ネイビーブルーに恋をして

バーキン片手に靖國神社

平成31年度陸上自衛隊 第一空挺団 降下始め ダイジェスト

2019-01-13 | 自衛隊

平成最後の降下始めに行ってきました。

「かが」体験航海を含む怒涛の中国地方自衛隊イベントから中一日で、
朝3時半に起きて寒いところに座りっぱなし。
今死ぬほど眠たいので、とりあえず写真だけ駆け足で上げていきます。

なお、記憶だけで調べず確かめずに書きますので、機種など間違ってたらすみません。

恒例の指揮官降下。第一空挺団長からです。

今年も降下中心だったため、降下させられる指揮官は一尉までいました。
アメリカ軍の指揮官も降下を行います。

指揮官の場合、必ず副官などが飛び降りた後のお世話をしてくれます。

海自のP-3Cキター。

高高度からの自由落下は今年すごいことになっていました。

見よ落下傘空を行く。
フリーフォールの傘がこんなにたくさん降りてくるのをみるのは初めて。

初めてといえば今年初参加のもの、それは・・・。

C-2です。

先輩のC-1とは塗装が違うだけで随分重量感が違って見えます。

2回目ですっかり見慣れたアメリカ軍空挺隊の落下傘。

空自のC-130Hからも降下。

C-2からは両側のドアから。

日米の違った種類の傘が混じり合って降りてきます。

今回は島しょ奪回のシナリオに沿って展示が行われました。

偵察のギリースーツを運んでくるUH-1。

直接地面に飛び降ります。

チヌークからリペリング降下。

狙撃兵が乗っています。

カラビナ無し(腕だけ)でリペリング降下。

最初に現れた装甲車的なものは水陸機動団のAAVだったという。

ロープに3人まとめて吊り下げられた狙撃兵。

FH-70を牽引してきたCH-47。

水陸両用車に続いて、16式機動戦闘車MCVが。

戦車はかろうじて(と言ってはなんですが)10式のみ。

エフエッチを組み立ててドンパチが始まりました。

今の状況で本当に必要なのか。空自ペトリオット。

歩兵と高射、MCVとAAVで相手を制圧してしまった後、
おもむろに発射態勢に入る中SAM。

丘の上では近接戦闘の展示も行われました。
わたしのところからは肉眼では見えないくらいでしたが、
優秀なカメラと70−300ミリのおかげでこの通り。

防衛大臣の訓話をもって本日の降下始めは終了。
この後フィールドでは装備展示が行われた模様ですが、
わたしは今回もパスして会場を後にしました。

明日以降、また細かくお話ししていきたいと思います。

 

 

『イベント(お出かけ)』 ジャンルのランキング
Comments (3)   この記事についてブログを書く
« 係船堀岸壁の「帽振れ」〜護... | TOP | 出航準備〜護衛艦「かが」体... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
死のロード(笑) (鉄火お嬢)
2019-01-13 21:19:19
すいません、呉から中1日で習志野(´д`|||)それ記者にやらせても泣きが入るスケジュール(呆)
あー、降下は当たり前に面白いですが、今年もモフモフはいましたか?(ワクワク)
120迫 (Unknown)
2019-01-14 05:19:39
CH-47が吊り下げているのは120ミリ迫撃砲だと思います。FH-70だと空挺団には弾がありません。続編お待ちしております。
皆さま (エリス中尉)
2019-01-14 08:20:01
鉄火お嬢さん
繰り返しますが朝3時半起きですからね?
そんで約6時間のあいだ外で座りっぱなしですからね?
しかも呉では予定全部で5つこなしてますからね?
自分でもよーやるわと呆れております。

モフモフは・・・・聞かないでくれ(涙)

unknownさん
あー、やっぱり間違えてた。120迫でしたか。
大きさが全然違うのにいつも間違えてしまうんですよね。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。