20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

サン・サーンス:交響詩「オンファールの糸車」

2016年11月08日 | Weblog
ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(DA)1957/11/1live

一見無邪気だが機知に満ちた小品。モノラルであまり良くない録音のため、作品の軽やかさが伝わってこない。知的に構成された作品に対しミュンシュとBSOは手慣れた調子で仕立てている。元から完成度の高い作品に余計な解釈はいらない。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シベリウス:交響曲第7番 | TOP | ☆ヴォーン・ウィリアムズ:弦... »

post a comment

Recent Entries | Weblog