Tune-in

Ham Radio, Short Wave Listening, Life Hacks, etc.

IC-705を見てきました 価格設定は10万円前後

2019-08-31 16:06:46 | アマチュア無線
ハムフェアに行ってきました。
新製品を匂わす情報や、ハムフェア前日のリーク情報もあり注目度が高かったIC-705がプレリリースされました。

HF+50MHz+144MHz+430MHzをオールモード(D-STAR含む)
RFダイレクトサンプリング方式
リアルタイムスペクトラムスコープ
最大出力10W(外部電源)、5W(付属充電池)
Bluetooth・無線LAN接続対応
GPSロガー搭載
microSD対応
となっています。
説明員に聞いたところ、売値は実売価格で10万円を切るくらい、来春発売を目指しているとのことでした。
重量は1kg程度、電池を除くと900グラムくらい。

アンテナチューナーの記載、説明はありませんでした。

移動運用されるかたにとって、スコープまで必要か?、消費電力はどうか?など微妙なところはありますが、固定用途、半固定用途などニーズは高いかもしれません。
カタログに専用のバッグ(LC-192)があり、徒歩移動のような形態の提案をしているようですね。

 
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 明日行けば3回目のハムフェ... | トップ | ハムフェアで和文CWのCD »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スコープ! (JR1FLD)
2019-09-05 19:59:09
これはよさそうですね。
FT-817/818のダメなところが全部解決されている!
移動運用だからこそ、短い時間を効率的に使う必要があるので、スコープが有用だと思います。
山の上だと聞こえすぎてFMの空きチャンネル探すの大変ですし、Eスポも早く気づきたい。
Re:スコープ! (JG3IHE)
2019-09-05 22:40:18
JR1FLDさん、コメントありがとうございます。
カラー液晶画面の消費電力が心配ですが、確かにウォーターフォールでスムーズに交信相手を探したり、空き周波数を見つけたりすることができて、効率的かもしれないですね。
コンパクトだし、設置スペースのすくない固定シャックにもFBかも。

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事