goo

アンティークミルをご紹介します wbat-004

商品番号:wbat-004


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。ボックスミルの品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日はドイツの「ARMIN TROSSER」社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面からご覧ください


横からご覧ください


上からご覧ください


豆を入れるフォードには回転式の蓋がついています


フードのつまみを回してここから豆を入れます


ハンドルのつまみは木材で出来ています


粉を受ける引き出しを抜いた状態です


引き出しを受ける本体内側には板ばねが付いています


組み上げる前の部品や内部の状態をご案内致します



分解した部品の構成です


金物部品です


古い歯の良さは材質です、削り出しの内歯です


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の裏側です


内歯と外歯を固定する金具です


ハンドルを上からご覧ください


横からご覧ください


裏側もご覧ください


この金具は内歯と外側の隙間を調節する役目を持っています


木枠の胴体の上に乗るふた部分です


胴体木枠を上からご覧ください


ロゴラベルが付いている正面側です


胴体横からご覧ください、亀裂がありますがしっかりとしています


胴体横の反対側です、こちらにも亀裂があります


胴体背側です


引き出しのつまみです


横からご覧ください


上からご覧ください


引き出しの裏側です



商品番号:wbat-004 ¥13.800-


ARMIN TROSSER社


寸法:110X110mm(ハンドル含め135mm)


高さ:120mm(ハンドル含め210mm)


重量:800g



外装の木材には亀裂が発生しているのですがまだしっかりとしている状態でお使いいただくには問題も心配もありません。アンティークらしさが十分に感じるミルです。肝心の歯の状態はとても良くまったく問題はありません。本体木枠の上部の板材と豆を入れるフードは小さなネジが使われていてフードと板材との分解は出来ませんでした。歯を固定する厚い台座が不安定で内歯の軸がずれてきしむ状態だったので、固定場所を変更しボンドで固定しました。また粉を受ける引き出しもボンドで補強しています。手頃な大きさとお値段のアンティークミルにご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、ご質問はホームページのフォームからお願いします



http://cordobacoffee.com












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )