Tune-in

アマチュア無線やBCLが好きな50代オヤジの日報

アマチュア無線交信あるある

2021-11-21 12:16:53 | アマチュア無線
先日、430MHz FMで山岳移動局のCQが少しパイルになっているのを聞いていた時に気なった場面です。

移動局「はじめにコール頂いたJE1局どうぞ」

これに対して、あるJE1局がフルコールを送ってスタンバイするかと思いきやそのまま交信を始めてしまいました。
タヌキワッチしている私は他人事ながらヒヤヒヤしていました。

果たしてこの局が、当のピックアップされた局なのかどうかと。

時々、こんな場面で「あるある」なのは、実は他のJE1局がピックアップされていて、スタンバイに移ったら別の交信が始まっていて恥ずかしかった・・・ということは、過去に私もあったかもしれません(^^;

今の自分なら恐らく、最後の一文字だけ取ってもらえていないだけの、ほぼ自分であろうと思う場合でも、フルコールを再度おくってからスタンバイに移ると思います。確実にコールサインを確認してもらってから、以降の電文を送るようにするかな、と。

絶対にそうしないとダメということはありませんので、自由にやっていただければ良いのですが、さすがにプリフィックス(例えばJE1)だけでそのまま電文を始めるのは、自分でない確率もまだ高いのでどうかなぁ。もし自分でなかったら、恥ずかしいだけでなく、自分の電波が混信を与えてしまうことになりますからね。

先日のこの交信は、当のJE1局がピックアップされた局だったようで、スタンバイの後、スムーズに交信が継続して聞いている私はホッとしました。チャンチャン
ーーー
いや、待てよ? 別の本来の局が裏で呼んでいてスタンバイしたけど、この局がずっと電文を続けてしまったのでしかたなくこちらの局をピックアップせざるを得なかった、というパターンもありえるなぁ。分からんけど。(笑)
___
またまた、待てよ?
ドパイルになっている、ナンバー交換だけの超ショートQSOの場合は、不確かな場合でもナンバーを送ってしまうことが正義(効率的)な場面もありますね。

 カレンダーは欲しいなぁ

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Ham World 2022年1月号の内容... | トップ | アルゼンチン RAE 日本語放送... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿