とある自称名誉逗子市民の日記

音楽と本とスポーツが好きなとある一般人の日記

掴めない

2009-09-29 23:17:59 | Weblog
 休暇明け二日目。
 まだ、仕事のペースがつかめません。

 今週は、こんな感じで終わるかもしれません。


 ~屋久島(その3)~

 12時15分に下山開始

 下りも○よたさんは早すぎるので、先に行ってもらうことに。

 下り始めて、10分で身体に異変
 右膝に痛み

 その後も歩き続けましたが、痛みはドンドン悪化。
 少し曲げるのも痛みが酷くなってきました。
 
 下りだと辛いので、たまの登りが嬉しいという滅多にない状態

 午後3時頃縄文杉に到着

 行きよりも雨が弱かったので、写真撮影
 後で、表情を見たら、疲れきっていました。

 頂上から縄文杉まで2時45分。
 何と、下りの方が時間がかかってしまいました。

 ライトがないので、夕方までに登山口に戻る必要があるので、ペースをあげたいところですが、
 右膝が痛すぎ

 夕方までに戻れるのか、本気で心配しました。

 ウィルソン株には、3時30分頃到着

 ここで、○よたさんと管理人は、水を切らしました。
 登山口までの残り8キロ弱は、水なしという厳しい展開。

 トロッコ道には、4時頃に戻ってきました。

 ここからは、平坦なので、膝の痛みも弱まるので、一気にペースアップ

 喉の渇きと戦いながら、疲れと痛みで心が折れそうになりましたが、
 気持ちだけでハイペースを維持

 そして、5時15分に荒川登山口到着

 ホントに辛い登山でした。
 下りは富士山より確実に辛かったです。

 到着したときの、安堵感はどんな登山より大きかった

 夕食後で、ドラッグストアでサロンパスを購入し、
 寝る前に、両脚に合わせて12枚貼って就寝

 翌日は、白谷雲水峡散策

 もののけ姫の森として有名なところです

 コケとか奥行きのある自然とか、もののけ姫の世界そのものでした

 見てよかったのは間違いないですが、足の痛みは酷かったです

 その後は、天気が良いので、砂浜等を散策し、空港へ

 2泊3日の屋久島でしたが、メジャーなところは大体見ました
 何度でも行きたいと思わせてくれるところでした。

 近いうちに、また行きたい


 今日の一枚
 ”仙台市街”
 
 青葉山から見た仙台市街です。
 理路整然と都市計画が進められた印象を持ちます。 
コメント

予想通り

2009-09-28 22:27:54 | Weblog
 久しぶりに出社

 来てるね、沢山メールが。まあ予想通りだ。

 そして、今朝、僕は新しい武器を手に入れた。

 それは、僕もスピードの向こう側に誘ってくれるかもしれない。

 その武器の名は

 OGASAKA-XX

 早く山に雪が積もらないかな。


 ~屋久島(その2)~

 5時45分に荒川登山口に到着。

 既に、多くの登山客がいた。
 結構、年配の方が多かった。まあ予想通り

 最初は、ひたすらトロッコ道
 趣あります

 歩くペースが早いので、ドンドンごぼう抜き
 トロッコ道が終わるまでに、100人くらい抜いたかも。

 トロッコ道が終わると、一気に傾斜が辛くなりました。
 登山だから当たり前ですがね

 森の中を歩く登山道は、気持ちよかった
 居心地がいいし、やっぱり自分は登山好きなことを実感

 登山開始時は雨は降っていませんでしたが、ウィルソンカブに着くころには、
 雨脚が激しくなった。

 ということで、レインウェアの出番

 そうこうしているうちに、有名な杉達を拝見
 大王杉に大きさにビックリ

 圧倒的です。
 ポカーンとしてしまいます。

 それから、もう少し歩くと、当初の目的である縄文杉に到着

 これが縄文杉か、と感傷に浸る管理人
 これまた圧倒的。

 しかし・・・

 ”確かに大きいけど、大王杉の方が大きくないか” by ○よたさん
 ”自分もそう思います” by 管理人

 縄文杉の後は、とりあえず少し離れた休憩場で昼食

 でも、まだ9時15分。

 ガイドブックでは、荒川登山口から縄文杉までは4時間半と記載がありますが、
 2時間半で到着してしまいました。

 ○よたさんと相談した結果、とりあえず頂上に向ってもう少し登ることに決定

 管理人と○よたさんは、ライトを持っていなかったので、夕方には登山口に戻る必要があるので、
 それを考慮して登ることに

 ここからは、○よたさんが登るのが早すぎるので、基本は単独行動
 途中途中で待ってもらうことに。

 縄文杉から頂上を目指す登山道は、雑音が少なく、自然をしっかり感じることができた
 いたるところで鹿が出没
 登山道をふさいで、たまに困ってました。

 そうこう30分ほど歩いていると、天候が回復
 木漏れ日が登山道を照らしてきました

 ”これは頂上行くしかないんじゃないのか” by ○よたさん
 ”九州最高峰ですし、行きたいっすね” by 管理人

 一気に、頂上まで行くことが目標になりました。

 縄文杉から頂上(宮之浦岳)までガイドブックで4時間半。
 夕方までに帰ることを考えると、少なくとも3時間以内で登る必要があり。

 少しペースを速め、頂上目指して、ヒタスラ歩きました。
 
 途中、かなりキツイところもありましたが、11時45分登頂

 九州最高峰に到達できました

 頂上の天気は曇りで景色は全く見れませんでしたが、達成感と充実感に溢れてました

 しばし、頂上でポケーっとしてました
 何となく自分が地球にいない印象を受けました。

 ”ガイドブック上、9時間のところ、5時間で登っているから、オレラは何だかんだポテンシャルあるよ” by ○やたさん
 ”どうっすかね。そこそこじゃないですか” by 管理人
 ”さて、日が暮れる前に帰るとするか” by ○よたさん

 12時15分下山開始。

 ここからが、ホントの登山だった。


 今日の一枚
 ”袋田の滝”

 エレベータを昇ったところにある展望台からの一枚。
 下からは見えない風景だ。

 違う滝に感じる。

 モノは見方によって、与える印象が違う。
 それを実践している滝だ。
 
コメント

終了

2009-09-27 23:14:22 | Weblog
 本日で長期休暇終了

 休暇前も学会だったので、明日は久しぶりのデスクワーク。
 仕事もモッサリだろうし、メールもモッサリだろうし、気が滅入らないといえば嘘になる。

 でも、何だかんだやるのが管理人スタイル


 ~屋久島(その1)~

 屋久島に上陸したのは、23日の昼頃。
 ちなみに、飛行機は久しぶりにプロペラ機。
 
 与論島に行って以来

 この日は、車で屋久島を一周しながら、景観を楽しみ作戦

 浜行ったり、滝見たり、岬に行ったり、タンカンジュース飲んだりしてました
 タンカンジュースはかなり美味しかったです
 
 浜も、与論島くらい綺麗だった。
 あの鮮やかな群青色は、逗子の海では一生見れないかもしれません。

 さて、屋久島は、車道に猿と鹿が普通にいます。
 最初は驚きましたが、あまりに頻繁なので、最後は当たり前の感じに。

 翌日が登山なので、午後10時頃あっさり就寝

 24日は、午前4時に起床
 さすがに眠かった。

 準備して、弁当を仕入れ、荒川登山口に到着
 
 平日でしたが、縄文杉は大人気なようで、駐車場から1km手前に車を停めることに。

 朝弁当をがっつり食べ、午前5時半から登山開始

 登る前の目標は、縄文杉を見ることだった。
 しかし、結果は予想外なものになった。

 続きは明日


 今日の一枚
 ”牛タンと○らおと○のさん”

 ○たるツアーでの一枚。
 厚切り牛タンがモッサリあると、一人前と随分違う印象を受けます。

 そして、やっぱり美味かった。 
コメント

僕は見てきた

2009-09-26 09:49:35 | Weblog
 今は逗子の実家にいます

 昨日、鹿児島2泊→屋久島2泊の旅行から帰還

 とりあえず、体の節々が痛い。

 今日は、これから〇るの結婚式に出席します
 
 久しぶりの結婚式でなんだか楽しみ

 旅行をサクッと振り返ります。


 ~鹿児島~

 今回の旅行の目的地は、屋久島、と決めていました
 しかし、21、22の屋久島での宿とレンタカーが確保できないので、21、22は鹿児島泊とすることに妥協。

 ちなみに、〇よたさんとの2人旅。
 途中から、〇シップが参加することに期待しましたが、それはありませんでした。

 鹿児島には、21日の昼に到着

 早速、桜島観光。
 
 途中までの海沿いドライブは爽快

 桜島は、ホントに噴火していました。
 あんまり近くまでいけないのが、残念でしたが、噴火しているのでしょうがないです。

 その後は、霧島神宮

 坂本龍馬とお竜が新婚で来た場所です。

 霧島周辺も山登りポイントが沢山あり、霧島メインも楽しいかもと思った管理人。

 夕食は、黒豚シャブシャブ
 美味かった
 やっぱり素材は大事です


 二日目は、指宿→枕崎→吹上浜とドライブ

 岬好きな管理人と〇よたさんは、多くの岬を探索
 景色がいいとポケーッとしてしまいます。

 枕崎で食べた海鮮丼はかなり美味でした
 魚介の下に、固めの鰹節がまぶしてあり、それが味を際立てます。

 夜は、黒豚とんかつ

 鹿児島では美味いものばかり食べていました。

 屋久島については、次回。


 今日の一枚
 ”プロの練習”
 
 楽天球場での一枚。
 ファールゾーンが狭く、一体感がありました。
 
 ボールパーク、よいです。
コメント

帰還、そして再び脱出

2009-09-20 01:17:47 | Weblog
 3泊の仙台旅行から帰還しました

 色々あった3泊出張でしたが、全部振り返るのは大変ですので、印象深い出来事及び発言を以下。


 ”○○さんに、ふまれたいですね” by ○○さん
 ”あ、それわかるかも” by ○○さん

 飲み会での会話
 当の本人がいたら、間違いなく訴えられますね
 しかし、○○さんの唐突の告白は面白かった

 ”○○さん(注:管理人のこと)服が違います” by ○のさん

 とある検討会後の親睦会での会話。
 ある学生が、毎回毎回同じTシャツをきているので、今回も必ず”あのTシャツ”で着て来ると、
 管理人は○のさんに言ったのですが、なぜか違うシャツでした。
 ちなみに、あのTシャツとは、「dragon fly」と書かれたシュールなものです


 ”「認識なかった」なんてありえねえよ~” by ○かざわさん

 今回の学会は、○かざわさん、○とうさんが絡んでいる研究で、4件のシリーズ発表する予定でした。
 しかし、プログラムを見ると、3件のみ。
 何でかなと、管理人が○かざわさんに聞くと、
 その研究開発で一番偉い人が、学会に発表連絡することを忘れていたらしい。
 その時に、その上司が”認識なかった”、と言ったようです。

 道端で聞いた管理人は爆笑しました
 面白すぎる


 ”そんなの当たり前だろー。短距離勝負の方が大事だろ” by ○とうさん

 ○とうさんは、発表2時間前まで全く練習しておらず、発表練習している管理人を見て焦っていました。
 発表練習はしないで、10月中旬に開催される”短距離勝負”のため、
 短距離走の練習を前日にミッチリしたとのこと。

 何で発表練習をしなかったのか、と管理人が聞くと上記の回答。
 ちなみに、○かざわさんも同調していました。

 普通に考えて、学会発表の方が大事でしょ


 色々ありましたが、とりあえず食べすぎで2キロ増
 
 発表では、かなり凹まされましたが、現状はそんなものだから、しょうがないです。
 
 美味いもの食べて、良い温泉に入れて、満足、と考えましょう


 今日の一枚
 ”球場周囲”

 カラスコがいました。
 管理人は、カラスコが好きなのですが、今回の試合では出てきませんでした。
コメント

そして仙台へ

2009-09-15 23:18:47 | Weblog
 昨日は、”何とか検討会”の発表資料作成

 絶対に終わらす、という気合で資料作成を進め、
 夜11時半頃には、残すは解析のデータ処理をして、グラフを2つ作るだけの状態。

 よし、これなら1時には帰れるな、思った。

 データ処理をするには、あるファイルをとあるサーバーに送る必要がある。
 
 管理人が、右クリックでコピーを選択し、転送先にCtrl+vをしたところ・・・

 ”コピーの残り時間50分”

 一気にモチベーションダウン

 そのまま帰宅し、明日の朝に片付けることに

 朝は7時会社着

 まるで、ボードのようだ。

 昨日の残作業を進め、9時頃には発表資料完成

 その後、コメントは沢山ありましたが、まあいつもどおり。
 明日の朝に会社に行ったら、凄いコメントがきていたら凹む。

 そういえば明日から、学会に参加するために仙台出張
 
 自分は何を発表するのかさえ、アヤフヤな気分。
 こんな状態では、ボコボコにされそうなので、少しは練習します。

 今月は既に3回目の仙台。

 今回は3泊4日なので、今月で累計8日。

 月の1/4は仙台にいることになる。

 どうみても行き過ぎた。
 
 でも、幾たびに牛タンを食べる管理人。


 今日の一枚
 ”マスコットと○ばら夫妻”

 楽天球場の前は、華やかだった。
 やっぱり営業戦略がしっかりしているんだな、と思った。
コメント

勝負の時

2009-09-14 00:21:01 | Weblog
 今日は朝から仕事
 勝負の時です

 静かな環境で仕事も捗り、昼はいつもの定食屋で飯

 その後は、○ばらとウチッパ

 久しぶりのウチッパでしたが、思ったよりも何とかなった
 そして面白い

 一気にコースに行きたくなった

 気分転換後は、またまた仕事

 日曜だから、明るいうちに帰りたいと思い、夕方に帰宅

 そして、○たると飯

 ○たるは、昼間に釣りにいったらしい。
 しかし、釣れなかった、とのこと。

 ○たる曰く、
 
 ”そんなエライことは言えないが、魚がいる雰囲気ではなかった”

 
 今日の一枚
 ”仙台街中”

 楽天ファンがヒシメク仙台の街を日ハムのユニフォームで歩く○たると○のさん。
 端っこは○らお。

 多分、注目されていたと思う。
コメント

予定通り

2009-09-12 23:43:20 | Weblog
 昨日は飲みました
 
 仕掛け人は管理人ですが、みんな飲みたかった模様

 メンツは、○ばら、○のさん、○ずさん、○らお、○たる、管理人
 よくよく見ると、先週末の○たるツアーから、○ばらお嫁さん(注:○ずさんは、○○りん、と記載しちゃいなよと言っていた)と○ずさんが交代したメンバー

 ○らおが行きたかった怪しいという台湾料理屋飲み
 
 ○らおが怪しいというぐらいだから、どこまでか、と思っていましたが、
 案外普通のお店

 料理は凄く美味しかった

 特に、チャーハンはかなりヒット
 人生の中でも屈指の美味しさでした

 さて、このお店では、○ばらの受話器モヒカントークでおお盛り上がり
 そんな髪型の人を見てみたい

 2次会は久しぶりの○らお部屋

 数ヶ月ぶり

 まったり飲むのもよいですね
 岳を読んだが、やっぱり面白い
 山に行きたくなるね。

 ここでは、○らおが○ばらに
 
 ”あんた馬鹿ですか” 

 と言っていたのが耳に残っている

 管理人のデジカメで、面白動画が沢山撮れた
 1年ぶりぐらいに動画作ろうかな

 でも、動画は大体○ばらネタだ

 明日は会社でがつっと、仕事をやりますよ 
 気合入れていかないと、月曜に大変なことになっちゃうからな。


 今日の一枚
 ”カレーラムネ”

 カレーラムネを飲む○ばら。
 僕も少し飲んだが、不味かった。
 
コメント

さて

2009-09-10 23:43:20 | Weblog
 来週は学会。
 でも、学会よりも問題なことがある。

 それは学会後に開催される「とある検討会」。

 ○のさんも参加する。

 なぜか管理人は、その場で発表することになっている。

 しかし、まだ結果が出ていない・・・

 資料を早く作れ、と上司に叱責される。 
 でも、材料がない。

 週末にも会社にがっつり行くことになりそうだ。

 はっきり言えば、自分で解決するしかない。

 明日、凄く飲みたい。
 
 
 今日の一枚
 ”ロボット兵が現れた”

 東京の空の下、ロボット兵がいる。

 そう思うと、不思議。
コメント

まるで夢-その2-

2009-09-09 00:08:34 | Weblog
 今日は、昼休みに会社の先輩である○にざわさん、○とうさんから、
 メタルキングが出まくる宝の地図を貰いました

 これで、レベルを沢山上げて、バラモスをとりあえずやっつけます
 
 では、昨日の続き

 ---------------

 野球観戦後は、第2目的である牛タン

 お店は、またまた利休

 管理人は、月曜にも来ました
 でも、そんなの関係ないぐらい美味しいのです

 そして、みんなでドンチャンしながらの牛タンは、また素晴らしい

 ホントに美味かった

 牛タンドンチャン中に、まさかの○たるツアーの第3目的が明らかになりました。
 ○ばら夫妻の食いつき方が凄かった

 牛タン後は、○たるのmcatが聴きたいという、管理人の希望がかない、
 カラオケ

 ○のさん、○ばら夫妻とは初めて一緒にカラオケに行きました。

 とりあえず、久々にワッショイ
 喉があっさり潰れる感じがいい感じ。

 ○たるとホルモンを歌ったときは、喉がエライことに・・・

 最後は、伝説のサライをみんな立って、肩を組んで、マイクを殆ど使わず熱唱

 楽しかった

 その後は、○ばら婦人(何て敬称すればいいんだろう。悩む)を除いたメンバーで居酒屋
 朝早かったのに、みんな元気です

 激論でしたね。
 ホントに。
 旧○○寮で、○おがまさんと、結婚観で激論になったことはありましたが、
 それ以上だったかもしれません。
 みんな考え方は違うけど、それが人間ってことでしょう。

 でも、そんな議論で出来る仲間は滅多にいません。
 それだけで万事OKだよ。

 唯一同期ではなかった○のさんは、どのようにあの光景を眺めていたのか少し気になる

 午前2時前にホテルに帰還
 ちょっとだけ、○たる部屋に集まり、○らおが○たるが買った缶ビールを隠したぐらいで、
 今日のイベントは終了
 長い一日でした。

 部屋に戻った管理人は風呂に入らず、あっさり就寝

 朝は当然のように二日酔いで、チェックアウトまで部屋でグタグタ

 帰りは、○ばらチームとは別行動
 
 管理人は、初めて○たるシビックを運転

 ハイブリット楽しいですね
 アシストしたり、チャージしたり、そこばっかりに注目してしまいました。

 ○のさんは高速運転デビュー

 本人曰く、最初は緊張したが、途中からは楽しくなってきたらしい

 茨城某所には午後3時頃到着。

 凄く疲れたけど、凄く楽しかった週末だった

 また、こんなツアーをやりたいものです。


 今日の一枚
 ”ガンダム現る”

 木の陰からガンダム現る。
コメント