SAKIMANIA~目指せ!?日本一のカオラー~

ゴスペラーズの黒沢薫氏が超大好きで、妄想が暴走しすぎて止まらない、自称広島県一のカオラーさっきーのブログ

The Gospellers Live in Singapore 2017レポ(by野球小僧さん)

2017-10-01 21:00:25 | ゴスレポ
の、前に
個人的に残念なお知らせ。
毎月最初に当選品が8つ以上くればブログでネタにしていますが
先月は5つだったため、ネタにできず
その1つが激レアなものだったため、これは年末に
「2017年懸賞を振り返る」(仮名)で語る予定ですのでその時にでも。
ちなみに当選メールが今現在3つ来てますので来月こそはネタにできるはず。
それと、10月からさっきーが唯一見ているドラマ「相棒」が始まります。
「相棒」が放映された日はブログお休みしますのでご了承のほどよろしくお願いします。
ではではお待たせしました!
ゴス初のシンガポール公演のレポが届きましたので
心して読むがいい!!(何故上から??)

シンガポール公演はラッフルズホテル近くのドラマセンターシアターで行われました。
そんなに大きなホールではありませんが、3階席まであります。
衣装は上下白のスーツ(ツアーの時と同じかな)に、
中は白地にブルーか紺のストライプのシャツ。
実は途中までは集いと同じ曲順。
あれっ?このままいっちゃうの?と心配しました(^-^;
Fly me to the disco ball
リーダーが英語で(和訳間違っていたらすいません)
「こんにちは。初めてシンガポールにきました。今回の公演、非常に興奮しています!」と。
そして、現地のお客さんの心を掴むため、現地の人から教えてもらった
シングリッシュ「オッケーラ(OK lah)」を連発。
オッケー!のシンガポール方言的なものでしょうか(^-^;
2回目のアジアツアーが出来る喜びを語っていましたよ(^^)
星屑の街
永遠に
約束の季節
ミモザ
新大阪
通訳さんが入りMC自己紹介と(現地在住の方に向け)、
「我々のオリジナルの曲だけでなく、日本の有名な曲も聴きたくないですか?」
と、ここからカバー曲コーナーへ。
ロビンソン
やさしさに包まれたなら
そしてルーパー登場。
「Good boy!」と紹介したのに、最初はルーパーくんご機嫌ナナメ(^-^;
こんなことできますよ!的な感じで、入りはこの曲。
ウイスキーがお好きでしょ
そして「自己紹介ソング」としてこの曲を披露。
侍ゴスペラーズ
ワールドワイド的なカバーもいかが?と
Just The Way You Are
True colors
青い鳥
言葉にすれば
現地の人は初体験、マニさんは待ってました!の灼熱の後半戦!
リーダーが「Party time!」と言い放ち、後半戦スタート!
靴を履いたまま
愛のシューティングスター
1,2,3 for 5
熱帯夜
熱帯夜のジャケットプレイと腰振りですが、
白のジャケットの下はストライプのシャツだったせいか、なんだか集いの時よりエロかったです(^-^;
そして本編最後はこの曲。
ひとり
アンコールのMCでは
酒「シンガポールに慣れてきたところなので、もう1日やりたい」
黒「見ての通り、僕は歌うのが好きです。また戻ってきます!」
北「このタイミング(23周年)で来れて良かった」
安「プロサッカー選手の知り合い、アルビレックスシンガポールの友人が
『シンガポールはいいところだから来なよ』と誘われていましたが、やっと来ることができました」
村「またお会いしに来ることを約束します。
日本から来てくれた皆さんについては、これからも世界中に連れて行きますよ」とのこと。
どこに?(^-^;
Stand by me(なりきり有り)
誓い

陽ちゃんの音叉の行方は現地男性へ 。
終演後、このかたがお話されていたのは「ひとり」が好きな曲で、本当に嬉しいと。
でも、隣の女性(たぶんこちらも現地のかたかと)にあげてしまって、
めちゃ喜んでいました(^^)
会場の観客は満席でしたが、半分は現地のかたで、
思ったより現地のかたが聴きに来てくれたことと、
その反応が良かったことにリーダー大満足という感じでした(^^)
開場時にはメンバーのポスター前で画像を撮るのは
日本から来たマニさんがほとんどでしたが、
終演後に嬉しそうに現地のかたが次から次へとポスターと一緒に写真を撮っていたのが印象的でした(^^)
ライブに満足してくれたということを裏付けることなのかと思い、
こちらも嬉しくなりました。

今年は「熱帯夜」推しなの?
というくらいやたら「熱帯夜」歌っている気がするのはさっきーだけですか?
けどRIP SLYMEの「熱帯夜」は最高にドエロイぞ!
※「熱帯夜」は断然RIP SLYMEの「熱帯夜」派。
コメント (5)