映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning




監督:砂田麻美 脚本:
撮影:砂田麻美 音楽:ハナレグミ
出演:砂田知昭


かみさまへのてがみ
qは先日、また繰り返して観た、砂田のパパの映画
1945年、昭和15年生まれの砂田サン
あのね。かみさまqのパパ、ちょっとカッチョイイんだよ!
趣味のテニスもスキーも40年以上のqのパパ

qパパより少しだけ年上の知昭サン
あのね。ごめんね。やっぱり今回も泣かなかった
笑った。なんか満足っていうかな・・・
んーと満足ってのじゃないな。
準備するのって「慈しむ」って感じだから・・・そうだ!!感心しちゃった!
号泣すんだぜココっていう「愛してる」 狙いの言葉だよねっ
でもね。でもね。わたし泣けなかった
娘さんの、ずっとナレーションが代弁みたいになっちゃった
んとね。qなら「qのカッチョ良いパパに、ちゃんとqの言葉で言う」
そうかぁ
カメラの前の姿って本当の姿。丸ごとだったかなぁ・・・
なんて・ね。
今。qの身体は、やっと落ち着いてくれたけど
流石に4回目の3度のやってみて
すんげぇ辛かった。泣いてる。寝られない。
ぐっちゃぐちゃに崩れて逃げそうになった

ねぇかみさま。
1個1個に自分の糧にしてるqだよ
丁寧じゃないのが 愚かだ

「産まれてからの事を全部、覚えてる!!」
ふふふん やっぱりねかっちょエエじゃんかっっ
まったくもー (=v=)ムフフ♪ 

ふろーむ 知性ある思慮深き人を目指すのは遠過ぎq



コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )



« ブライズメイ... ロボット »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
エンディングノート (LOVE Cinemas 調布)
是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンディングノートの形で書き記そうと決めるのだった…。死を...
 
 
 
『エンディングノート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「エンディングノート」□監督 砂田麻美 □キャスト 砂田知昭■鑑賞日 11月19日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画は所詮作られたものだ。  こういう映像...