成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職活動を始める時にまず記入する履

2018年09月21日 | 日記
転職活動を始める時にまず記入する履歴書では、職歴をどんな相手でも理解できるように書いてください。


今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、採用する側もイメージすることができます。


また、意外と気にされない方が多いのが履歴書の写真ですが、友人などに頼まず、プロが撮影してくれるところで、撮影してもらうのがベストです。


誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。


転職をする場合は、好印象を与える綺麗な服を着て面接に臨み、明朗活発な人だと思われるように思わせましょう。


興味をもたれるであろうことは想像がつくようなことばかりですから、先回りし、青写真を描いておいて、切れ味の良い口調で答えてください。


しどろもどろになったり、否定的な言い方はやめましょう。


強気の気持ちを貫きしょう。


余裕のない状況で転職活動をしてしまうと、迷っている余地が無くなってしまって、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選びがちです。


その結果、今までの職より収入が減ってしまう事があります。


そうなってしまったら、なんのために職を変えたのかわかりませんね。


給料にも満足できるような職に就きたいなら、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。


異なる業種に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実際にはどうなのでしょうか?結果から言いますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。


経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、人事担当者は経験者を選ぶことが多いです。


ただ絶対に不可能というわけではありませんので、努力の程度によっては異業種に転職できるかもしれません。


職場に秘密で転職活動をしながら心は新天地へと向いているけれど、生活や将来の不安からうつ病にななることがあります。


このうつ病という疾病にかかると、治療には長い日数を見込む必要がありますし、経済面での不安がさらに増幅します。


いざ転職の決心を実行すべく転職活動に手がけはじめると、描いた計画のようにはいかずにもうだめだと感じて、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。


自分ひとりでなんとかしようと行動を続けずに、苦しみの初期段階で、専門家に相談のできる窓口を探して訪問しましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 時と場合によっては、転職に... | トップ | 一般的に、転職先を決めるた... »