とある自称名誉逗子市民の日記

音楽と本とスポーツが好きなとある一般人の日記

週末の末

2006-07-31 00:17:52 | Weblog
 もう日曜の夜ですね~
 今週末はあっという間な気がするけど、毎週こんなもんかな
 今日も、昨日の飲みすぎたせいで、昼過ぎまで寝てました
 
 夜は、近くで花火大会があったのですが、見に行きませんでした・・・
 理由はまああれです。

 音が寮中に響いてました。
 大きな花火だと、寮全体が揺れていた気がします。
 やっぱボロイな、この寮は


 今日の一言
 ”好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ” by 椎名林檎

 何から見放されてしまう、と感じているのだろうか。
 この一文から読むと、椎名林檎は好きな人や物が多過ぎることを否定的に捉えている。
 自分はどうだろう。
 何だかんだで、好きな人や物が多い方だと思うけど・・・
コメント

土曜とは

2006-07-29 18:53:55 | Weblog
 もう夕方です。
 原因は昨日も結構飲みすぎて、活動を開始したのが午後からだったからです
 やっぱ最近は飲みすぎかも・・・

 このブログを書いていると、そとから蝉時雨が
 もう世間では、夏休みなんですね。
 
 光陰矢のごとし

 
 今日の一言
 ”誰とでも寝るような そんな女の子が好きさ” by ブランキー

 またまた浅井健一の女性観
 これには賛同できませんね。
 でも、そんな女の子を軽蔑することはないと思う。

 ”誰とでも寝るような男”より”誰とでも寝るような女”の方が、許されると感じてしまうのはなぜだろう・・・
 わからん
コメント

もう木曜

2006-07-27 23:29:03 | Weblog
 今日はビックリした事が二つ。
 
 ①一日に二回もエンスト
  オートマなのに、二回もエンストしました。
  最近は、少しでも前に動いているときに、ギアを”R”にするとエンストします。
  後、ギアを激しくガチャガチャすると、ギアが入らなくてなってニュートラル状態になります。
  やっぱ、寿命かな

 ②なんと、大学院同期のソノが結婚
  さっき、ソノから電話があり、結婚したそうです
  二月に結婚式があるんで、来てくれと言われました
  喜んで行かしていただきます。
  大学院の1つ後輩の○さの君も結婚してるし、結構○まさき研は結婚するのが早いかも。
  

 今日の一言
 ”街を行くお前 靴のかかとが取れかかってるぜ
  だから 今すぐ 俺の恋人になってくれないか” by ブランキー

 昨日に引き続き、浅井健一の女性観。
 彼は、靴のかかとが取れかかっても気にしないファンキーな娘に惹かれるようです。
 でも、こんな台詞を言いながら、男が近づいてきたら、女はどんな態度をとるのかな?
 気になる・・・
コメント (2)

二日酔い

2006-07-26 22:12:37 | Weblog
 昨日はホントに飲みすぎました
 やっぱり平日は抑えないといけないと・・・

 3月にも平日に飲みすぎて、次の日の仕事が非常に大変だった経験があるのに・・・

 今日は、朝起きた瞬間から、やっちまったと思いました。

 しかし、二日酔いで会社を休むなんて、自分の信念では有り得ません。
 なんで、かなり辛かったですが、何とか会社に行きました。

 で、着いた途端に気持ち悪くなり、職場のある建屋の1階のトイレで・・・
 
 午前中はかなり重症で、4、5階のトイレで・・・

 昼休みは食欲が全くなかったので5階のソファーで寝てました。

 で、午後は3時ぐらいから、ようやく吐き気が止まり、少しは頭を使った仕事ができました 
 色々な人達に、かなり心配をお掛けしてしまい、申し訳なかったです。

 酒が弱いことは自覚しているけど、周囲の人達には酒が強いと勘違いされてるんだよね~
 まあ、酒に溺れたい年頃なのかもしれません。


 今日の一言
 ”あの娘のことが好きなのは 赤いタンバリンを上手に撃つから” by ブランキー
 
 そんな理由で、人を好きになれる浅井健一は格好良すぎ。
 最初、赤いタンバリンって、心臓って意味かな、と解釈していたけど、
 どうも、ただの赤いタンバリンらしい

 目の前に、軽やかに赤いタンバリンを撃ち振るう女性がいたら、自分はどうするのかな。
 まあ、度胸がないから、声もかけることをできなさそうです。
コメント

早くも

2006-07-26 00:47:44 | Weblog
 火曜なのに、会社の歓送迎会があり、呑みすぎました
 正直、気持ち悪いです。

 だいじょうぶかな?
 明日の仕事・・・

 
 今日の一言
 ”歴史の本の最後のページ 白紙のままで誰にも読めないよ
  出かけよう さあ 出かけよう” by ブルーハーツ
 
 今という歴史は誰にも書けません。 
 逆に言うと、今の歴史は未来の歴史家が書きます。

 自分の人生がどう評価されるかなんて、後世の歴史家次第です。
 とりあえず、僕は今を精一杯生きるという選択肢しかないと思う。
コメント

月曜の夜

2006-07-24 22:39:27 | Weblog
 今日は仕事は相も変わらずでしたが、それ以外で良い事と悪い事が1個ありました
 まずは良い事
 それは、甲本ヒロトと真島昌利がまた同じバンドを組んだことです。
 ブルーハーツで彼らを知り、ハイロウズで大暴れし、次はどうなることやら。
 楽しみです
 リアルタイムで彼らに出会えて、ラッキーだな、俺。

 そして悪い事
 それは、イスラエルがまた激しく空爆をしていることです。
 しかも、それをアメリカ合衆国のライス国防長官が支持をしていること。
 イスラエルとパレスチナの正確な歴史を知らないが、だいたいは知っているつもりです。
 やっぱ、その背景を鑑みると、イスラエルが正しいとは思えません。
 
 
 地球の反対側ではそんなことが発生してますが、自分は昨日ブログに立てた誓いを忘れずに行動しています


 ”○まさき研究室のアメリカ珍道中 最終話”

 遂にアメリカ最終日です。
 この日は、レンタカー及び宿の精算をして、空港に行きました。
 空港で最後の買い物
 ここでも、英語がわからないのに、容赦のない早口の英語で店員が何を言っているのかわからず・・・
 やっぱ英語が大事だなと再々認識。

 タクチャンは日本に帰らず、ニューヨークで遊んでいくとのこと。
 荷物がちゃんと届くとか、心配していました。
 まあ、自分も一人で(もちろんツアー旅行ではなくて)海外に行ったら、不安になると思うが。

 で、最後の最後でハプニングが連続。
 まずは、ソノが荷物検査に手間取る。
 理由は、荷物の中に発表で使う差し棒が入っていて、それが仕込み刀と勘違いされ、
 かなり面倒くさいことに。

 で、ソノの荷物検査が終わって、みんなでソノを茶化していたら、東京行きの搭乗手続きをそろそろ終了とのアナウンス

 みんなでスーツケースを片手にもうダッシュ

 空港内で相当目立っていたと思います。

 帰りの飛行機では何をしたのか全く記憶がありません。
 多分、寝ていたのだろうと思います。

 日本に着いた瞬間に、もう終わってしまったのか、と感じました。
 行く前は、必死で英語と発表の勉強したけど、振り返ると全てが一瞬。
 ホントに良い経験ができたと思います。

 一緒に学会に行ったメンバーに感謝。
 
 そして、何よりも○やさき先生に感謝致します。
 本当にありがとうございました。

 完
 
 
コメント

さくっと

2006-07-23 23:14:47 | Weblog
 もう日曜の夜です。
 今週末は、金曜に飲みすぎた影響で、週末が短かった気が・・・

 でも、色々有意義でした。
 
 もう一度、自分が何をしたいのか、をしっかり考えることができたと思います。

 まあ詳細は人様には言えることではありませんが、色々な事に対してもっと行動的になろうと決めました。

 この決心が消えない内に、何かしらの満足を得れればいいな、と思います。

 ではもう明日からお仕事ですね~


 ”○まさき研究室のアメリカ珍道中 vol.8”

 自分の記憶が正しければ、これがアメリカ最終日の前日です。

 この日は、折しもアメリカの独立記念日でした。
 てなわけで、ポートランドの町を探索してみました。
 
 ですが、最初に車を止めたところが、街の中心部から離れていて、何か怪しい雰囲気・・・
 すると、いきなり体がゴツイおじさんが話しかけてきました
 で、聞いてもないのに、街の中心部への道を教えてくれました。
 
 なんだこのおっさんは、と思っていたら、何と金をヨコセといってきました。

 ここで財布を見せると、危ないと判断した僕らは、そのおっさんを無視して速足でその場から立ち去りました。
 やっぱ、どんな街でも油断はできんな~、と感じました。

 ポートランドを探索しましたが、あまり良い店とかも見つからず、夜からの花火大会にはまだまだ時間が・・・

 何で、太平洋まで車で飛ばして、海に行きました。

 またまたソノとかみさまに感謝です。

 アメリカの海は初めてでしたが、着いた浜辺はかなり綺麗で、何となく素朴な感じ。
 日本でいうところの”大磯”かな?

 結構、浜から釣をやっている人が多くてビックリ

 そんなこんなで、夜から花火大会を見るためにポートランドに戻りました。
 
 かなりの多くの人が集まっていてビックリです。
 アメリカ人は独立記念日に対する思い入れを知ることができました。

 日本には独立記念日はありませんが、例えば終戦記念日とかに、日本でも何かしらのイベントがあると思いますが、
 あれだけ人が集まるかどうかは疑問です。

 まあ、独立記念日と終戦記念日を比較すること自体、あまり意味はありませんが・・・

 で、肝心の花火ですが、正直ショボイ
 多分の日本の花火の10年オチぐらいだと思いました。
 ですが、やけに音がうるさく、アメリカ人はそれに反応してました

 その夜は、帰国の荷造りのため、あんまり宿では飲みませんでした。

 そんなこんなで就寝


 

 
コメント (2)

早くも水曜夜

2006-07-20 00:12:21 | Weblog
 今週は月曜が休みだったため、早くも水曜って感じ
 今日は仕事後に、漫画”デスノート”を買いにワングーに行ったけど、なぜか4巻までしかありませんでした。
 やっぱ、映画の効果は絶大です


 ”○まさき研究室のアメリカ珍道中 vol.7”

 翌日は、ラフティングをしました。
 これがアメリカ旅行の中でも最もおもしろかったかな。

 初心者で行くことができる最も難しいコースを選択したから、かなり楽しめました。
 これもかみさまの英語力のおかげです。
 インストラクターも当然英語しかしゃべいませんが、なんとなく雰囲気で指示に従ってました。
 途中で、インストラクターに”まるで機械の様に正確だ”と言われました
 さすが日本人ってところでしょう。

 初めてのラフティングでしたが、ボートからかみさまは二回落ちるし(落とされた?)
 5mぐらいの滝に突っ込んだりで、ジェットコースターよりドキドキ感がありました。
 途中で、ボートから降りて、川に架かっている橋から、飛び込んだりしました。
 普段はなかなか騒がないクラがはしゃいでいるのが印象的でした。

 ラフティングの後は、近くの山に行きました。
 7月でしたが、まだ雪が残っていて、時間的問題およびサンダルでは限界があるということで、 
 途中で断念しました。

 かるーい登山の後は、またまた宿でバーベキューをしたのかな?
 記憶が曖昧です。
 そんなこんなで、就寝


 続きはまた・・・
 
コメント

もう仕事が近い

2006-07-18 00:36:48 | Weblog
 さて連休もそろそろ終わりです。
 まあ、特に休んだ気はしないんですが・・・

 今日も相変わらず○らお部屋で飲んでしまいました
 その後、体重計に乗ったら、偉いことになってました
 スポーツマンとして、自己管理をしっかりやっていきます。

 では、今週もしっかりやりますかね


 ”○まさき研究室のアメリカ珍道中 vol.6”

 シアトルから帰ったきた次の日は、みんな疲れていたため、10時ぐらいまで寝てました
 この日は、映画スタンドバイミーのロケ地があるオレゴンまでドライブすることにしました。
 大自然の中を車で走っていき、北海道を2倍ぐらいスケールアップした感じの道路が延々と続いていました。
 途中で、とある有名な湖で手漕ぎボートに乗り、湖の端まで行ってみようとしましたが、
 かなりの湖の大きさに断念しました
 その後、オレゴンの街をかる~く探索しました。
 スタンドバイミーの風景を見つけることはできませんでしたが、それらしき風景は至る所にありました。
 
 オレゴンからポートランドまでの帰り道の途中で、自分の強い要望でカジノに行きました
 やっぱ本場のカジノは雰囲気が違っていました。
 韓国でカジノデビューしたから、大丈夫かな、と思いましたが、全然でした
 てか、あのルーレットのディーラー強すぎ。
 最後は、客がみんな引いていたし・・・

 そんなこんなでポートランドに帰還したのは、夜11時ぐらい。
 宿近くのサブウェイで夕食をとり、帰宅後そのまま就寝

 続きはまた
コメント

栃木遠征

2006-07-16 23:01:15 | Weblog
 今日は朝から、練習試合をするために栃木に行ってきました。
 試合内容は散々でしたが、課題が浮き彫りになったと前向きに捉えます
 てか今日はかなり暑くて大変でした
 まだ明日が休日で助かりました。



 ”○まさき研究室のアメリカ珍道中 vol.5”

 シアトルの宿を朝七時ぐらいに出発し、まずはマックで朝マック。
 ようやく、マックの店員(ファーストフードの店員)が何を言ってくるのかを
 理解できるようになりました。
 まあ、”for here or to go"と”Is that everything”だけですが・・・

 腹ごしらえをした後、シアトル郊外にあるボーイング社の航空機工場を観てきました。
 この工場は、世界で一番大きな工場ということで、かなりの大きさでした。
 見学ツアーに参加しましたが、組み立て途中の航空機があちこちにならんでおり、
 なかなか壮観な眺めでした。
 ここで売店でかなりお土産を買ってしまいました。
 
 その後は、アメリカの国立公園(名称は忘れました)に行きました。
 国立公園に行くときに、フェリーでシアトル湾を横断しました。
 かなりのスピードでみんなビックリ

 その道中にサブウェイによったんですが、これがマックとかと違いかなり、ハイレベル
 パンは何にするのか、野菜はどうするのか、ドレッシングはどうするのか、等々聞いてきます。
 ですが、うちらは五人いたのですが、かみさまを除いた4人の英語力のなさに店員が気づき、
 途中から、かなり簡単な英語(ホントに単語だけ)で質問してきました。

 国立公園は神秘的なところであり、2時間くらいかけてノンビリ歩きました。
 やっぱ一つ一つの木のスケールが違いました。
 自然好きな自分にとって、かなり印象的な風景でした。

 公園からは主宿であるポートランドまで約400kmの道のりをまたまたソノ&かみさま
 に頑張ってもらいました。
 で、その道中に夕飯として、またもやマックに行きました。
 この日は三食ファーストフードでした
 完璧にアメリカンナイズしてます・・・

 ポートランドに戻ってきたのは、午前1時ぐらい。
 運転手はかなりお疲れでしたので、今日はそのまま就寝

 続きはまた・・・
コメント