森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

智慧の学問[2]

2017-07-31 10:19:43 | 人生

  智慧の学問[2]

   前回に、荀子の教え「本当の学問というものは、立身出世や就職などのためではなく、窮して困[くる]しまず、
  憂いて心衰えず、禍福終始を知って、惑わないためである。」と紹介しました。もう少し詳しく申しますと。
   世の中には相当の人でも、道徳とか宗教とかいうものを誤って解釈している。道徳や宗教、悟りを修めることは、
  悲しんだり、喜んだりせぬようになることと思っている人が少なくない。
   道徳教育を来年から教科として本格的ともうしますか、授業に組み入れられることになっています。しかし、宗教
  の問題はあまり突っ込んだ議論も聞かれません。政教分離が憲法にあるためか、有識者も大きな声をあげていません。
  道徳を考えるのに、宗教に触れないということは実に情けないことです。道徳と宗教というものは共に人間の崇高な
  精神の問題であり、欠かすことができない一体としての要素だと思います。

   学問・道徳・宗教を修めるということは、人間がもっとも人間らしくなることであります。人間ががもっとも自然の
  真実に錬成されることで、人間がただの知識ある動物になることではありません。
   心配事があって心配するということは人間として自然のことでありますが、そのために意気地なく過剰に苦しんだり
  意欲も生きがいも、張りもなくなったり、うろたえたり、仕事が手につかなくなったりしない。重大な心配事でも一時経
  てば、平常と変わらず仕事や家事に勤しむというのでなければならないと思います。そのような心境になるための学問
  である筈です。


 

  このアザミの花は、砂利地に人間の手を一切かかわらないで、自らの生命力にて凜として咲いています。
 来年にも子孫を残して自らの生を楽しみ、役割を果たすことでしよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桔梗・智慧の学問

2017-07-30 14:08:47 | 人生


 桔梗の花がやっとさきました。花によっていろいろな時期に咲いてくれるのは、楽しみが継続できます。隣の赤い花(名前がわかりません)も同時に咲きました。


  智慧の学問

   来年の4月から小学校で「道徳」を正式科目として教えるそうです。教科書を読みながら教えることになるのでしようが、本来、道徳というものは知識として
  学ぶべきものでは無く、生きた人間が日常生活において実践している姿を見せながら、子ど達に感じさせるものではないだろうか。

  「ほんとうの学問というものは、立身出世や就職などのためではなく、窮して困(くる)しまず、憂えて心衰えず、禍福終始を知って、迷わないためである。[荀子]
  先日老人会で親しくなった方が、来年から道徳教育が正式に始まるので、孫のために自分も道徳について学んでみたい。ついては、あなたもそのサ-クルで一緒に
  学びませんかと声をかけて頂いた。丁重にご遠慮したが、年寄りがいまさらという感じがした。

   もちろん職業のための学問・知識が必要なことは言うまでもありません。知識社会がこれほど普及している時代であるから、最もなことであろう。その反面、智慧の
  教育というものが、等閑視されている。もっと年寄りの体験を通して身に着けた智慧を子供や孫にあたる人たちに教えるべきだと思う。

   そこで人間として身につけるべき第一は何であろうか。先に紹介した荀子の言葉にあるように、必要以上に困しまない、心衰えない、迷わないための学問です。
  そのことを「人間の本質的完成のため」とも言っています。老人会の友人、今学校においていわゆるいじめがあり、自殺する子供絶えない、だから道徳教育が必要
  という。これは余ほど気を付けないと、道徳教育をすればするほど、子供の自殺が増えることにならないかと心配です。学校では、人の命の大切さ、他人に対する
  思いやりといった他人に対する配慮を教えることになるだろう。その結果、他人に配慮の度合いが過ぎてしまった時に、自分が行き詰ってしまうことに陥らないかを
  心配します。人として、明るく、元気に、伸び伸びと日々を送ることが大切であり、何か小さな箱に閉じ込められたような思いを抱かせないようにしなければならない。
  そのようなことも含めて、若い先生たちが子供に適切な道徳教育を強く願うものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見晴らし台 じゃがいも

2017-07-29 16:51:43 | 野菜


  ブル-ビニ-ルシ-トで水たまり装置を作りました。その翌日に札幌も大雨で、水がたまりました。
  ジャガイモと豆類は順調よく育っているようです。

  見晴らし台の第一段階が目途がつきました。これで補強を重ねて行けば2、5メ-トルの高さの
  見晴らし台が出来僧です。お盆休みに集中して作業する予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花火

2017-07-23 08:11:47 | 日記
 

 22日の花火がマンションから見える正面に打ち上げられています。うまく撮れていないのが残念です。札幌の20時はまだ西の方は薄暮です。
 この花火は地元町内会の夏祭りのものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花と雨

2017-07-18 07:49:45 | 花と樹木
 

  曇り時々雨の降るここ数日、暑い最中の清涼を味わっている花々
  あざみの花は、名もない雑草たちに交じって綺麗な花をさかせてくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加