映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning




監督 バリー・レヴィンソン
出演 ロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン、ブルース・ウィリス
ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチ、ロビン・ライト・ペン
クリステン・スチュワート

「ハリウッドで力のあるプロデューサー30」
さてと。それは一体


ロバート・デ・ニーロ 演じるハリウッド・プロデューサーのベン

劇中映画の主人公・ショーン・ペン  
ショーン・ペンが演じてるのだよ

異端的な英国人監督ジェレミー・ブルネルの新作の試写を観たのだ♡
が。主役であるショーン・ペンが撃ち殺されるだけでなく
彼のペットの犬まで残酷的に撃ち殺されるラストシーンは明らかに不評
スタジオの役員によってカンヌへの出品を断念したくなければ編集をやり直し
せめて犬の射殺シーンはカットするよう言い渡される。
しかしジェレミーはそれを断固拒否。
ベンはスタジオ側がただ暴力シーンの内容を改めさせるだけではないことを知る。
ベンには二番目の妻との離婚調停
そしてブルース・ウィ リスが撮影のために不必要なクマのような顎鬚を剃ることを拒絶しているため撮影が中断している問題を抱え、彼のキャリアの危機を感じさせた。
んなばかな!!!!なローラーコースターな人生を送るベンの2週間を描く。

キャスリーン・ターナー演じるは、映画スタジオの女社長ルー

撮影に入る作品の主役・ブルース・ウィリス
演じるは ブルースウィリスちゃん 
がはははは ヒゲヅラにメタボ腹
ブルースちゃんだなんて気付かないっちゅーのΛ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪


ななななんとっ!ジョン・タトゥーロ!!!!ブルースのエージェント・ディック役


脚本を売り込むスコット役スタンリー・トゥッチ
2番目のベン元妻・ケリーに ロビン・ライト・ペン
ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ ネタかよ




どんなコトが起きたって 崩れた顔はいたしませぬ ロバート・デニーロ
間違っても へろーーんな顔はいたしませぬ
そう、人呼んで「ハリウッドの田村正和サマ」化

時折つくられる、ハリウッドの内幕を描いた業界ドラマ
ワガママな業界人に囲まれているおかげで理不尽そのもの
っていうのがまた、ないす設定
要はbigマネーを動かして荒稼ぎしているギャンブラーな職業だっちゅーに
やっていることは「おぉ まい べいびぃ~ ぷりぃーず」と
子守  である

ヒゲヅラはやめぇぇぇぃっ!!!!のブルースウィリス

元妻ケリーと復縁しようとベッドに誘うんだけど
やっぱダメなワケで。
ケリーったら脚本家のスコットと♪ラブ(*-ェ-(-ェ-*)ラブ♪
o(_)o ウォオオオッッ! 嫉妬にめーらめら


まいはにーベイビー 娘のゾーイちゃん
ハリウッドのドラッグラリ男と
らぶ (๑→ܫ←人→ܫ←๑)♡らぶらぶ
     パパ ||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!
困っちゃうパパちゃんである

そこ!!!それ!!!醜いラストはカットせぇぇぇぃっ!
   だっちゅーにダダッ子 監督きかないきかない

やばい・・・オレってカンヌ行かれるか?!?!
え?!?!え?!?!!?まじやばだな
以上、 ベンちゃんのトラブル ワースト5である
┣¨┣¨┣¨┣¨(゜Д゜;)┣¨┣¨┣¨┣¨

ビジネスでもプライベートでも基本的に同じコトをやってて
同じ事で悩まされてんだよな
アクの強~い 半ば 超自己顕示欲と超我ままっぷりの人達を扱って・・・
でも。
彼ってのは野望に満ち溢れてがっつり行くぜ!という主人公じゃない
(o●>Å<)o痛い(o●>Å<)o痛い
胃に穴が開くようなエピソードの連続の日々
すーんげぇイイ女とのセックスのチャンス
うきっほんの気持ちです(*u_u)っ畄あたしを抱いて
おぉぉべいびぃ 僕のベットに(★ ̄3 ̄)∂カモン
・・・ではない彼(-_-;)(;-_-) チガウチガウ

カンヌ!!!ヤバシ!!!あぢょぉぉぉぉぉぉっっ
これぞ正しき賞レースのからくり
ゲット(ゝ∀・)/賞=興行収入=だもの

ハリウッド映画のプロデューサーってのは
すんげぇ権力をもってても、かけがえのないモノじゃないのね。

「自分の映画」という言い方をしたとき
主演俳優に即座に否定されるシーンがとても印象的
そしてベンは失策
骨までしゃぶり尽くしていらなくなったら捨てる
食い尽くされて捨てられるのだった

蛇足
WHAT JUST HAPPENED って原題
「なーーーーーーーーんか 起きたか」って意味だけど
どうして トラブル・イン・ハリウッド なんて邦題なのよぉぉぉ






コメント ( 2 ) | Trackback ( 5 )



« コップアウト... BECK »
 
コメント
 
 
 
Unknown (KLY)
2010-09-08 00:17:22
しかしどこまで本当なんですかねぇ。
回想録が元だとはいえ、枕営業もあり?そら表に出したらまずかねーかい?とか思っちゃった。(笑)
それにしても興行収入が660万ドルぐらいなのね。デニーロさんのお友達価格でギャラ押さえたとしても、どう考えても大コケ大赤字だと思うんだけど。むしろその現実の方がハリウッドの厳しさが良く解ったり。(苦笑)
 
 
 
Unknown (q)
2010-09-08 14:06:58
klyさん
そうなのよ~ 映画自体のギャランティーが気になったわ
興行収入が660万ドル程度として
出演ギャラは安くしといて
どうやっても「万人受け」する作品で無いから。売れ筋収入ではないでしょ!?
そしたら単純に「コケてる」わけで
プロデューサー生命 やばくね?!
っつか 俳優生命 ヤバくね?!?!
なんちゃって・・・
qの格言
才能は喰って捨てられるモノである
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
トラブル・イン・ハリウッド (LOVE Cinemas 調布)
『イントゥ・ザ・ワイルド』のプロデューサー、アート・リンソンの原作を映画化した。本人が脚本も担当している。ハリウッドの裏側だけでなく私生活にも振り回されて超多忙な映画プロデューサーに密着した2週間を描いたシニカルなコメディだ。主演のロバート・デ・ニーロ...
 
 
 
トラブル・イン・ハリウッド/ WHAT JUST HAPPENED (我想一個人映画美的女人blog)
都内独占ロードショー!デニーロ×バリー・レヴィンソン監督新作{/atten/} ってことで、渋谷の単館、シネマアンジェリカで初日鑑賞しちゃいました{/star/} 劇場映画、なんと半月以上ぶり{/face_sup/} バリー・レヴィンソンといえば、「レインマン」や「バグジー」の監...
 
 
 
トラブル・イン・ハリウッド (ここにあるもの)
♪ デ・ニーロのデは  デ・ニーロのデ~~~~~ ♪ (・∀・) 妙に豪華な出演陣でありながら、ぜんぜん濃くない作品。こういうの久々かも! プハっっと笑える、ハリウッドの内幕。 お財布の中の前売券がよれよれになる前に(公開が終わっちゃう前に…) 『トラブ...
 
 
 
『トラブル・イン・ハリウッド』 プロデューサーはつらいよ (Days of Books, Films )
一時期、「ディレクターズ・カット」というのがやたら公開されたことがあった。 かつ
 
 
 
トラブル・イン・ハリウッド (映画的・絵画的・音楽的)
 ロバート・デ・ニーロの映画をこのところ見ていないこともあって、『トラブル・イン・ハリウッド』を渋谷のシネマアンジェリカで見てきました。 (1)この映画は、「ハリウッド内幕シニカル・コメディの決定版」とか「映画業界の裏側、暴露します」という触れ込みで、そ...