映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning



 

監督:サイモン・カーティス
キャスト:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナメイカー、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ
永遠のハリウッド・アイコン、マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリ スに赴いた際の知られざるエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの回想録を基に映画化したラブロマンス。『ブルーバレンタイン』のミシェ ル・ウィリアムズがマリリンにふんし、華やかなスターが抱える複雑な心情を巧みに表現。『ヘンリー五世』のケネス・ブラナー、『ハリー・ポッター』シリー ズのエマ・ワトソン、『あるスキャンダルの覚え書き』のジュディ・デンチなど、脇を固めるイギリスを代表する演技派たちの妙演も見逃せない。

ストーリー名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める『王 子と踊子』の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海 外撮影に対する重圧などから現場に遅刻するように。ローレンスたちに冷たくされて困惑するマリリンに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)は第三 者からの視点でアドバイスを送る。それを機に、二人は心を許し合う仲になるが……。

原作者コリン・クラーク、映画の冒頭のモノローグで説明するように貴族の家柄

マリリン・モンロー。亡くなって半世紀。アメリカのセックスシンボルだ
モンロー・ウォークは片方のハイヒールの踵に加工を少々
肉体は隠すためでなく、見られるためにあるの
私のパジャマはシャネルのナンバー5よ。
3度の結婚、薬依存症、ジョン・F・ケネディ、弟ロバートと関係
自宅での全裸の死。謎多きマリリン・モンロー

実は。私。20代前半からモンローにはまった。
お付き合いしてた彼と写真展に行き
写真集MARIRYN among friendsを買い求め・・・
今作品はモンロー主演映画「王子と踊子」(57年)の撮影中の出来事を描いた
当時、第3助監督だった故コリン・クラークさんの回顧録を基にして。
女優としてのセルフプロデュース、純粋で小心者の素顔、その両方を愛し
1週間だけ彼女と相思相愛だった1人の青年の回顧録。
美しすぎ、寂しすぎスター。誰かに愛されたかった


衣装部のルーシー(エマ・ワトソン)ともいい雰囲気に

 ブルー系で可愛い
ロンドンの街モンローが新作撮影で来る


三番目の夫。劇作家アーサー・ミラーとタラップを降りるマリリン
新作「王子と踊り子」マリリン初プロデュース
ローレンス・オリヴィエが監督共演 なのに・・・なのにマリリンは来ない
オリビエ演じる 神経質なオリヴィエ役のケネス・ブラナー

鏡の前で少女のように振るえていた彼女だ


以来彼女は遅刻の繰り返し うろ覚えのセリフ
オリヴィエ演出方法は、理解できていない。

撮影カットが上手く行った時は大変に魅力溢れてる


ミッシェル・ウイリアムズの この演じ分けの上手さ
 

映画業界に入ったばかりのコリン
コリンは彼女の世話係を務めるうちに、孤独な彼女の一面を垣間見る
心の支えの夫アーサーは・・・1週間留守
彼女の不安定さはどんどん増すばかり
素顔のマリリンは不安、おびえが全てという姿を
コリンの誠実で普通の優しさでマリリンを包み込む

演じる エディ・レッドメイン む・・・線が細すぎ




ん~コリンに対する信頼っていうのは
なんとなくだけど
彼の「ボクは味方です」って態度にすがりついたのかな

以前マリリンに恋し捨てられたのが・・・
ミルトン・グリーン=モンロープロダクション株49%キープ
演じる ドミニク・クーパー

 すっげぇセクシー

マリリンの自由奔放さは演技だけじゃない
コリンとの恋愛も似ていたわけで
でもそれはマイナスではなく「彼女の魅力さ」だったと思う
なんでコリンはあのコトバを言ったんだろう
丸ごと全ての彼女に愛で包み込んでいたはずなら
捨てて一緒に   って言えるかなぁ・・・
束縛したかったんじゃないの?

うーーん・・・こりゃコリン 7日間の恋っていう感じなんだけどなぁ

ドライバー兼ボディーガード護衛役の???
ロジャーが良かった~
台詞少ないんだけどポイント大重要な「深みにはまるな」忠告

ミッシェルのファンの方はもまた観る楽しさが違うかな??

マリリンのファンの1人としては
あ!あの頃の洋服はあんなだ、こんなだっと、思い出したり


蛇足 目に入る字幕が合って無いよ。気になっちゃった



コメント ( 2 ) | Trackback ( 4 )



« 別離 オペラ座の怪... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (KLY)
2012-04-27 02:09:27
『王子と踊子』みたけど、裏にこんな話があるとは到底思えないぐらい面白いコメディだったです。
何かちょっとおバカなんだけどそれがとてつもなく可愛いんだよなぁ。
ミシェルは凄く良い演技をしてました。ただ多分ミシェルの方がちょっとシャープなんだよね。
 
 
 
Unknown (q)
2012-05-04 22:35:59
klyさん
 セクシーであり 知的さもあって
 キュートっていうのかなぁ・・・
 マリリン・モンローは
 私の中でグレイス・ケリーとは違う意味で
 知的さのある女性なの
 ミッシェルは、削いだ感じで演じてたな
 だからコリンがねぇ(文句ぶーいんぐ)
 エディ・レッドメインが線が細すぎたー
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn (LOVE Cinemas 調布)
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エ...
 
 
 
マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...
 
 
 
『マリリン 7日間の恋』 (こねたみっくす)
永遠のセックス・シンボル、マリリン・モンロー。その評価は演技下手な三流女優、天性の才能を持つ女優、頭の悪い見てくれだけの女、天真爛漫な笑顔が永遠に魅力的な女性と様々。 ...
 
 
 
『マリリン 7日間の恋』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナ...