goo

Welcome, P.J.♪

Collier Brown, Jr.がP.J.の本名です。ちなみにDocもニックネームでGlennというfirst nameがある。
私はこの選手のことをほとんど知らない。プレーを観たのも、Bull時代からなので、昨シーズンからなのだ。でも、Celticsのメンバーになったからには、いろいろと知っておかないと!(誰も頼んでない
そもそも、P.J.自身、シーズンが始まる前に、数チームからオファーがあったそうだが、New Orleansにいる家族と一緒に過ごしたいということで、どことも契約をしなかった。
でももう一度ユニフォームを着ようと決断したのは数日前。
「自分のキャリアに1つ足りないものがあるような気がしていた。Bostonはずっと自分の入る場所を空けていてくれていたし、それにチャンピオンシップを取ろうとしている。」
     【めちゃくちゃシブイ~♪】

その気持ちにさせた立役者が2人。RayとPaulだったとは・・・
彼らはAll-Starの最中である16日に、P.J.と話をしたそうだ。
P.J.に来て欲しいこと。P.J.の経験が若いプレーヤーとっては助けになるし、チームには安定感が加わるということ。そして、自分達はプレーヤーとしてP.J.はまだプレーできると思っていること。ディフェンスとリバウンドのスキルはチームにうってつけだということ。
これでP.J.の気持ちは固まったらしい。RayとPaulがルアーになったのは、KGを釣り上げて以来2度目になる。Good job, Ray and Paul!



昨日のCavs戦、P.J.はすでにベンチにいたそうで、試合中にPerkに色々とアドバイスを与えていたそうだ。Perk本人は、「また教えてもらえる人が出来た。」と喜んでいるし、Rajonは「若いプレーヤーに、どんな風にゲームをすればいいか、どうすればうまくやれるのか教えてくれる。特にフロントコートの選手にとっては。」とPerkに同意。

それにP.J.はとっても人間的に出来ているひとらしい
2004年に「NBA Sportsmanship Award」を受賞している。この賞は、「スポーツマンシップの模範」となる人に与えられるもので、別名「Joe Dumars Trophy」とも言われている。ちなみに、2003年にこの賞に輝いたのが、Ray Allenなのであ~る。他には、AJ, Eric Snow,
David Robinson, Grant Hill, Elton Brandという錚々たるメンバー。去年はLuol Dengに与えられた。「物腰柔らかに話すBrownはCelticsのロッカールームに完璧にフィットしているように見える。」と、地元紙の記者も絶賛である。

さて、木曜日、初めて練習に参加したP.J.は、Celticであるために必要不可欠な(?!)
2つのことを教えてもらったとか。
ひとつは、「GINO」。これは、4th Qtrのタイムアウト中に、Gino Vanelliという70年代のシンガーの名前がプリントされたTシャツを着た人他が、当時のディスコティックな音楽に合わせて踊るビデオがあって、ジャンボトロンに映し出される。何故か、みんな、「GINO」のTシャツを着た人が出てくると途端に盛り上がり、「GINO~!」と叫ぶのだ。うまく説明できないけれど、Gardenに行った方ならわかるかも。
そして、もうひとつは「ubuntu」というCelticsのスローガンの意味について。アフリカの言葉が起源であり、おおよその意味は、「I am because we are」ということらしい。これってチームワーク重視するCelticsならではかな。ハドルを解く時に繰り返し言ってるのだそうだ。

Heat時代にPat Rileyの元でプレーしただけあって、P.J.はDocやTom Thibodeauの使う言葉や、システムには対応できるとは言っていたものの、「頭の中はスクランブルエッグのよう」になったとか。
彼がユニフォームを着て現れるのは、3月になってからのお楽しみということになる。

そうそう、忘れていました。彼の背番号は「93」です。由来は、NBAでプレーを始めた年であり、奥様と結婚された年が1993年であることからきたそうです。どこまでも素敵なP.J.なのでした☆
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« あれ? Bobcats @ Cel... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (もりた)
2008-03-01 00:56:06
P.Jは好きな選手の1人です。
彼は基本に忠実な安定したプレイヤーですよねー
練習熱心なところも評判ですよ。

昔TBSでやっていたNBA番組に彼が出てて、タイヤにゴムを付けたのを腰に巻いてピョンピョン飛んでるシーンがありました。何してるんですか?の問いに「こうやってジャンプ力を付けるんだ」と楽しそうにピョンピョンしながら答えてたのを見て好きになりました。

そのときに名前のことも言ってて、どうしてPJなんですか?の問いには「ピーナッツバタージャムが好きだからさ」と答えてました。とってもお茶目な当時のP.Jでした♪
 
 
 
Unknown (GoodーBoy)
2008-03-01 22:05:44
LueがKingsから解雇されたみたいですね。

KGんとこ行く?と思いましたが、Bostonには火星人(ゴメンなさぃ)がやってくるみたいですし…Pistonsにも仲良しなChaunceyが居るし来てくれないかなぁ(☆。☆)
 
 
 
もりたさん☆ (れい)
2008-03-02 00:50:17
P.J.についての情報、ありがとうございました。
Peanuts butter and Jamですかぁ。お茶目すぎます。

>練習熱心なところも評判ですよ。
やはり、そういう人がチームにいると若い選手の手本になるし、いい効果を与えますよね。
Perk, Leon,そしてBig Babyの3人は多くのことを得ると思います。彼らはいい意味で競争中ですから。
ぜひ、いろんなことを吸収して欲しいと思います。

Pistonsもそうですが、Celticsにも教わるべきプレーヤーがたくさんいますね。
若い選手にはPoseyのプレーも見習って欲しいです。
 
 
 
Good-Boyさん☆ (れい)
2008-03-02 00:54:36
>LueがKingsから解雇されたみたいですね。
えー、それは知らなかったです。
彼は気軽にサインくれましたよ。優しかったです。
KGやChaunceyと一番仲良しですよねぇ。

>火星人(ゴメンなさぃ)
いやいや、これは広く知られた呼び方なので、ごめんなさいする必要はないですよ~。
私もそう思ってるんで(笑)
これで、何度ネタにしたことか。。。でも、I love ETです♪
あの顔も、口うるさいところも、目立ちたがりなところも。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。