独りで喋ってます(^。^)

★今在ることを感謝しつつ<(_ _)>
  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地球がおかしい

2018-09-07 06:01:10 | 呟き
最近の自然災害の多さは異常じゃないかな。
まして、その異常さは日本列島を狙い撃ちしているかの
ようにも思える。

このブログに書きたいことは沢山あったが、異常な暑さ
と共に、時間が取れなかったことも加わり、すっかり
ご無沙汰をしてしまっている。

今年も九月に入り、いくらなんでも折角のこの場所を
無駄にしているなんて気が咎める。

夏風邪は長引くというが、何年振りかでやられた。

ようやく治り、なにかお喋りがしたくなり
今此処に向かっている。

しかし何時までも暑いねぇ。

エアコンの扱いも余程考えないと風邪を引く元だね。
かといって・・使わないわけにはいかない。

温度やら運転切り替え、風量など・・・・。

歳を取るというのはこんなことかと、しみじみ感じた
この夏だった。

秋の気配をふと感じることも無いわけではないが
まだまだ・・・切ない暑さは続くのだろうねぇ。
コメント

ガード下の靴磨き♪

2018-07-06 05:54:59 | 呟き
You Tubeで、忘れていたこの歌に巡り会えた。宮城まり子さんだね。

二十代の頃、私は仕事でよく丸の内のビル街を歩いた。
あの頃は未だ、靴磨きを生業とする人々が、
ビル街を歩くピカピカの靴を磨いていた。
この歌のような少年では無かったが。

`なんでこの世の幸せは
 ああみんなそっぽを向くんだろう`

デイサービスのカラオケタイムで唄うとき、
歌の最後のこの詞を私は、
この少年のように心の中で絶叫する。

歌の途中にセリフがある。

 ネ、小父さん、みがかせておくれよ
 まだこれっぽちさ
 てんでしけてんだ
 えっ、お父さん?戦死しちゃったよ
  カアチャン病気なんだ

(セリフは一部変えて言います)

子供まで懸命に生きたあの時代だった。

そして今・・・

世の中も・・・人の心も・・・

すっかり変わった。

同時代を生きた筈の人たちでさえ・・・・・(^^)/
コメント (2)

デジタルアート

2018-05-21 20:20:32 | 呟き
デジタルアート展がフランスで開かれたのを
先日テレビで観た。

自然に囲まれ触れている気分・・・・・
滝に打たれている気分・・・・・
「憑依する滝」だなんて書かれていた。

実際に滝に打たれているわけでもなく
大自然の中に居るわけでもない。


あくまでも気分だけなのだ。

さまざまなジャンルの進歩は目覚ましいものがあり、
素晴らしいことだけど・・・・・

なにか虚しい哀しいものを感じた私。

ただ、素晴らしいと手を叩いて喜んでいて

いいのだろうか・・・・

コメント (2)

桜散る

2018-04-03 20:41:23 | 呟き
★桜散る国の為にと若者が 早苗

「同期の桜」♪
私はデイサービスで時々唄います。

 貴様と俺とは同期の桜・・・・・・・
 ・・・・・・・見事散りましょ国の為♪

咲いた花なら散るのは覚悟と散っていきました
将来ある多くの若者が。 七十数年前に・・・。(合掌)

今年、異常な暖かさに急いで咲いた桜が、
あっという間に散り始めました。

ハラハラと舞い散る桜の花びらが、車のフロントガラスに
次々と付きました。
そして、別れを告げて落ちていきました。

地面に散り敷いた無数の花びらの上を
沢山の車が、平和に通り過ぎていました。
コメント (2)

新年度の始まり

2018-04-01 19:02:08 | 呟き
四月一日、新年度の始まりですね。

旧年度の末日、私はこの世に生を享けてます。

上から見ても下から見ても、裏返してみても、どうにもならない
8が二つ並んでます。

誤魔化しの利かない歳になってしまいました。(^。^)

しかたがないですね。
もう肚を括って生きましょうか。(^^)/

一日を一生と思って精一杯・・楽しく過ごしましょう。(^^♪

デイサービスに行くのに、まるでカルチアセンターにでも行くように、
「書く描く唄う」ものをバッグに一抱え持って行きます。

筋肉の衰えという要件を満たした上で利用させて頂いていますが、

私という人間をこの世に送り出してくださった、大いなるお力に

感謝して、頂いている命を精一杯生きなければ申し訳がありません。

一日をなんとなく過ごすわけには参りません。(^^♪

うっかりすると、歳寄りの冷や水になりかねない場合もありますので

充分に気を付けなくちゃいけませんけどね。(^。^)

コメント (2)

陰陽師

2018-02-18 16:11:27 | 呟き
羽生結弦君が現れた時、一瞬、光源氏かと思った。
それはそれは香しく麗しい姿だったから。

しかし、極めて神秘的なポーズで滑り出した光の君は陰陽師だったのね。

高く飛んで回転する時も、降りた時も、その姿は一部の隙も無い美しい
ものでした。

バレリーナの様に、しなやかで伸びやかで、しかし強靭なものを感じさせる
あの姿は、観る者の心を充分に捉えましたね。

私は、終盤に差し掛かっている頃の彼には、
何かが乗り移っているかのように見えました。

感動で涙がこみあげましたよ。

あの衣装と音楽・・・本当に魅力的でした。

利かぬ気の顔をしてまだあどけなさの残る宇野君も可愛かったわねぇ。(^^♪
コメント (2)

立春

2018-02-04 16:03:12 | 呟き
もう立春ですね。
ここのところ当地にしては珍しい大雪騒ぎで、何時までも融けない雪が
珍しく、雪の話題で盛り上がる日々でした。

今日は立春、流石に太陽も暖かくなにやら春の気配も感じられるかなぁと
無理矢理思ったりしていますが・・・。(^^♪

一か月ぶりの美容院はがらがらで吃驚。

久しぶりにいい陽気になった日曜日、善良な主婦たちは多分
家の仕事で大忙しなんだろうと勝手に想像してました。

そこでの話題で、嘗て私も仕事で係わったことのある会社の社長のお子さん
が政治の世界に云々・・だとか。
そこまではよかったのだが・・・

その人のお爺さんが・・云々・・

なぬ?・・お爺さん??・・

つまり、現社長は、私の記憶にある社長の息子さんであり、話題に出たお子さん
というのは、私の記憶にある社長の孫だったのね。

そのお爺さんは九十歳を過ぎて云々・・・とか。

アハハハ(^^♪ そうねぇ、そうねぇ・・・(^^♪(^^♪

自分の歳を忘れていた私は、壮年だったあの頃のその社長を思い出したのでした。


コメント (2)

唄うということ

2018-01-05 19:16:46 | 呟き
今日は小寒と暦に書いてある。
この頃は俳句もちょっとご無沙汰しているので、小寒などと言われても
ああそうですか・・・という感じだ。
情けないね。(^。^)

しかし・・歌を唄うのは楽しいねぇ。♪♪
発声の仕方をきちんとしながら色んなジャンルの歌を・・
といってもたかが知れてるけれど・・・・(^^)/
歌の心を唄おうと心掛けて唄っている。

歌詞をしっかり味わいながら、時に涙したり、
また時には艶っぽく・・・♪

軍歌も、よく見てみると、単に戦意高揚の意味だけではなく、
そこには、そこはかとない哀しみも伺えるものがある。
 干戈交ゆる幾星霜
 七度重なる感状の
 功の蔭に涙あり
 ああ今は亡き武士の
 笑って散ったその心

加藤隼戦闘隊(昭和18年)ですが。

私はこの部分を唄う時は、胸が詰まって涙を堪えながら
やっと唄っている。

この頃は、私が普通に喋る声が少し高めになっているように
感じる。

ま、歳寄りだから歳寄りらしい声で居なくちゃいけないと
いうこともないだろうからね。(^^♪

というわけで・・・小寒も、直ぐ来る大寒も、まだまだ元気に
過ごせそうです。お陰様で有難いことです。<(_ _)>
コメント (2)

平和を祈る

2017-12-13 20:00:20 | 呟き
久しぶりに書きます。
12月も8日になったら何か書こうと思っているうちに
最早月半ばになってしまった。
間もなく年の暮ですねぇ。

あの悪夢も甦らんばかりの危うい世界の情勢になっている中で、
一触即発の危機を感じながら、七十数年も昔の事などを
ぐだぐだと書く気にはならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★乳呑み児の名も書かれゐて箸包 さなえ
新年の季語であり、随分昔に作句したものです。
私の母の最晩年の正月の膳で、弟の家内が私の孫のために
用意してくれた心遣いでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新しい年も平和な日本であることを祈るばかりです。
コメント (2)

十一月です

2017-11-01 05:15:52 | 呟き
今年も後二か月で終わります。
十一月に入りました。
デスクワークの自営業ですが、現役の頃は、十一月に入ると
必ず腰に懐炉を入れていたものです。
それが今年はまだそこまでの寒さじゃない。
やはり多少異常気象なのでしょうかねぇ。

もっとも、仕事をしていた頃は一日中机の前に座っていたわけ
ですから、冷えるのは当然といえば当然ですか。(^^)/

しかし、私もいい身分になったものだ。
デイサービスでは、何かと気を使ってくれる職員の方々が居て、
お風呂では、万全の態勢で安心して入れる。

入浴後昼食前の体操まではたっぷり時間があり、好きなことを
して居ればいい。

私はこれ以上ボケないように、電子辞書や、絵を描く道具など
を携帯して、気分によって、ものを書いたり描いたりしている。

自分の事だけを考えて居ればいい人生・・・・・・
家では、家人に迷惑を掛けないように邪魔にならないように
それだけ注意して居ればいい。

私の越えてきた人生の大部分を今、こうして癒されるなんて、
なんと有難いことかと感謝の気持ちでいっぱいの日々です。















コメント (2)