rabbit@tennis.com

テニス歴15年、なんでうまくならないんだろう?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリスマス・テニス

2006-12-15 00:27:32 | 健康管理
人生のうち、一度でいいから、
スーツでバッチリ決めて、
「ちょっとテニスいってくるわ」って感じで
クリスマスイブの夜に出かけてみたい。
しかも、徹夜でテニスをやるということで、朝帰り。
年越しテニスとかもやってみたいなあ・・・。ありえないけど。

最近は仕事が忙しくて時間がとれないが、
なんとか素振りだけは続けている。毎日左右200回。
もう半年以上続けている。
これからも続けていきたい。
コメント (18)   トラックバック (5)

ラケットの選択肢

2006-12-06 00:33:11 | 健康管理
テニスにとって、ラケットのチョイスは重要な要素である。
ちなみに、僕はバボラのピュアドラを使っている。
このラケットを初めて使ったときは感動した。
とにかく、ボレーのコントロールがしやすく、簡単に相手コート深くまで飛ぶ。
面がそれほど大きくない割に、スウィートスポットが大きく、
あまり力を入れなくてもパワーあるショットを打つことが出来る。
最近はバボラを使っている人がものすごく増えたが、
僕が使い始めた頃はまだ周りにもユーザーは少なく、このラケットのパフォーマンスの高さに一人で感動していたものだ。
あれから4年近く使っている。

その間に、ウィルソンncode95とかプリンスのO3とかを使ってみたが、
ウィルソンは扱いが難しいしプリンスは全く合わなかった。

ただ、僕なりに確かに言えるのは、
ラケットのみでコート上の実力が大きく上がったり下がったりすることは
ないということだ。基本的に、自分の持っている能力以上のものは、
テニスコート上で発揮できない。
いいラケットは、自分の弱点をうまく補完してくれるが、
自分のテニス能力を著しく向上させてくれるものではない。それだけは確かだ。
ラケットは、すべてを解決してくれるものではない。
僕も色々なラケットを使ってきたが・・・・。
コメント

テニス・素振りの成果

2006-12-03 15:40:51 | 健康管理
試しに素振りを始めて3ヶ月になる。
テニスは、ボールを打っていないと練習にならないと思っていたが・・。
1日左右200回、継続してみると効果が出てきた。

①スイングスピードが明らかに速くなった。特にバックハンドはいつも振り遅れ 
 ぎみだったのが、サービスリターンでもトップスピンで確実に間に合うように
 なった。
②ボールが、相手コートバックラインぎりぎりまで深く、勢いよく飛ぶように
 なった。練習仲間からも、「ボールが重くなった」と言われるようになった。
③ショットの安定感が増した。ボールに強烈な回転がかかるようになったため、
 ミスをあまり恐れずにショットを打てるようになりつつある。
④何故かサービスの安定感も増した。サービス時にスピンがかなり強くかかる 
 ようになったため、スピンサーブの精度が向上した。

以上のような効果が出始めて、テニスに関しては30歳を過ぎたにもかかわらず
新しい境地で取り組むことができている。
素振りを始めた当初は疲労からか腕がだるく感じられ、仕事中も腕が重いなあ
と感じるくらいだったが、次第にそのだるさも取れ、テニスに必要な基本的な
筋力がついてきた結果と思われる。
学生の頃は、若かったから何でも出来た。毎日練習していたので、今と同じような
ショットを打っていても全く不思議に感じなかったが。
昔と同じような球筋のショットを打てると、やっぱり気持ちいいものだ。
どこまで続けられるかわからないが、これからも1日200回の素振りを欠かさずに
やっていこうと思う。
時間にすれば、ほんの10分程度だ。このくらいの時間は取れる。
何事も積み重ねである。 


コメント (4)

ビートルズ新作アルバム「LOVE」

2006-12-01 23:49:09 | 健康管理
今日はテニスの話題から離れてみる。
11月21日(確かそうだった)にビートルズの新作アルバムが発売された。
「LOVE」ビートルズらしいネーミングだ。
僕はビートルズは学生の頃聴き始め、その圧倒的なサウンドに魅了され続けている。
何回聴いても、色あせないサウンド。
僕は、特にポールマッカートニーが好きだ。
彼の、メロディーメーカーとしての才能は素晴らしい。
他の3人も、音楽的センスはすごいと思うけど、
ポールマッカートニーなしでは、ビートルズのサウンドの大半は生まれていない。

さて、新作アルバムだが、
アナログのマスターテープをデジタルで分解し、
つなぎ合わせた異色のアルバムである。
ビートルズのサウンドが、これほどまで奥深く、多重トラックで
聴けるとは思わなかった。
今回のアルバムについては、ファンからも賛否両論の意見が出ている。
ジョージ・マーティンと息子のジャイルズによるプロデュースの作品だが、
ビートルズを冒涜するものだという意見もある。

僕はそうは思わない。
何故なら、ポールやリンゴがこのアルバムに関わっているからだ。
プロデューサーが独断で創っている訳ではない。
それに、
こうしたアルバムが作られることによって、
最近の若い世代がビートルズを聴いてみようと思うきっかけになるかもしれない。
ビートルズは、現代の若者が聴いても素晴らしいサウンドだ。
デジタル技術が、ビートルズの若いパワーを蘇らせる。
実際聞いてみればわかる。素晴らしいアルバムである。
特に、導入部分の「ゲットバック」~「グラス・オニオン」あたりの
流れには涙が出る。

しばらくは、ビートルズにどっぷりとはまりそうである。
コメント (1)   トラックバック (1)

週末とテニス

2006-11-30 23:55:52 | 健康管理
最近は、週末しかテニスをする時間がない。
1年前くらいまでは、平日もやっていたが。
下手をすると、週末さえ出来ない時もある。
自由時間の貴重さを痛感している今日この頃だ。

テニスに行くために、僕は日々努力を怠らないようにしている。
とにかく、かみさんと子育てに全面的に協力し、いつも得点稼ぎに
余念がない。毎日の積み重ねが、自分の趣味時間確保につながるのだ。
また、腹筋や腕立て・素振り等の体力づくりも欠かせない。
体力づくりというより、もう30歳中盤にもなると「体力維持」である。
急にテニスに行っても、日々の体力維持がなければテニスにならない。
日々の積み重ねが重要だと思う。

しかし、今週はテニスに行けない。
土曜出勤!なんてことだ。休みの日まで働かなきゃいけない。
その次の週も行けないので、また腕が落ちそうだ・・・。

今日は素振りを左右150回ほどやった。
帰宅時間が9時頃なので、なかなか毎日継続するのは大変。
コメント (2)

仕事とテニス

2006-11-29 00:13:17 | 健康管理
最近は仕事が忙しい。
忙しいのはいつも同じなのだが、最近は特に忙しい。
お客様相手の仕事なのだが、とにかく来店客が多い。
毎日、帰宅時間は9時を過ぎてしまう。
娘をお風呂に入れるのは僕の役目なので、あまり遅いと大変だ。

ところで、
みんな、仕事をしながらどうやってテニスする時間を作っているのだろう。
仕事だけなら、まだ時間は作れる。
結婚をして、子供が出来たりすると、
テニスどころか自分の自由な時間というものはほとんどなくなる。
とにかく一生懸命仕事をして、早く仕事を終わらせる努力をして、
時間を作り出すしかない。
平日とかもテニスをやりたいのだが、
今は到底無理な気がする。

家庭があって、子供もいるみなさん、
平日にテニスをする工夫があったら教えて下さい。
コメント (2)

娘にテニスを

2006-11-26 23:16:25 | 健康管理
娘が生まれて4ヶ月になる。
生まれたばかりは寝てばかりだったが、
最近はようやく人間らしい顔つきをするようになってきた。
自分の子供だから、どんどん可愛くなってくる。

というわけで、テニスを愛する父親とすれば、
当然将来は娘とテニスをやりたいな~という夢を持ってしまう。
出来ればミックスダブルスなどに一緒に出場・・・なんてことを考えると、
顔が綻んでしまう。そんなところをかみさんに見られたりすると、

「何ニヤニヤしてんの?暇だったら掃除でもして」
と冷たくあしらわれる。
かみさんはテニスはおろか、運動というものは一切しないので、
テニスに対する理解はない。
娘にテニスをやらせたいなんていったら、どんな反応を示すだろう。
いいんじゃない、とは言うだろうが、内心は冗談じゃないと思うだろう。
娘がテニスを自発的にやりたいと言うようにするには、どうしたら
いいんだろうか。
最近は、どうやって娘をテニスに誘導するか、しかも無理強いせずに自然体で、
ということを考えている。
無理かなあ・・・
コメント

テニス・好不調の波

2006-11-25 22:58:21 | 健康管理
テニスを始めて随分年月が経つが、
好調・不調の波がとても激しい。
調子のいいときは、何をやってもうまくいく。ダブルスでのストレートへの
パッシング、トップスピンロブ、ドロップショット、左右への自由なサービスの
打ち分けとサービスエース、角度鋭く深いところに強烈なボレー・・・・
長年テニスをやっているので、いろいろなことができるようになった。
調子のいいときは、本当に何をやってもうまくいく。

しかし、
今日は不調だった。
今日は早朝練習だったが、
何をやっても駄目だった。サービスリターンはアウトかネット、ファーストボレーも
浮いてしまい決められる、ロブはほとんどアウト、ダブルフォールトを1ゲームに2回、得意のバックハンドショットは読まれてボレーで打ち込まれる・・・・
散々な目に会って帰ってきた。
とにかく波が激しくて、自分でも嫌になる時がある。
以前は真剣に悩んだりもしてみたが、
最近はあまり深く考えなくなった。

今日もテニスができて嬉しいなって気持ちに、
33歳になって、
ようやく思えるようになってきたのかもしれない。
コメント

明日は早起きテニス

2006-11-25 00:36:08 | 健康管理
明日は早朝テニス
やばい、早く寝なければ。
よく、寝坊して行けなかったりする。
そうすると、また1週間テニスができなくなる。
とりあえず、起きてテニスに行こう。
また何か、新しい発見があるかもしれない。
コメント

早朝テニス

2006-11-23 22:37:52 | 健康管理
僕は、毎週土曜日の早朝にテニスをする。
仲間は、同じ職場の人や友達、知り合いなど様々だ。
初心者はあまりいないが、
テニスを厳しく練習したことがない人たちばかりなので、
はっきりいってレベルは低い。
みんなで試合とかに行っても、大抵負ける。
でも、この仲間たちとテニスをしていると、楽しいし落ち着く。
あまり勝負にこだわっていない人が多いので、とても大らかな雰囲気なのだ。
この雰囲気がとても好きだ。

僕は、2年位前まで、ものすごくハードな練習をこなすサークルに
加入し、週3回の練習と試合を繰り返す日々を送っていた。
高校時代からテニスをやっているので、一通りのことはできるが、
勝負にこだわり続けるテニスを継続することが難しくなった。
体調を崩したり、子供ができたりしたためだ。
環境が変わってくると、今までできていたことができなくなったりする。
テニスをする時間が、なくなってきたわけだ。
だから、サークルを脱退して、今のメンバーに入ってテニスを続けている。

最も大切なのは、やめてしまわないことだと思う。
テニスは、奥の深いスポーツだ。
精神面が重視され、時にはテニス自体がストレスとなる時もある。
テニスをすることが、本当に嫌になることもある。
それでも、
やめてしまわないことが大切だと思う。
波があっても、僕は15年続けてきて良かったと思っている。
コメント (2)