がゴロゴロいるのが現状です。
それに昔はなかった音楽制作のためのツールが誰でも使えるので、
その恩恵を受けている部分もかなりあるのだと思われます。

クラシック業界でも昭和の頃、「楽器が持てればオケに入れた」時代の奏者は
難しいパートが吹けず、後から入ってくる優秀な若い団員にバカにされる、
という光景が都内のオケでちょくちょく見られたものだそうです。
(というかわたし自身が目撃したことがあります)

鉄火お嬢さんのおっしゃるように、日本における西洋音楽は
あくまでも一部の人間だけのものであった時代から、
誰もが享受できるようになって今日大変なボトムアップを果たしたと思います。
特に集団行動において体育会系体質がDNAにある日本人にとっては
ブラスバンドなどはお家芸とも言え、世界最高レベルにあるとわたしは思います。

蒼空遠くのKANAさんバージョン、知ってましたよ。
メロディがあれなのにロック・・・という(笑)
応援したいという気持ちと勢いが伝わってきて聴いていて嬉しくなりますよね。

ところで、ソ連軍の「航空行進曲」、こんなのはいかがでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=ksG5eCX87SQ

「知恵が我らに鋼鉄の腕となる翼を、心臓の代わりに燃えるようなエンジンを与えた
高く、高く、より高く 我々の鳥を飛ばすのだ」

行進曲ですが、歌詞だけでなく航空の雰囲気、MiGが飛んでいく感じがあります。
さすがは偉大な作曲家を多数生んだ国。
ロシア国歌は鉄板ですしね(笑)

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。