成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職すると決めた先が異業種である

2019年01月05日 | 日記
転職すると決めた先が異業種である場合、ちょうどよく転職できる企業を見つけられないことがよくあります。


若い内の転職希望であれば転職を考えるまで見たことも聞いたこともなかったような業界でも入れるというパターンも考えられますが、30代からは年々ハードルが上がっていきます。


ただ、常に人が足りていないような業種を希望するのであれば労働条件という概念は放棄することになりますが転職できるかもしれません。


転職したい理由は書類選考や面接において大変重要なことです。


相手が納得するような理由がないと評価されません。


ただ、転職する理由を聞かれたとしてもどう答えたらいいかわからない人も多いはずだと思います。


多くの人が履歴書を書いたり、面接をしたりする時にこの転職理由で悩むこととなります。


人材紹介会社を使って、良い転職ができた人も多いと言われます。


1人きりで転職活動を進めるのは、精神的になかなか辛いものです。


転職先がなかなか決まらないと、どう行動するのか、正しいのかが分からなくなることもあります。


人材紹介会社のサービスを頼れば、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。


一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴を誰が読んでも分かるように書かなくてはなりません。


あなたの今までの業務の内容がわかれば、今必要としている役職で活躍できるか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。


さらに、顔写真は意外と重視されるもので、少し手間はかかりますが、きちんとしたところで、撮影してもらったほうが、良いものになります。


記入している途中で間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。


どういった転職理由が適当かというと、始めに本当に転職する気になった理由を思い出してください。


そのままストレートに言うわけではないので、自分に正直にノートに記入しましょう。


そうしたら、今度はなるべく良いイメージを与えるように表現を変換してください。


転職理由の部分が長いと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 面接での身だしなみに関して... | トップ | 転職に成功しない事もよく見... »