イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

無明時代のアラブ半島の状態、宗教2

2018年11月30日 | 封印された美酒

彼(ﷺ)がお生まれになる前のアラブ世界の状態、特に当時の人々が信奉していた宗教についての続き:
ゆがめられたイブラーヒーム様の唯一神信仰からはずれて多神信仰・偶像崇拝していた人たちは、占師や占星術師の言葉も信じていた(もちろんイスラームでは禁止)。
無明時代を生きていた人たちはイブラーヒーム様の教えすべてを棄てたわけではなかった。神殿を神聖視し、その周りを回る(タワーフ)、巡礼(ハッジ)、小巡礼(ウムラ)、アラファの丘滞在、ムズダリファ滞在、犠牲屠殺は行っていた。
クライシュ族(ムハンマド様(ﷺ)もこの族から出ている)は、自分らはイブラーヒーム様の子孫であり、聖地の民、神殿の管理人、マッカの住人であることで他とは位が違う(自分らを”フムス”と呼んだ)としていた。そのため自分らが聖域から出ることは相応しくなく、そのためアラファにも(巡礼時に)行かないとし、アラファからではなくムズダリファから神殿へと移動したため、アッラーは彼らに関して次の聖句を啓示し給うた:【それで,人びとの急ぎ降りるところから急ぎ降り,アッラーの御赦しを請い願いなさい。】(2章199節)
その他にもクライシュ族は特別意識から自分らに色々と制約を設けていた。
こういった多神崇拝、偶像崇拝そして幻想、迷信への信仰が大概のアラブの信仰だったが、ユダヤ教、キリスト教、拝火教、サービア教それぞれは何らかのかたち(土地を追われて移住してきた、帝国との国境近くのアラブ人が影響を受けて改宗等)でアラブの中に入っていてもいた。
多分続く。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 無明時代のアラブ半島の状態... | トップ | 続)ムスリムの子ども教育-3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

封印された美酒」カテゴリの最新記事