イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

預言者伝37

2012年11月27日 | 預言者伝関連
122.戦いと殉教に息子を急き立てる母親:
  信徒の母であるアーイシャさま(御満悦あれ)がハーリサ家の砦に女性信徒たちと滞在していた時のことです。当時はまだ彼女らにベールが命ぜられてはいませんでした。そんな彼女らのもとに、短い鎧を身に着けたサアド・イブン・ムアーズ(御満悦あれ)が立ち寄りました。彼の両腕がすべてむき出しになるくらい、その鎧は短いのでした。詩を口ずさむムアーズにその母親が言いました:息子や、早く戦いに出かけた人たちを追いかけなさい!おまえは相当遅刻してしまったわ。アーイシャ(御満悦あれ)も次のように言いました:私はムアーズのお母さんに言ったのです。ウンム・サアド(サアドのお母さんの意。敬称の一つ)、アッラーに誓って、私はサアドの鎧がもっと長ければ良いのにと思うのですが、と。
  しかしアーイシャ(御満悦あれ)が恐れていたことが結局起きてしまいました。サアドは弓に撃たれ、腕の血管が切れたことを原因に、クライザ家の戦で殉教者として亡くなりました。

123.諸天と地の兵士はアッラーに属する:
  多神教徒たちは信徒らを取り囲みました。まるで大隊でできた砦で彼らを追い込んだかのように。多神教徒たちは信徒らを一か月近くしっかりと包囲することで、より一層、試練に厳しさが増しました。偽信仰が露わになり、マディーナへ帰ってもよいかとアッラーの使徒(祝福と平安あれ)に許可を求める人々が現れました。「また、彼らの一部は預言者に(自宅に戻る)許しを願い出て、言う、「まことに、われらの家は脆弱(ぜいじゃく)(無防備に剥き出しに晒された状態)です」しかしそれは脆弱(ぜいじゃく)(無防備に剥き出しに晒された状態)ではない。ただ、彼らは逃亡を望んだにすぎない。」(部族連合章13節)
  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)と教友たちはまさにアッラーが描写し給うた通りに恐れの中にいたわけですが、そこにガタファーン家のナイーム・イブン・マスウードが現れます。「アッラーの使徒さま!私はイスラームの教えに入りました。しかし私の民はまだこのことを知りません。お役に立てるはずですから私に何でもお命じになってください。」とナイームは言いました。その言葉にアッラーの使徒(祝福と平安あれ)は、「あなただけが今、頼りになる男です。可能なら敵たちが私たちに失望するよう、仕向けてもらえませんか。戦争とはまさに欺きですから。」と言われました。
  ナイームはクライザ家(ユダヤ人)に赴き、自分たちがクライシュと同郷でないガタファーンに対して取っている立場や忠誠心、本来の常住している近隣者であるムハージルーン(マッカからマディーナに移住した先代ムスリム)とアンサール(マディーナで移住者を援助したムスリム)に敵対することは間違いなのではないか思わせる話をしました。またナイームはクライザ家に、クライシュとガタファーンの貴族から担保を受け取るまでは一緒に戦ってはならないとも助言しました。すると彼らはナイームに、「良い意見を頂戴した」と言いました。
  次にナイームはクライシュに赴き、自分の誠実さと助言の大切さを強調し、ユダヤ人たち(クライザ家)が自分たちの行ったことを後悔し、約束の保証のために、クライシュの貴族数名を差し出すようあなたたちに求めてくるだろうと伝えました。またクライザ家がその貴族たちを預言者(祝福と平安あれ)と教友たちに引き渡して、首を切って殺させるつもりでいるのだとも言いました。ナイームはガタファーン家に赴いて、クライシュに伝えた同様の内容を話しました。そうしたことで両者(クライシュと、クライザ家ユダヤ人)は防衛することとなりました。クライシュの人々の心はユダヤ人に対する憤りでいっぱいになり、各人それぞれは一緒に戦う仲間に恐れを抱くようになりました。
  そしてアブー・スフヤーンとガタファーン家のリーダーたちがムスリムたちとの熱い戦いを望んだとき、ユダヤ人たちは怠けて、クライシュの貴族を担保として差し出すよう要求してきました。このとき、クライシュとガタファーン家はナイームの言っていたことが真実であると知ったため、ユダヤ人たちの要求を退けたのですが、このこともユダヤ人たちにナイームが言ったことが本当であると思わせました。このように、両者とも欺かれ、団結の絆は解けることとなりました。
  またアッラーが部族連合軍に冷たい強風を送り給うたことで、彼らの住まいや家財道具は吹き飛ばされてしまいました。立ち上がったアブー・スフヤーンは言いました:「クライシュの衆よ!もう留まっていられない状態になってしまった。食料も何もかも吹っ飛んでしまった。クライザ家には裏切られてしまった。それでこの強風に見舞われるしまつだ。料理は作れず、火もつけられないし、テントも建たない。皆の衆、帰途に着け。わしはもう帰る。」
  そしてアブー・スフヤーンはラクダにまたがって帰っていきました。
  ガタファーン家はクライシュがしたことを耳にすると、自分らも故郷に戻っていきました。祈りに立っていたアッラーの使徒(祝福と平安あれ)のもとに、かつて部族連合軍にスパイとして彼が送ったフザイファ・イブン・アル=ヤマーンが戻ってきて、彼に見てきたことを報告しました。朝になるとアッラーの使徒(祝福と平安あれ)は塹壕から離れ、マディーナに向けて出発しました。それに従うように信徒らは武器を置きました。アッラーは真実を仰せになっています:
  「信仰した者たちよ、お前たちへのアッラーの恩恵を思い出せ。お前たちのもとに軍隊がやって来た時のこと。それでわれらは彼らに風とお前たちには見えない(天使の)軍隊を送った。そしてアッラーはおまえたちのなすことについて見通し給う御方。」(部族連合章9節)
  「そしてアッラーは信仰を拒んだ者たち(部族連合軍)を彼らが(負けて)激怒するままに(マディーナから)退け給い、彼らは良いものを得なかった。そしてアッラーは信仰者たちを戦闘において守り給うた。そしてアッラーは力強く、威力比類なき御方であらせられた。」(部族連合章25節)
  以上で戦は終わりました。クライシュはその後、信徒たちに戦いを挑むことはありませんでした。アッラーの使徒は言われています:「今年以降、クライシュがあなたがたを襲ってくることはありませんが、あなたがたが彼らを襲います。」
  信徒側の殉教者はおそらく7名、多神教徒側の死者は4名でした。

 (参考文献:「預言者伝」、アブー・アルハサン・アリー・アルハサニー・アンナダウィー著、ダール・イブン・カスィール出版、P254~257など)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 76章解説【1】 | トップ | 76章解説【2】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

預言者伝関連」カテゴリの最新記事