万能サボテン

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水ようかん談義

2017-07-11 11:53:01 | 日記
夏になると食べたくなるもの、その一つが水ようかんではないだろうか?
アイスほど甘ったるくもなく上品な甘さで、個人的にも夏のマストアイテムだと考えている。
しかし、この水ようかんもいろいろなタイプがあるから注意しなくてはいけない。
例えばここにあるのが、二層タイプの水ようかん。
(ここで何を言いたいか分かったらかなりの事情通のはずだ)
餡だけでできた部分と、寒天の部分が重なっているタイプの水ようかんがある。
あれはお洒落的な意味合いでそうしているのだろうが、個人的にはどうにもいただけない代物だ。
まずあるのが、その寒天の層の無駄感。
こっちは餡のようかんが食べたいのに何だその無駄な部分は?
そしてそういうタイプは肝心の餡の部分もまずいのが相場だ。
そのあたりは個人的な好みの問題としても、ああいう二層タイプは外れに決まっているので避けるべきだと思う。
この話はつい先日も千葉市中央区で通っている整体でもしたばかりだが、水ようかんは全部餡のものが最高だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事