映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning





監督:曽利文彦
出演:山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、
モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦


昭和40年代に社会現象を巻き起こし、戦後最大のヒット作に数えられるボクシング漫画「あしたのジョー」を実写映画化。『ピンポン』でスポーツ漫画 とCGの融合を評価された曽利文彦が監督を務め、主人公・矢吹丈が運命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で雌雄を決するまでを最新CG技術も駆 使して活写する。ジョーを山下智久が演じるほか、力石徹を伊勢谷友介が熱演。徹底的な役づくりで生まれた究極の肉体美も見逃せない。

ストーリー:東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーの丹下段 平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。丈はそこでプロボクサーの力石(伊勢谷友介)と運命の出会 いを果たし、やがて少年院を出た彼らは良きライバルとしてボクサーとしての実力を磨いていく。

さて。2%のCGだというコトだ
なんつっても、ツィッターでも「ジョーが山下智久だね」
と・・・失礼ながら期待と不安とが入り交ざりのやりとりもあった
ちばてつや先生も、大絶賛しておられたとのコトである

お話は、鑑別所内の試合より始まる
そして引き分けに・・・



ま。ワタクシ 「ボクシング好き」「悪役 トッテモトッテモ大好き」
「男は背筋」
なんていう、この奇跡のトリプルが揃ってしまった上に
クールビューティーな 伊勢谷氏の演じられる力石徹である




香川照之サマサマ
だって ボクシングといえば、香川サンじゃないっすかっっっっっっ
俳優しつつ、ボクサシングして・・・ガタイも素晴しい
と・・・段平おっちゃん の香川サマサマ おぅっっ


山下智久 演じる矢吹丈
何。なんてあろうか たまたま番組上で拝見していた
山下氏のウェィトダウンが為のジムのご様子
腹筋は割れ、そして、お顔が以前よりも少しばかり「ソリッド」になられたご様子
輝かしきアイドルが世界におられ、各種イベントもご多忙であられるであろう
素晴しい 矢吹丈を身体に宿し、演じられていた
誰がやっても不満は出るのはご承知の上に引き受けたのである

しかし、大変失礼ではあるのだが
いかんせん 持っておられる 品性が勝るというか
ん~~と・・・矢吹丈には、貪欲であり内なる闘志が生にあると思うので
どうもこー 育ちが良過ぎるモのが出ていたかな

決定的だったのが
力石を演じた伊勢谷氏は、とても貪欲なギラギラがあったわけで
山下氏には、その静の中にある貪欲さのギラつきが感じられず・・・

さてさて。ストーリーは・・・宿命のライバルの2人になるワケだ
 

いよいよ ウルフ金串を倒しての力石戦

す・す・す・す素晴しいのである

何がって 伊勢谷氏の演じられる力石徹
軽量時のあばら骨には、ウェィトダウンの「静かなる闘志」がみなぎる
氏の撮影前1週間で10キロ減量の「貪欲さ」
モデル時代のウェィトコントロールはどうであったかは理解出来ないが

それは、人間の身体に宿る「人生の美」とさえ感じてしまう私である

力石のグラブをつけたジョー 演じる山下氏
コレですよコレコレコレコレ
このね。ちょっと微笑むような穏やかなれど、野心家な感じ
陰ある中の強い光のようなものが感じられた

監督の演出だとは思うのだが全体を通して・・・単調過ぎたような
ちとタラーーンとはしていたような・・・

何。ボクシングシーンが大変に素晴しい出来である
そこはそこで別としても。である
「ジョー」といえは「あしたの」なのだ 並大抵ではよろしくない

誰がやっても不満は出るのはご承知
けれど、しっかりと押さえる部分は押さえなくては困るのだ

ドヤ街は、台東区は、通称・山谷から泪橋、南千住エリア

・・・う なんだコノ とってつけたモノは
う・・・ 綺麗過ぎのセット


とは言いつつも
誰がやっても不満は出るのはご承知
原作がアニメ 2時間で終えるとは、そりゃ最初から無理難題
なかなかどーして、これはこれで、良いと思えた作品だったのだ

キレイなお2人が神とも、憧れと、理想の、と冠のつく世界を
これほどまでの一生懸命必死に演じたこと
魂と命を宿した映画だった


で 続編 しないのかしらね~
ぐふふふ。あの続きも 素敵なんだけどねぇ

 

出来たら是非 



コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )



« ティーンエイ...  ハーモニー ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (KLY)
2011-02-12 23:32:24
漫画のキャラクターなんてヤマトもそうだけど、人それぞれの思い込みと主観で観てるから、所詮文句はでるよね。
だから現実として凄い体を作ってきたとか、減量が半端ないとか、パンチで歪む顔がすげーとか、客観的に観て凄いと思う部分がこの作品は良くできてたと思うの。
で、お話的にはまー正直引きこまれはしませんでした^^;
 
 
 
すごいね! (ノルウェーまだ~む)
2011-02-13 02:26:38
qちゃん~こちらにも☆
ジョーは私も正直山Pでどうなの?って思っていたけど、期待以上にすごいんだね。
何しろイケメン二人が、コレにかける情熱っていうのがしっかり伝わってきて、感心しちゃうわ。
ただイケメンだけで甘んじてないところがすごいよ。
 
 
 
番宣に にやにや~ (博士バンザイ)
2011-02-13 06:50:25
最近 この映画の 宣伝で 山pが
tvに出てくるので 喜んでいます~っ

山pが 見たい理由で 申し訳ないですが
今月中に 見に行けたらと・・・。

でも 特に いせやさん そっ そこまで?
って ほど 凄い肉体でないです??

 
 
 
 
是非チェックしつつ (q 是非肉体美)
2011-02-13 19:33:40
klyさん
 いやはや、なんてったって「あの」ジョーでごぜぇますぜ?!
大体、ジョーを映画化いたしませう
ってコトが無謀というか、明らかに「明暗は・・・」でせう?!?!
しかし、力石の伊勢谷氏、爆裂のガチだったし、このウェィトダウン前後の彼の違い
いや。山下氏とて、演技力も確実に「俳優」してたぜごぜぇまする
んがっっっっ。我輩、イマイチぐんぐん引き込まれる事にならなかったでごぜぇまする

まだーむ
これ。世代によって感想が違いそうで面白いかもしれない
それこそアイドルという世界の方が、ここまでボディーを鍛え上げ挑んだし、イケメンなモデルであられて、芸術家の御方が肉体をソリッドに仕上げ、表情1つで力石サマサマを演じる
ファイテティングシーンにおいては、素晴しいファィトだったし
これに挑むお2人の真剣さ
見事だったわよん

博士
そそそそ山下氏は、なかなかどーして、ご多忙な氏には厳しいトレーニングだったと思いつつ・・・
氏の鍛えた身体には輝かしいモノだったの。そして、山下氏の「ふっ」とした笑みの中にあるモノ
なかなかどーして、内に秘めた強さを感じたりしてたわよん(*^-゜)vィェィ♪
是非是非
 
 
 
ちわーっ (yukarin)
2011-02-14 12:40:20
いや~燃えたわっ。
山Pも伊勢谷サンも最高でした。
最初は爆笑ものだった香川段平も途中からおっちゃんそのものだった。
思いの外出来が良くて2回目昨日行ってきちゃったよ。
物語の大事なカットや余計なシーンはいろいろ思うところはあるけれどボクシングシーンが素晴らしかったんでOKっす。
 
 
 
おぉぉぉぉ (q  男は背筋)
2011-02-15 20:51:39
yukkarin
何々 2回、観たとな~
確かに、山下氏は俳優になってきたね
私は 原作からして、力石の大ファン
伊勢谷氏の演技には、はぅぅぅぅってファンじゃないのに、感動してたの
そしたら香川サマサマよ
んもぉぉぉぉぉぉぉっっ
素敵過ぎっっっっ
男達の色香も感じたりしたわ
ま~ちと、平坦だったけど
なんてったって「あの」ジョーだものね

 
 
 
Unknown (えふ)
2011-02-19 16:52:10
ドヤ街の汚さと白木ジムのキレイキレイなジムは
えらいギャップがありましたね(苦笑
白木ジムはまるで未来かよ?とおもっちゃいました。
山Pもキレイすぎでした(笑
でも役者としてはよく演じてましたね。
 
 
 
うまいっっっ (q 白木ジムが!!!!)
2011-02-19 21:10:04
えふサン
 うまい表現だわ~「白木ジムの綺麗っぷり」には違和感があったのよ
なんか、みょーに浮いてたの
出来れば そういうのもきちんと描けば
もっと良かったのにな~
そそそそ
山Pの綺麗なジョーも「ま~綺麗な人だし」と観てたよ~
 
 
 
持ってるモン。 (mori2)
2011-02-22 23:16:12
ほんにこれは“持ってるモン”の
違いだったと思います。
山P、決して悪くないんですが、
いかんせん育ちが良すぎる!
ギラギラしてね~!
それに対する伊勢谷クン、怖いって!
映画であんなことしたらアカンて(^^;!

はて?続編はあるのか?
山Pは、真っ白に燃えつきるのか??
 
 
 
素材は美しいのがちと (q それぞれの思い)
2011-02-23 21:19:53
 mori2さん
 うむむむむ
なるほど 育ちが良すぎるか!!!!
そうなんだよねぇ・・・
ジョーというのは、もっともっともーっっと 薄汚れてヨレヨレしてて、ギラギラのギラつきが無いとダメよね~「暗澹」としてるイメージも加えて~
だから、逆に、力石サマサマサマ演じた伊勢谷氏の演技パワーが冴え渡ったのかも
だってぇぇぇぇんっっっ
愛しの力石サマサマを あのお顔で演じるとどんなかしら?と思ってたら
んま~~~なんて素敵な力石サマサマ
 
 
 
Unknown (SGA屋伍一)
2011-03-16 19:58:01
qちゃん『あしたのジョー』、一応原作も知ってるんだ。てっきりわたしより若いかと思ってたんだけど、もしかして同世代くらい? 答えづらい場合はスルーしてくだされ(笑)

わたしは『ジョー』ももちろん好きだけど、ボクシング漫画では『はじめの一歩』や『ZERO』なんかもけっこう好きなり
 
 
 
1週間で?! (ノルウェーまだ~む)
2011-12-15 00:41:37
qちゃん、こんばんは☆
伊勢谷くんは1週間で10キロ痩せたの??
どうやってーっ???
凄いねぇ。その闘志こどが、演技のぎらぎらにきちんと出ていたんだね。
さすが役者魂!

山Pも急がし仕事の合間(NEWS的にはあまりなさそうだけど)のトレーニングであれだけ腹筋割れをつくるなんて、マジ尊敬しちゃうよ。
いかんせん、育ちのよさが出ちゃうのは私もきになったなぁ。
力石ほどの貪欲はなくてもいいから、もう少し貧乏くささを出してほしかったね。
 
 
 
むふふふ  (q 男は背筋だぜっ)
2011-12-16 20:52:19
まだむ
ね~伊勢谷氏のギラギラしてて
それでいてオフモードで冷めているようで
中はライバルに対しての闘志の思い
またあの背筋が凄い素敵
山Pにしても
誰がやっても「ジョーはねぇ・・・」
って比較されるのをよくぞ演じたなぁ~って
あの肉体作りも感心しちゃったわ
そう。いかんせん「オソダチの良さ」が
残念だったかな
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。