映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning




監督: 君塚良一
キャスト: 佐野史郎, 筒井道隆, 佐藤浩市, 西田敏行, 酒井若菜, 國村隼, 勝地涼, 志田未来, 柳葉敏郎, 緒形直人, 沢村一樹
ストーリー“一切報道されなかった被災地の記録“と大きな反響を呼んだ石井光太のノンフィクションを基 にしたヒューマン・ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本家、君塚良一が監督を務め、西田敏行演じる主人公を軸に東日本大震災の知られざる真実を描く。 未曾有の大災害に直面した人々は死とどう向き合ったのか? いま明かされる真実が深い感動を呼ぶ。
震災の知られざる事実を伝えてベストセラーとなった
ジャーナリスト・石井光太氏のルポルタージュ本「遺体 震災、津波の果てに」(新潮社刊)

映画となって 、「遺体 明日への十日間」
私の従兄弟の奥ちゃまのご実家は、福島の原発エリア即近で
当時、奥ちゃまのパニック状態に、赤ちゃんを抱っこしても落としてしまう
夜中、私の所に会いに来たコトも幾度もあった。
釜石エリアは、毎年夏に行く安比高原と共に行くエリアだ。

ただ単に、コレだけで、私は観ても良いのか?
いや。観る事も大切で必要な「魂と現実」なのだと思える

震災時 死者・行方不明者1100人もの犠牲を出した三陸の港町釜石での、遺体安置所をめぐる極限状態に迫ったルポルタージュ

津波が岩手県釜石市を襲った。
一夜明けても混乱状態が続く
廃校となった旧釜石
第二中学校の体育館
遺体安置所として使われることに
次から次へと運ばれてくる遺体
警察関係者や市の職員も
戸惑いを隠せない。
しかし・・・冷静に、場を保ったボランティアの相葉演じる西田敏行
暖房・水・電気も無いボランティアに食事はあり得ない
そのような中での飲料水で身体を清めていくのは何故か?!?
そう。実は 相場は、元葬儀屋サンなのだ
運ばれ、番号ではなく、きちっと御名前で
マッサージは丁寧。遺体との「会話」のように

その体育館に「ふっと流れる温度の上がり具合感」
その人の行動が、他のスタッフ達にも伝わり
ご遺体との接し方も換わっていく

 遺体安置所となった体育館にのみ
死体では無い。ご遺体だ!
現実は丁寧に誠実に描いてあると思えた
ただ。これは ルポの映像化
実際に体験していた知り合い等の
リアルで本当の人間の世界と違う

でも。こういう現状が「たった一つのパーツ」でも描いているのを観たコトは
私の中で、これからも小さくも「きちっと」捕らえる事は出来るはず
そこは 被災者でもあり。
役割は現実が全てで、犠牲になった方達へとの気持ちから
冷静に早く家族と会えるように人々は生を尊んで行動していた事実

遺体安置所の10日間

この「真実」は報道も、メディアも伝える事すら出来なかった

私の従兄弟の家族のコトが無かったら
この 東北の震災被害の多々の事を受け止めていなかったと思う

自分が恥ずかしく無く
この全てを「風化」という言葉を使う方達に申し上げたい
全て「現実」「生死」「絶望」
記憶ではない 未だ解決できぬ問題も多々おありなのに
現実は「風化」せぬのであるのだから

この記事を書くのに 迷って迷った私


 

従兄弟のお嫁ちゃんから何時も「qちゃーーーん」と慕われ
この映画の話をして記事upするコトに賛成してくれたので
少しだけだが、私のつたない文章で書いた



大丈夫。少しだけでも私の心の中に刻んだ事実だ。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 5 )



« 世界にひとつ... ジャンゴ  »
 
コメント
 
 
 
迷うよね (ノルウェーまだ~む)
2013-03-02 23:23:37
qちゃん☆
身近な人が被災されていると、本当に軽々しくレビューを書くことがどうなのか?と迷ってしまうよね。
私はお友達から是非書いて!と言ってもらえて、なんとか勇気を振り絞って書けたわ。
風化なんてするわけないし、まだまだ傷が生生しいのに、もっと違う表現をしてほしいよね。
 
 
 
忘れないように (rose_chocolat)
2013-03-08 08:52:15
忘れてしまうのが最もいけないんですよね。
震災から2年、いろいろなことを忘れつつある私にとっては、観ないといけない作品でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「遺体~明日への十日間」真摯な気持ちで向き合う (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
同じ日に別の試写会も当たっていた私。 でも、私はこの映画を観なくては。 正直、まだ時期尚早なのでは?という思いが鑑賞後も強く残ったのは事実。 しかし震災時多くの方の尽力があってこそ、亡くなった方々とそのご遺族の魂が共に旅立ち見送る事ができたと、あえて伝...
 
 
 
遺体 ~明日への十日間~ (いい加減社長の映画日記)
これは、観ておいた方がいいかと思って・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 東日本大震災発生後、混乱状況の中、数多くの遺体が発見され、遺体安置所に運び込まれることになった。 次々と運び込まれてくる多くの遺体に戸惑う警察関係者や市職員たち。 そして....
 
 
 
『遺体 明日への十日間』 哀悼の意を表して (映画のブログ)
 葬儀――死者を弔うこの儀式は、私たちにとって極めて重要なものだ。  家族や友人、親しい者を亡くしたとき、人は深い悲しみに囚われ、茫然としてしまう。悲しみの淵に落ち込んで、何もできなくなってしまう...
 
 
 
遺体 明日への十日間  (to Heart)
2011年3月11日 あの未曾有の災害に直面し 困難な状況と向き合った人々がいた 彼らには、 悲しむ時間さえ無かった 上映時間 105分 原作 石井光太 脚本:監督 君塚良一 音楽 村松崇継 出演 西田敏行/緒形直人/勝地涼/國村隼/酒井若菜/佐藤浩市/志田未来/筒井道隆/沢村一....
 
 
 
『遺体 ~明日への十日間~』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 君塚良一 出演: 西田敏行 、緒形直人 、勝地涼 、國村隼 、酒井若菜 、佐藤浩市 、佐野史郎 、沢村一樹 、志田未来 、筒井道隆 、柳葉敏郎 TOHOシネマズフリーパスポート 3本目 公式サイトはこちら。 間もなく東日本大震災から2年が経つ今、本....