Tune-in

Ham Radio, Short Wave Listening, Life Hacks, etc.

息子の再免許は今年でした。旧スプリアスでもまだ大丈夫?

2020-03-25 18:56:19 | アマチュア無線
Podcastで「ハムのラジオ」を聞いていたら、旧技適関係の話が少し出ていました。
旧スプリアス規格の無線設備については、使用期限が2022年11月30日までとなっています。自分はすでにJARDで保証を受けたので処置は済んでいます。

自分の息子の分はどうだったかな?と確認していたら、今年が再免許の年でした。
共用の無線機ではありますが、息子の局としては保証を受けていないので、とりあえずは、2022年まではまだ少しあるので、今のまま(旧スプリアスを残したまま)再免許はできるのでしょうね。

2022年12月1日以降の再免許については、旧スプリアス規格の保証をとるか、取り下げるかの申請を再免許までにしておく必要があるので注意が必要です。

息子は全く無線をしていないので、5年後の再免許のときは、旧スプリアスを取り下げて、新スプリアスの無線機(ID91のみ)を残して再免許することになると思います。廃局するというのもありですが、費用は多少かかりますがオンラインでの申請が簡単になりましたのでね。

#ひょっとすると、2022年12月から5年間で、アマチュア無線局数の低下に拍車がかかるかもしれないですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« HAM World 5月号の感想 | トップ | いつの間にかアプリが消えて... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事