札幌 絵手紙 楽描堂便り

“楽描堂”と書きまして“らくがきどう”と申します。

人並みでたまるか・小池邦夫監修

2018年10月19日 | 大好きな本たち


本の編集を手掛けた方からの一冊です(^_^)

小池邦夫先生と五人の方々とのやり取りの
絵手紙です。













童話作家の東君平、版画家の山田喜代春
編集者の細井冨貴子、墨画家の島田正治
画工人の渡辺俊明との絵手紙合戦です。


楽しいのなんの〜時間を忘れます。
個人的には俊明さんの絵と文字が好きですが
どの方の絵手紙も楽しく、個性的。
見ていて〜〜どきどき&わくわくします(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント

篠田桃紅著・人生は一本の線

2018年10月07日 | 大好きな本たち


篠田桃紅著〈人生は一本の線〉
札幌中央図書館からの一冊です。
膨大な蔵書の中から
静かに語りかけてくれました。



私の言葉なんて無意味です。
百万の言葉より、一本の線
私の伝えたかったことです。


104歳の美術家、篠田桃紅さんの
珠玉の作品集です。

墨を用いた抽象表現主義者として
世界的に広く知られ、今も第一線で活躍する
篠田桃紅氏。

著書『 103歳になってわかったこと』も強く印象に残っています。

ベストセラーになった現代美術家の
新作をふくむ貴重な作品と
珠玉のエッセイによる画文集。



文中より〜〜!
私は、正真正銘の老いを感じています。
老いた……。
老いに老いました。
こんなに長生きするとは
自分で思ってもいませんでしたから
こうして、老いる、ということの実体を
しみじみと味わっています。
そして、少しは若い人に伝えておいた方が
いいかなと思って、あなたに伝えています。
(「若い人へ」より)

一生を振り返って、自分の思うことが
みんなやれたかと聞いたら
やり残したことのほうが、ずっと多い。
たいていの人は、なにもやれてないですよ。
(「やり残し」)

私はこういう線を引きたいと思って
一本の線を引いた。
しかし現実にできた線は
思った線とは違う。
人生も同じ。
人は、こういうふうに生きたいと
思って、しかし現実の人生は違う。
(「たぶん明日もある」より)



奥深い墨と筆の表現
人生をしみじみと達観した作家ならではの
含蓄のある言の葉。

ただ、ただ、頷きながら読んでいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント

読書の秋に、嬉しい本が届きました。

2018年10月05日 | 大好きな本たち








本の編集をされている方から
送って頂きました!
清流・主婦たちへ贈るこころマガジン〉
恥ずかしながら初めて目にした本です!







中村忠二 らくがき集〉も
同梱して下さいました。

久しぶりに〜〜ゆっくり読書の秋を
楽しんでいます(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中原中也詩集から・月夜の浜辺

2018年09月18日 | 大好きな本たち


皆さま、こんばんは(^_^)
今日も大変お疲れ様でした。





季節が猛暑から〜〜物静かな秋へ。
気温が落ち着いて来たせいか
本棚に手が伸びます(^_^)

大好きな詩から
月夜の浜辺

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際(なみうちぎわ)に、落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂(たもと)に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
   月に向ってそれは抛(ほう)れず
   浪に向ってそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾ったボタンは
指先に沁(し)み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾ったボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?



お月さまが美しい秋になりました(^_^)



皆さま、今日もどうぞゆっくり
お休み下さいませ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スティーブ・ジョブズが残した最後の言葉

2018年09月06日 | 大好きな本たち



地震の影響で〜〜携帯が繋がり難くなると
ラジオから聞こえています。

皆さま、くれぐれも余震にご注意を!
私は、無事です。
皆さまもどうぞご無事で。



巨万の富を手中にしたスティーブ・ジョブズが
残した最後の言葉です。



他の人の目には、私の人生は
成功の典型的な縮図に見えるだろう。
しかし、仕事を除くと
喜びの少ない人生だった。
人生の終わりには、富など
私が積み上げてきた
人生の単なる事実でしかない。
病気でベッドに寝ていると
人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと
認められることや富は
迫る死を目の前にして
色褪せていき
何も意味をなさなくなっている。
この暗闇の中で生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ
機械的な音が耳に聞こえてくる。
神の息を感じる。
死がだんだんと近づいている。

今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの
富を築き上げた後は
富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。
もっと大切な何か他のこと。

それは、人間関係や、芸術や
または若い頃からの夢かもしれない。
終わりを知らない富の追求は
人を歪ませてしまう。
私のようにね。

神は、誰もの心の中に
富によってもたらされた幻想ではなく
愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。

私が勝ち得た富は
死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
私が持っていける物は
愛情に溢れた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり
あなたとずっと一緒にいてくれるもの

あなたに力を与えてくれるもの

あなたの道を照らしてくれるものだ。

愛とは何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。

行きたいところに行きなさい。

望むところまで高峰を登りなさい。

全てはあなたの心の中にある

全てはあなたの手の中にあるのだから。

世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド(賭け)」が
何か知っているかい?
シックベッド(病床)だよ。

あなたのために、ドライバーを
誰か雇うこともできる。

お金を作ってもらうこともできる。

だけれど、あなたの代わりに
病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。

物質的な物はなくなってもまた見つけられる。

しかし一つだけ無くなってしまっては
再度見つけられない物がある。

人生だよ。命だよ。

手術室に入る時、その病人は
まだ読み終えていない本が1冊あったことに
気付くんだ。

「健康な生活を送る本」

あなたの人生が
どのようなステージにあったとしても
誰もが、いつか人生の幕を閉じる日が
やってくる。

家族を大切にしてください。

パートナーを大切に

友人を大切にしてください。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

人を大切にしてください。




何度、読み返しても〜〜胸が熱くなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

小池邦夫の絵手紙集・自分で光れ

2018年09月01日 | 大好きな本たち


小池邦夫の絵手紙集・自分で光れ
が、届きました(^_^)







60年近く小池邦夫の絵手紙を受け取って来た
同郷の友・正岡千年氏が”小池邦夫の原点”という「三十一葉の絵手紙」を
全点掲載!

20~30代の初期の絵手紙を含む
全75点が、オールカラーで収録されています。

手紙書きとして生きていく」という
強い志のもと、もがき苦しみながらも
光を追い求めた若き日の小池邦夫先生が
生み出した絵手紙の数々。

目にするたび、読むたびに
大きな勇気と元気を頂きます!

皆さま、ぜひ、手にとって
読んで下さいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココロの絵本・神様が宿る絵手紙

2018年08月30日 | 大好きな本たち


皆さま、こんばんは(^_^)
今日も大変お疲れ様でした!











本の編集をされた方から
二冊の本を頂戴しました(^_^)

嬉しい本!ありがとうございました。



雨が降ったり、止んだり。
落ち着かない一日でした。

皆さま、どうぞ、ゆっくり
お休み下さいませ(^_^)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦没画学生の無念館展・北海道立文学館で開催中

2018年08月19日 | 大好きな本たち


皆さま、おはようございます(^_^)



北海道立文学館で開催中の
戦没画学生の無言館展
に行って来ました。



無言館は〜〜長野県上田市にある美術館。



館長の窪島誠一郎氏により
信濃デッサン館の分館として
平成9年に開館した美術館。

第二次世界大戦中、志半ばで戦場に散った
画学生たちの残した絵画や作品
イーゼルなどの愛用品を収蔵、展示しています。

いつか、行って見たいと願っていました。
札幌で見られたことに感謝です。





無言館は、戦没画学生たちの遺作となった
絵画・作品・絵の道具・手紙などを
専門に収蔵展示。

芸術の才能を花開かせる前に
戦場で散った画学生の皆さまの作品。





ひとり、ひとりの絵から聞こえてくる
物語りに深い感動を覚えました!





館長の窪島さんのことば
「戦没画学生達は反戦のために
絵を描いていたわけではない」という考えで
反戦のメッセージを前面に出さず
作品を淡々と展示している。
その言葉にも、より深い感銘を受けました。



















戦没画学生の無言館展〉は、
9月9日まで北海道立文学館で
開催中です。



お時間があれば、ぜひ
お出かけ下さいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮澤賢治 画本・猫の事務所

2018年08月18日 | 大好きな本たち












古本屋さんで買い求めた一冊です。

B4版の大きな画本の中で
繰り広げられる猫たちの会話が
興味を誘います(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季繪百選・株式会社 電通発行

2018年08月15日 | 大好きな本たち


アンティークショップ36号線店から
我が家にやって来ました。

題字が〜〜中川一政さん。

箱の大きさは縦50cm,



〈夏〉の項をめくれば〜〜!















〈秋〉をめくって〜〜!
余りの美しさに思わず、素晴らしい。
なんと〜〜葛飾北斎の肉筆画とのこと。



葛飾北斎・雪中美人図 個人蔵



ずっしりと重い一冊ですが
一枚、一枚、ゆっくりと眺めれば
美術館に迷い込んだような気がします(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生は森の中の一日・長田 弘詩

2018年08月14日 | 大好きな本たち


人生は 森の中の 一日
長田 弘詩

何もないところに、
木を一本、わたしは植えた
それが世界のはじまりだった。

次の日、きみがやってきて、
そばに、もう一本の木を植えた。
木が二本。木は林になった。

三日目、わたしたちは、
さらに、もう一本の木を植えた。
木が三本。林は森になった。

森の木がおおきくなると、
おおきくなったのは、沈黙だった。

沈黙は、森を充たす空気のことばだ。

森のなかでは、すべてがことばだ。
ことばでないものはなかった。

冷気も、湿気も、きのこも、泥も
落葉も、蟻も、ぜんぶ、森のことばだ。

ゴジュウカラも、アトリも。
ツッツツー、トゥイー、
チュッチュビ、チリチリチー、

羽の音、鳥の影も。
森の木は石ゴケをあつめ、
降りしきる雨をあつめ、

夜の濃い闇をあつめて、
森全体を、蜜のような
きれいな沈黙でいっぱいにする。

東の空がわずかに明けると、
大気が静かに透きとおってくる。
朝の光が遠くまでひろがってゆく。

木々の影がしっかりとしてくる。
草のかげの虫。花々のにおい。
蜂のブンブン。石の上のトカゲ。

森には、何一つ、
余分なものがない。
何一つ、むだなものがない。

人生も、おなじだ。
何一つ、余分なものがない。
むだなものがない。

やがて、とある日、
黙って森をでてゆくもののように、
わたしたちは逝くだろう。

わたしたちが死んで、
私たちの森の木が
天を突くほど、大きくなったら、

大きくなった木の下で会おう。
わたしは新鮮な苺をもってゆく。
きみは悲しみをもたずにきてくれ。

そのとき、ふりかえって
人生は森の中の一日のようだったと
言えたら、わたしはうれしい。








一語、一語、じっくり読んでいると
何だか、鬱蒼とした森の中を
歩いているような気がして来ました(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月6日の朝・蒲田 進 著

2018年08月06日 | 大好きな本たち






二度と起こしてはならぬ原爆投下。

二度と起きてはならぬ原爆投下。













真っ青に晴れ上がった空に
平和を願って両手合わせました。



広島に向かって〜〜黙祷を

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮沢賢治作〈雨ニモマケズ〉

2018年07月17日 | 大好きな本たち


皆さま、こんばんは(^_^)
今日も大変お疲れ様でした。

文月は〜〜お教室の皆さまと一緒に
賢治さんの詩・雨ニモマケズを
大きな画仙紙に書きました(^_^)

少し、調べて見ました。
雨ニモマケズ〉は〜〜
宮沢賢治の没後に発見された遺作のメモです。
賢治が結核で亡くなる二年前に
病床で手帳に書き付けた
この300字ほどのメモが始まりでした。



ヒデリ」か「ヒドリ」か?
最初の発表時から
「ヒデリノトキハナミダヲナガシ」と
されている箇所は、実は手帳の原文では
ヒドリノ…」と書かれています。

これは歴代の全集編集者が
誤記とみなして校訂したものですが
花巻農学校での賢治の教え子の一人が
「農家にとって日照は喜ぶべきものであり
『ヒドリ』は日雇い仕事の『日取り』を
意味するもので
『日雇い仕事をせざるを得ないような
厳しい暮らしのとき』と
原文通りに読むべきである」との説
を提起しました。



隣人愛を忘れず大切にし
いつでも人のために尽くして
生きる人生を全うせよ」



この詩には〜〜賢治さん本人の
こういう人になりたいとは願っても
なお、なれない自分がいる!
理想と現実のギャップから
生じる葛藤を私は強く感じます。

皆さまは、いかがでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮沢賢治詩・雨ニモマケズ

2018年06月24日 | 大好きな本たち


皆さま、こんばんは(^_^)
日曜日、如何お過ごしでしょうか?

2018・3月号の月刊絵手紙
視る〉それぞれの作家四人の
雨ニモマケズ
を取り上げていました!



宮沢賢治さん詩・雨ニモマケズ



田島隆夫さん作。



棟方志功さん作。



アーサー・ビナードさん作。



渡辺俊明さん作。



それぞれの作家の個性と豊かな感性!
素晴らしい作品ですね。

お教室では、七月に
各クラスの皆さまが
雨ニモマケズ〉に挑戦します(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池邦夫・絵手紙の絆

2018年06月18日 | 大好きな本たち






小池邦夫先生と深い絆を持たれた
16名の方々との交流をまとめた一冊!

著書を編集された方から
送って頂きました(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加