goo

マキネッタへの思い

僕が一番長く使っているマキネッタを紹介します。かれこれ30年になりますが、いまだパッキングの交換は二回ですんでいます。多分分解をしたら元には戻らないほど硬化しているでしょう。器具の中はコーヒーの油脂成分で表面を被っています。これを汚れとみなしてきれいにしてしまうことはナンセンスです。この表面をコーティングされた状態になることによって出来上がりのコーヒーの味が良くなるのです。以前お茶の分野の方から教えて頂いたことですが、「急須を育てる」と言う言葉がありますが、マキネッタでも同じことだろうと思います。使い続けていく中でだんだんとおいしくなるって素敵なことではないでしょうか。




コーヒーの器具は水洗いだけにしています





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )