裏 RjpWiki

文字通り,RjpWiki の裏を行きます
R プログラム コンピュータ・サイエンス 統計学

Python の変な仕様?(その3)

2020年12月04日 | Python

関数というのも汎用性のあるように定義するのが定道だとは思うのだが,Python の関数定義には首をかしげざるを得ないものも多い。

その一つとして,矩形を描画する関数の plt.broken_barh は,なんかおかしい。

矩形の (左下隅 x 座標,左下隅 y 座標,右上隅 x 座標,右上隅 y 座標)というようjにしてくれれば,分かりやすいし使いやすいのじゃないか?

import matplotlib.pylab as plt
import scipy as sp

def rect(x1, y1, x2, y2, facecolors="b", edgecolors="k", hatch=""):
    plt.broken_barh([(x1, x2-x1)], (y1, y2-y1), facecolors=facecolors, edgecolors=edgecolors, hatch=hatch)

rect(1, 1, 3, 5)
rect(2, 4, 5, 7, facecolors="red", hatch="/")
plt.show()

コメント   この記事についてブログを書く
« Python の変な仕様?(その2) | トップ | Hydrogen が動かない(Python) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Python」カテゴリの最新記事