「不可視の両刃」放射線に挑む~英国大学院博士課程留学~

英国に留学して放射線研究に取り組む日本人医師ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベルファストのお祭り騒ぎ - Culture Night 2019 -

2019-09-20 | 2019年イベント
お久しぶりのブログ記事投稿になってしまいました。
前月末に博士論文を提出してから、色々なことがありました。アイルランド共和国や英国北アイルランドを含めてアイルランド島全体にあちこちレンタカーで出掛けましたし、ベルファストの住居を引き払って、日本に帰国するための準備にも追われていました。もちろん、研究費助成の申請準備や、論文投稿準備などもありました。

今日20日は、2年ぶりにベルファスト最大のお祭りである「カルチャーナイト Culture Night」に足を運びました。初めて参加した3年前から今回で4回目になりますね。昨年は日本に帰国中だったので、私が直接参加するのは3回目になります。
街中が楽しい音楽や装飾に彩られて、老若男女が騒ぐ、このお祭りが大好きです。
Culture Nightの由来はイマイチよく判っていませんが、聖アン大聖堂St Ann's Cathedralから市庁舎City Hallまで、様々なイベントがあちこちで開催されます。東京のど真ん中と比べると人は少ないのですが、観光客も多いのでいつもよりだいぶ人が多く感じました。



レンタカーでの旅行は、モハーの断崖、タラの丘、グレンベアー国立公園というアイルランド共和国屈指の観光地を回りました。いずれも素晴らしい景観の場所です。アイルランド共和国を旅行する方々が訪れるべき場所であるような気もしますが、ダブリンから遠いためもあるのか、いずれもあまり日本人観光客は見かけませんでした。





個人的には、グレンベアー国立公園の風光明媚な景色が気に入りました。ドネゴール地方はアイルランド島北西部であり、まさに欧州の外れにあるというか、地の果てなのです。剥き出しの岩が並ぶ大地に白い羊たちが群れる景色は、どこか懐かしく、面白く感じられたのでした。

私の英国北アイルランドでの生活も終わりが近いです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 博士論文の提出とサーカスの観劇 | トップ | 学位審査会 Viva に向けて »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2019年イベント」カテゴリの最新記事