goo

アンティークミルをご紹介します wbky-006

商品番号:wbky-006


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありましたが、本日はザッセンハウスと競い合いをしていた”KYM”社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き組み上げましたので写真にてご案内いたします。



横からご覧下さい


後ろからご覧下さい


上からご覧下さい


ハンドルのノブは木材です


金属のフードをスライドして開け豆を入れます


ラクダのロゴマークが入ったモデルです


粉を受ける引き出しの箱です


本体の内側には引き出しの箱が止まるように板ばねが左右あります


本体の底板をご覧下さい。印字がありますが判読は出来ません



組み上げる前の部品や内部の状態をご案内致します



分解した部品の構成です


金物部品です


内歯になります


拡大してご覧下さい、磨耗はありません


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の裏側です


内歯を押さえる部品で粉の挽き具合を調節する機能があります


内歯の裏側の軸を押さえプレートとで組み合わせます


固定ネジにワッシャーを入れました


歯を固定する板の厚みがあります


金属フードですがこれは分解できませんでした


金属フードが乗る胴体の箱を上からご覧下さい


引き出しのつまみは木材です


引き出しを上からご覧下さい


横からご覧下さい


裏からもご覧下さい



商品番号:wbky-006 ¥18.850-


寸法:115(140)X115(185)mm


高さ:125(215)mm


重量:900g



KYM社のミルですが製造は1950年前後のモデルになります。KYMのミルには年代的にいろいろなロゴデザインが存在していますが、このモデルではラクダのデザインが使われています。大きさは中位で正方形となっています。外装、歯の状態は良好で痛んだところはありませんが小さな傷や汚れは少しあります。大きさは使用する上で使いにくいものではなく、手頃な大きさでよいと思います。特別に凝ったデザインではありませんが70年ほど前に作られたミルならではの味わいがあります。粉の挽き具合を調節するレバーやよくボールベアリングが使われている部分の部品の構成が特徴的なモデルとなります。シンプルでしっかりとしたミルにご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文やお問い合わせはホームページのアンティークミル注文フォームからお願いします














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )