成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職したいときに持っておいたほうが有利な

2019年03月21日 | 日記
転職したいときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がお薦めです。


これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした、転職活動を考えている人にもオススメしたい資格なのです。


社会保険労務士の資格を得ていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。


転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。


異業種への転職を考えているなら尚更、経験値が低いことから言っても、あなたにはハンデがあるので、その仕事をするのに役立つ資格を取得し備えておけばいいのではないでしょうか。


資格があれば絶対に採用にこぎ着けられるという考えは間違いです。


異業種への転職を図ってみても、半年経っても転職先がみつからないというケースが多いでしょう。


貴方が転職希望者であり、もし若いのであれば転職を考えるまで見たことも聞いたこともなかったような業界でも入れるなどと小耳にはさむこともありますが、それも、20代までに見ることが許されている夢ではないでしょうか。


しかし、猫の手も借りたいような業種もそれなりにありますから労働条件もそれなりではありますが晴れて転職希望者から転職者となるかもしれませんね。


転職するのに一番よい方法とは、転職する先を探しながら仕事を続け、次の就職先が決まってから、今の会社を退職することでしょう。


退職した後に仕事探しを始めると、次の就職先が見つけられない場合、焦ってしまいます。


また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。


もう一つ言えることは、一人で転職先を見つけようとせず、頼れる人を探すことも一つの方法です。


転職するときに求められる資格は、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。


それと建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を取得していないと業務ができないといった仕事がかなりあるため、狙い目と言えるかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 人材紹介会社にお世話になっ... | トップ | 転職をしようかなと考えた場... »