ネイビーブルーに恋をして

バーキン片手に靖國神社

てつのくじらのプロペラ〜呉・海上自衛隊資料館

2017-05-14 | 博物館・資料館・テーマパーク

「てつのくじら館」という名称は、海上自衛隊の資料博物館である呉資料館の愛称としては
親しみを感じさせインパクトがあって、何より潜水艦を表す言葉としては
ぴったりの名作であると、わたしはこの命名をした人を褒め称えたいと思います。

これ、誰なんでしょうね。
海上自衛隊の部内募集だったりしたらなんか嬉しいな。

ところで最初にここにきた時、わたしは単純に

「秘密の塊と言われている潜水艦の艦体を晒すなんて、いいんだろうか」

と何も知らないながらに不思議に思ったものですが、ご安心ください。
展示にあたっては防諜のためにいくつかの配慮がなされています。

 

今回わたしが潜水艦「せきりゅう」の引き渡し・就役の式典参加にあたり
新たに潜水艦について勉強したこともあったのですが、印象的であったのは

「潜水艦のスクリューからは性能についてのあらゆることがわかる」

ということでした。


プロペラはその形状から推進のための性能が類推でき、さらにその翼数から
水をかき混ぜている時に出す音がほぼわかるといわれています。

潜水艦そのものの性能とその被探知性を握る重要な箇所であるがゆえに、
開発に際しては、各国が技術的にしのぎを削りあっているのがプロペラなのです。

だからこそその形状は最高機密となるわけで、例えば造船所にあるときには
建造中も修理中も、プロペラの部分だけカバーで覆って隠すといわれます。

つまり「てつのくじら」として展示されている「あきしお」のプロペラは
実は実際のものではなく、展示用のダミーだということなのです。

全体写真を撮った時に惜しいところで端っこが欠けてしまいましたが、
プロペラ部分を改めてみてみますと・・・・

「ゆうしお」型には最初からかどうか知りませんが、ハイスキュード・プロペラという
三日月型のように曲がっているタイプのプロペラであったという話です。

これはプロペラがブーメランのように反り返っているのでキャビテーション(空洞現象、
気泡が生まれそれがつぶれる時に音が出る)の発生を抑える効果がありました。

このプロペラに関しては東芝ココム事件という東側への技術漏洩疑惑事件も生まれました。

「あきしお」は「ゆうしお」型潜水艦の7番艦。
「ゆうしお」型は10番艦まで2006年までに全部退役しています。 

艦長室の上には魚雷搭載口があると書いています。
写真を撮るのを忘れたのでどうなっているかわかりませんが、甲板側はこうなっています。

いやー、案外原始的というか、普通のやり方で搭載するんですね。
この後は魚雷を立てて、下に立った状態で降ろして行き・・・・

あれ?どうやって狭い艦内でこの長い魚雷を横に倒すの?

そしてこれが艦長室。

ええまあ、潜水艦の中だからこんなものだろうとは思いますが。
「そうりゅう型」の館長室は確かベッドが片付けられるようになっていました。
大きさも違うので(全長でそうりゅう型が8m長い)そのぶん余裕があるようです。

潜水艦の中で絶対の権限を持ち、唯一個室が与えられる艦長ですが、
だからと言って休憩時間に部屋でゆっくりすることはないようです。

航行中のほとんどの時間を指揮所で過ごし、いつ寝ているんだろうと
訝られるような艦長もいるとかなんとか。 

床にこのような切り込みがあったのですが、まさかここから魚雷を下に?
魚雷発射室はこの下になります。 

SNK排出弁・・・・何を排出するのだろう。

嵌脱軸・・・・はめたり抜いたりする軸。

潜水艦において排出するものというと、トイレのタンクの中身などもそうですが、
SNKが例えば「サニタリータンク」の略だとすれば((((;゚Д゚)))))))

そこで、これが正解かどうか確かめもしないでその話をしておきます。

 

潜水艦のトイレの中身は、海に捨てます。(きっぱり)

海上航走している時には行わず、必ず深度のあるところで
水圧以上の圧力をかけて排出します。
その際、中身を全部出してしまうと空気も一緒に出てしまうので、
海上に気泡を出してしまい、艦の所在を知られてしまうので、
中身は寸止めで少し残ることになります。

排出後はタンク内の圧力を下げるわけですが、その前に
悪臭が艦内に流れ込むのは避けられず、潜水艦乗りは
この悪臭に耐えるのが宿命となっているといわれています。

もっともこの情報が今現在のものかどうかまでは確かではありません。
最新型の潜水艦ではこれが改善されていることを祈るばかりです。

チャートテーブルには基礎知識が書かれた案内資料が少し置かれていました。
少し見てみましょう。 

「あきしお」の展示はこれでいうと士官室と発令所の部分だけということになります。
エンジンルームの手前から入り、士官室から発令所に抜けて前方から外に出る仕組み。 

アメリカの潜水艦なら階段をつけて食堂と発射管室も見せてしまうところですが・・・。 

取っ手のついた大きなバルブと各々圧力計らしきものがついた機器の数々。

発令所の部分の床はくり抜かれ、アクリルガラスで下が覗けるようになっています。
ここが魚雷発射室。 

上の階から覗き込んだ魚雷発射室の床。
信管を不活性化した魚雷がいくつか展示されているのが見えます。 

アクリルの床にカメラを押し付けて撮った写真。
こちらのラックは全て空っぽのようです。
 

「あきしお」はHU-603 533mm魚雷発射管 が6門備え付けられており、
89式長魚雷およびハープーン対艦ミサイルが発射可能となっています。

これは艦内に展示されていた装填中の魚雷。

同じく魚雷発射室。

今いるところは司令室です。
まるでゴーカートのような操舵席。
舵の右側には「横舵」「縦舵」の電源スイッチがあります。
これでスイッチをぽちっとして電源を入れていたなんて・・・。

もう一つ緑の操舵席があります。

艦内各所の情報はここに集まってきて統括されます。
潜行準備のとき、第一居住区、発令所、発射管室、食堂、機械室など
潜行準備オーケーのところにランプがついていくという仕組み。 

お節介ながら、これは台に上がらない方が良かったのでは・・・・。 

バラストコントロール、すなわち潜行の際必要な情報が集約されています。
メインタンクのベント弁は1から9番まであります。

あとは全部で4つあるハッチの状況もここでわかります。 

もしかしたらこれでベントを開けたり閉めたりするんでしょうか。

潜望鏡からは外を見ることができます。
この区画にはいつも説明の方が立っていて聞いたらなんでも答えてくれます。
昔海自で実際に潜水艦に乗っていたという人たちかもしれません。 

もちろん解説のためにいるのですが、旧型であっても一応武器装備なので、
警備をするという役割も負っておられるようです。 

レーダー室。
現在のものから見ると、色とりどりのアナログボタンがキッチュな感じでもあります。
「潜望鏡」なんていうスイッチもあったりするんですが・・・。 

それに比べるとこの天気図を受信する機械は比較的年代が新しいような。
少なくともパネルボタン式になっています。
運用の途中で新しい機器を導入するということもあったのでしょう。 

というわけで、さっきとは反対から外に出てきました。
展示館と潜水艦の間には非常階段が挟まるように設置されています。 

深海での救助の際これをきて外に出るミシュラン人形。
ポーズが「おー!」って気合を入れている感じですね。

わたしとしては「触手厳禁」という注意書きに大いにウケました。
意味はよくわかりますが。 

ここには結構充実の売店とレストランがあります。
平日などは空いているので、呉の海を見ながらのんびりカレーなど食べるのもよし。

ここで食べられる「あきしおカレー」は海自カレーラリー以前からのもので、
本当ならこういうところではどこかの潜水艦カレーがラリー用に出されそうですが、
「あきしお」に配慮したのか、ラリー参加カレーはメニューにありません。

載せるのを忘れたので最後になりますが、潜水艦での食事例写真を上げておきます。
カレーに半熟卵が乗っていて、ミルクが添えられ、サラダも。

昼食なんておかずが何品もあっていいですよね。


というわけで久しぶりのてつのくじら、前とは少しだけですが見える範囲が広がっていました。
何度行ってもこちらのレベルに応じて見えてくるものが違っていて、
それがまた装備や博物艦に足を向ける理由でもあります。 

 

 

 

 

 


Comments (7)   この記事についてブログを書く
« サブマリナーの食住〜呉海自... | TOP | 平成29年度遠洋練習航海〜「... »
最新の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
てつのくじら館 (お節介船屋)
2017-05-14 21:16:56
名称、ロゴマークは公募されまして、いずれも呉市在住の「てつのくじら館」は当時50代の男の方、ロゴ(くじらが機雷の潮を吹いている)は小学生の女の子が応募したものが採用されました。1000点くらいの応募があったのではと思います。

スクリュー
ダミーではなく古いスクリューを付けたと聞きました。
耐食性、高靭性が必要なため材質は高マンガン黄銅、アルミ黄銅、ニッケルマンガン黄銅、高マンガンアルミ黄銅と変遷してきましたが、飛行機のプロペラと同様に炭素繊維のCFRPのスクリューも出てきました。
ハイスキュープロペラの1例
http://www.turboblade.jp/koredeki_tb5.html
推進効率の良さと整音です。
鋳物であり、ナカシマプロペラと三菱重工が得意と思います。

魚雷搭載口
斜めの穴で魚雷発射管室の天井(切り込みとの記述の部分)が開き、斜めに入っていきます。
魚雷発射管室強化ガラス部の覗口右前下
金色のリング状の金物が見えていますがこれが発射管後部扉部、上から2段目の魚雷が半分入っています。

艦長室のベット
起こせばソファーになります。

操舵席
右側の操舵員のハンドルで面舵(右回転)が縦舵を右に、取舵が左に針路変更、押せば潜舵が下向きになり、引っ張れば潜舵が上向きで深さが変えられます。
左側の操舵員はお尻の横舵を制御しますが、いずれもシンクロ電気方式で電気信号を送るだけですので軽いです。
なお左の横舵を取り扱う操舵員に上級のものが付きます。なぜでしょう?下手くそだと本当にイルカ運動してしまい、上がったり下がったり。
今はコンピューター制御で潜舵及び後舵を一人で取扱います。乗員削減とコンピューターの信頼性向上、後舵Xの都合だと思います。

ベント弁の開閉
バラストコントロールパネルの写真で横一のランプは閉を示しています。その上が開で〇になります。
写真が切れていますが、ランプの下アクリル板の蓋の中にスイッチがあります。電磁弁なのでこのスイッチで信号を送るようになっています。

解説のために居る人
てつのくじら館ボランティア協力会員です。
ボランティアとして登録した方が日にち、時間を調整して、説明、質問に回答をしています。
OBの方が多いですが、好きで登録し説明されている女性の方もいます。中に学生等教育期間を除き30年潜水艦に乗艦していた人もいます。
なお海上自衛隊史料館ですが、館長は事務官で海上自衛官は1名、PFI方式で維持管理は民間委託です(階段部、インフォメーション等に居ます)。アルファベットの3文字の会社ですが日立、丹青社系列の会社だと思います。社員の中に数名海自の定年退職者がおられますが、売店、喫茶等は女性が多いようです。社員なのかわかりません。

潜望鏡の昇降
1番(後ろ側、昼間用)は前の天井に近い場所、2番(前側、夜間用視装置あり)右横に上下するハンドルで昇降させます。
潜望鏡の横のハンドル(写真で左手でもっているもの)を折り畳む映画の動作を見て、これを折り畳むと格納するものと思って折り畳もうとする人がいます。

ミシュラン人形
加圧しないで潜水出来る潜水服で300m潜水可能と説明があったと思いますが(フランス製だったと思います)、クレーンで吊り下げられて移動用のプロペラがついていますが、結構不自由でなかなか所要の作業が困難なようです。
ただそのままなかに入れば所要の深度まで潜水出来るので飽和潜水に比べれば現状確認等であれば簡単に使用出来るのではと思います。
開館10年を記念して、盾、メダル展示をやってますが、開館当初のように多くはありませんが、大和ミュージアムの約1/3くらいの入館者数で毎年30万人をコンスタントにトータル約350万人の入館者となっているようです。(大和ミュージアムはとっくに1,000万人を突破しています)
エリス中尉もカウントされています。
見えるようで見えない (Unknown)
2017-05-15 06:13:48
潜水艦でも水上艦でも、最近は自らが出す音には敏感で、それがある程度判別出来るプロペラ等喫水線より下の形状は隠す傾向にあります。水上艦だとプロペラと艦首のソーナードームはドック内であっても、見えないように隠しています。

潜水艦はコンパクトに出来ています。チャート台の写真ですが、左端に写っているのが戦闘指揮装置です。火が入っておらず、画面が消えているので、これだけでは何をするものかわからないし、説明もありませんが、簡単に言うと、水上艦だと艦橋(操舵室)とCIC(戦闘指揮所)に分かれていますが、潜水艦ではすべてがこの発令所にまとまっています。

次の機会があったら、これが潜水艦の肝なんだなとじっくり眺めて見て下さい。何もわからないと思います(笑)

自衛隊では、CICは外部の人は立入禁止にしていますが、米軍では、それなりの訪問者には見せます。戦闘指揮装置には「訪問者モード」があって、さすがに実運用とは違う画面ですが「Welcome」等のメッセージが出るようになっています。

自衛隊も段々そういう考えを取り入れるようになって来て「いずも」では、さすがにCICには入れませんが、艦橋の戦闘指揮装置の端末には、出雲大社の拝殿や安倍首相が乗艦された際の写真が写るようになっています。ちょっとさばけて来ましたね(笑)
「あきしお」の見学 (お節介船屋)
2017-05-15 08:00:32
なぜ3階の一部しか見学できないのか?
陸上に揚げてしまったので船でなく建築物として法律上取り扱われ、建築法、消防法等の適用をうけます。防火訓練、消防署員に点検等
船舶であれば、船舶法、船舶設備規則等の適用ですが、自衛艦は除外されていますが、防衛省で最厳しい造修法規、自衛艦設計基準、自衛艦工作基準等が適用されます。
ただだから建築法等除外してよとはなりません。
脱出口2か所、スプリンクラーの設置等が適用され建物には防火扉、スプリンクラー等が設置されていますが、「あきしお」には消火器は置いてありますが、スプリンクラーがなかったとおもいますので、見学出来る床面積が制限されていると思います。
発令所の運命? (佐久間)
2017-05-15 13:22:02
毎度とても楽しませていただいております。

1)ミシュラン人形みたいなのは、カナダの冒険家「フィル・ナイッテン(発音合っていますか?)Phil Nuytten」が開発した、300mまで大気圧潜水ができる潜水服です。最近は、600m以上潜れる「エクソスーツ」も開発しています。

2)潜水艦映画の定番は"Conn, sonar! Crazy Ivan!" (ソナーから発令所へ。クレージー・イワンだ!)でしたが、バージニア級SSNでは、発令所を1階下に降ろして、中尉でもお入りになれなかったソナールームと合わさって、Combat Information Center(CIC)になっています。海上自衛隊の次の潜水艦も、全部が非貫通潜望鏡となり、発令所が廃止されるかもしれません。

3)くろしお(SS-501)となった米海軍艦隊型潜水艦の造水機能は、Uボートや日英の潜水艦よりも、遥かに進んでいたそうです。潜水艦には水上艦と異なり、烹炊や洗面などの生活用水に加えて、大量の鉛蓄電池への高度精製水の供給という大事な用途があります。バッテリー用には、造水機を二回通して高度精製水を作っていたそうです。もちろん、非常用も含めた真水用のタンク以外にも、バッテリー用高度精製水のタンクは極めて重要で、艦長の許可のない限り半分以上は使えないそうです。詳しくは、The Fleet Type Submarine Online:
https://maritime.org/doc/fleetsub/
のチャプター9をご参照ください。私はこの復刻版とカラー図表をいつも目の前に置いているアホです。

4)主SNK排出弁って、なんのことでしょうか?呉監公示第29-15号29.2.9
艦船修理用部品等の物品調達の募集区分
潜水艦の部:
24 潜水艦SNK第2排出弁箱等 - 川崎重工業㈱建造潜水艦用
25 潜水艦SNK第2排出弁箱等 - 三菱重工業㈱建造潜水艦用
とありますが、主SNKは見当たりませんでした。安全深度付近でのさにたりー・タンクのブローは、バルブや継ぎ目に信頼性が無ければ、とても危険な行為なのかもしれません。少しでも活性炭がお役に立っていれば、幸いです。
みなさま (エリス中尉)
2017-05-16 12:21:02
お節介船屋さん
一般公募だったんですね。
そういえば、大阪の水族館「海遊館」の名前を応募して採用された人を知ってますが、
なんと「海遊館」で応募して来た人は3人いたそうです。
名付け親としては生涯入館料無料などの特典があるのかと聞いてみたのですが、
そういうことは全くないという返事でした。

プロペラがダミーというのは「別の船舶から持ってきた」という意味ではないでしょうか。
わざわざこのために新しくプロペラを製作するとも思えませんし・・。

>イルカ運動
で思い出しましたが、最近の潜水艦が観艦式でドルフィン運動をやらなくなったのは、
先端にソナーなど精密機器を搭載していて破損する危険性があるから、と聞きました。

>ミシュラン人形
実際に見て思いますけど、こんなの着て作業なんか絶対にできません。
生身の人間がとりあえず深海を歩く必要があるときくらいしか役に立たないでしょう。

unknownさん
戦闘指揮所でありチャートルームであり、とコンパクトにまとまってるんですね。
おっしゃる通り、そういうことは札を下げるとかして説明が欲しかったです。

写真禁止で CICに入れてくれる艦はなかったですかね?

お節介船屋さん
消防法ですか・・・もう博物「館」になってしまったってことですね。

魚雷発射室を見せるために床をくりぬいてアクリルガラスをはめ、というのは
消防法やらなんやらに配慮した末の苦肉の策だったということですか。

佐久間さん
1)エクソスーツについてこんなページを見つけました。http://lexus.jp/brand/beyond/issue7/blueprint/
Nuittenはニュイッテンと読むようですね。

お値段は一着60万ドル。「身につける潜水艇」がトレードマークです。
誰が買うんだろう(棒)

3)教えていただいたページの「サンフランシスコマリタイム(略)には、
昨年夏行ってまいりました。
あまりにも一つのイベント紹介の進度が遅々として進まないので
いつになるかわかりませんが、ここの展示についてもそのうちお話しする予定です。

4)やっぱりSNKは「サニタリータンク」で正解だったんでしょうか。
ニュートスーツ (佐久間)
2017-05-17 02:16:31
エリス中尉、ニュートスーツの開発者の発音をご教授頂き、有り難うございました。何処かにあの読みが載っていましたので、疑いながら書いてしまいました。ご免なさい。一応事前に、発音を確認するサイトで調べたのですが、残念ながら私の耳では、どの国のどの地域の発音も全部同じに聞こえるので、失礼しました。

ニュートスーツは、未来的なデザインもあってか、一時、広く取り上げられていました。深度900メートルまでテストされたそうです。その後継のエクソスーツも、深度2000フィートまで改良中です。米国では自分の夢を奏でるだけでなく、ビル・ゲイツやディズニー迄行かなくとも、例えばダッシュの開発者Peter James Papadakos(ペイパダコス又はパパダコス)氏のように、事業家としても成功する必要があるようですね。

ニュートスーツに限らず、ニュートコ研究所製品のご購入を検討されておられる方は、下記サイトへ:
http://nuytco.com
SNK (お節介船屋)
2018-05-18 14:40:28
今頃になってエリス中尉の疑問に答えがない事に気が付きました。
たしか潜水艦教育訓練隊見学の時訓練装置に図面があったと思いますが、シュノーケルを略してSNKと表示してあったと思います。
発電機用ディーゼル機関の吸気、排気をシュノーケルを使用して行う場合、吸気は海面上から、排気を海中に出さねばなりませんが、吸排気管は使用しない場合は厳重に海水が入らないように弁が取り付けてあります。使用時は排気圧力で海水は追い出されます。第2ですので第1もあります。
嵌脱軸は弁の確実な閉を保つ装置で錯誤しないよう、誤って不使用時、開とさせたいためです。
大変遅い回答でした。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。