20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、主に19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音を中心に紹介しています。

ラヴェル:ハバネラの様式による小品

2019年01月09日 | ラヴェル
ソロフィエフ(Vn)ナテルマン(P)(meloclassic)1960/1/18北ドイツ放送スタジオ録音・CD

素直な小品を率直にやっている。あまり大げさに民族様式を煽る表現を取る人ではなさそうだが、それにしても沈潜するように深い音色で、朴訥ですらある印象。ラヴェルに潜在するラテンの心がまったく浮き立たず、演奏的には良いのかもしれないが、面白さとは別だ。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 2018年末2019年始の日記~シ... | TOP | グリーグ:ペール・ギュント第... »

post a comment

Recent Entries | ラヴェル