私的感想:本/映画

映画や本の感想の個人的備忘録。ネタばれあり。

『キーリ 死者たちは荒野に眠る』 壁井ユカコ

2007-02-21 19:18:03 | 小説(ライトノベル)


霊感が強く、霊が見える少女キーリ。彼女は冬の休暇中、不死人の青年ハーヴェイと、小型ラジオの憑依霊・兵長と知り合う。キーリは彼らの旅に勝手についていくことに…
第9回電撃ゲーム小説大賞を受賞した、壁井ユカコのシリーズ1作目。
出版社:メディアワークス(電撃文庫)


エンターテイメントとして、単純におもしろい。そう素直に思える作品だった。

霊感が強く、幽霊が見える少女が旅をするというお話だ。
そこで出てくるエピソードのつなぎのうまさと、テンポの良さにただただ舌を巻く。特に前半部の各エピソードは短編として切り取ってもいいくらい、端正できれいにまとまっている。加えて、その後の展開を思わせる内容が含まれていて、その手腕は見事なくらい鮮やかだ。
もちろん後半の怒涛の展開も含めて、かなり上手に組み立てられた作品である。思わず一気読みをしてしまうほどだった。

本書はロードムービー、ホラー、アクション、恋愛の融合系ともいえる作品である。それらを無理せず組み立てて、メインの二人を光らせている様がすばらしい。
めんどくさがりのハーヴェイが心を開いていく姿、キーリがハーヴェイと兵長と離れたくないと思う過程が、エモーショナルで極めて感動的である。その恋愛すれすれの二人の思いの暖かさが胸に深い余韻を打つ。満足の一品だ。

評価:★★★★★(満点は★★★★★)
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ルワンダの涙」 | トップ | 『春期限定いちごタルト事件... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説(ライトノベル)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事