成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職時の自己PRが不得意だと

2017年09月28日 | 日記
転職時の自己PRが不得意だという人も多いと思います。


自分自身の主張すべき長所や得意分野がわからなくて、上手に主張できない人もかなりいます。


転職に関するサイトで性格の診断を用いてみたり、周りの人に頼んで教えてもらうという方法も良いでしょう。


他にも、志望する企業に転職可能だったら、どんな風に役立てるのかもお考えください。


転職する時に記入する履歴書では、今までの職歴を誰が読んでも分かるように書かなくてはなりません。


今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、入社してすぐに活躍できるか、採用担当者も想像がつきやすく、判断の材料になります。


同様に、写真はとても重要なものなので、少し手間はかかりますが、きちんとしたところで、撮ってもらうのが良い、と言われています。


誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。


転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決定してから辞職するのが理想でしょう。


退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決まらないこともあります。


職の無い期間が半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めないようにしてください。


いわゆる飲食業界の人が異業種への転職を成功させるのは大変だと聞きます。


飲食業界では整っていない労働条件で働かなければならないという人がたくさんいて、今後の生活に危険を感じ仕事を変えたいと希望する人も少なくはないようです。


そのまま、なんらかの障がいを抱えるようなことになったとしたらより転職の受け入れ先はなくなってしまうでしょうから、転職活動を始めるなら早めがいいですね。


実際に、転職にいいといわれる月は、多くの会社が3月や9月頃に求人を募集します。


それに、2年以上働いていれば、長く働いてもらえると考えられるでしょう。


職種の希望がある場合、いつも求人情報を確認して、条件に合う募集があるとすぐに応募するといいでしょう。


職場によっては欠員がないと募集しないので、時機を読むのが難しい事もあります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 一般的に転職する際、資格の... | トップ | 転職理由は、書類選考や面接... »