20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

2017年05月18日 | Weblog
ロストロポーヴィチ(Vc)ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団(URC)1970年代live

恐らく既出盤と同じだがエアチェックもので音が悪く逆に確証がとれない。ロストロポーヴィチも粗いような感じがするが、全般にはオーソドックスに盛り上がり、すんなり聴き通せる。この人のドヴォコンに悪いものはない。だがライヴを含めると無数に存在し、解釈表現の即興性は無いのでオケ次第録音次第というところで、録音面で落第。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆マーラー:交響曲第9番 | TOP | ラヴェル:ラ・ヴァルス »

post a comment

Recent Entries | Weblog