あけましておめでとうございます

2019-01-02 14:03:27 | 日々のこと(一般)
例年正月に初詣の様子を書くのですが、昨年は行くのが遅かったので書きませんでしたが、今年は明けてから数分後に初詣をしました。訳あって遠方地域の神社で初詣したので、細かなことが例年とちょっと違うのが新鮮でした。
 まず参拝客10人くらいで整列してもらい、まとめてお祓いをしてくれるのです。ありがたやありがたや。
 そして参拝者から一人に前に出てもらい、その人が先導する形で合わせて二礼二拍手一礼するので、所作がバラバラでなく揃っています。なかなか気持ちがいい。
 そしてお守りを買います。これが、安い! しかも縫製が立派! 2〜3年前、京都の有名神社に行ったとき、あまりの高さとちゃっちい仕上がりを見て、結局買いませんでした。その記憶があるので、今年は2つも買ってしまいました。かえって高くついたのではないかって? いやそんなことはありません。それにしても2つも買うなんて? もちろん全く同じものを買ったわけではなく、開運厄除けと、もう一つは・・・商売繁盛です。商売などしていないでしょうと言うかもしれませんが、私にとっての商売とは、研究のことです。
 そしてふるまわれる甘酒。これが熱々で、紙コップになみなみと注がれる。指にこぼすと熱いので、縁と底を持って揺らさないようにしているのが大変です。これは飲み干すのに時間がかかりました。しかし、標高のある寒いところにある神社だったので、寒さしのぎにはバッチリでした。

 普段あまり考えたこともありませんでしたが、誰の助けを借りるでもなく勝手にお参りするのも自主独立の気風がしていいものですが、神官さんにお祓いしてもらうというのはまた一層ありがたいものですね。自分で肩を揉んでもありがた感はありませんが、床屋さんで揉んでもらうとふぅ〜クターっとリラックスしますからね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年の墓碑銘 | トップ | 今日の日経の一面 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のこと(一般)」カテゴリの最新記事