成功する転職!

成功する転職について書いています。

飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのは難しいもの

2019年01月12日 | 日記
飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのは難しいものだと耳にします。


飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で働き方をせざるを得ないということが多くあり、将来を不安に思って仕事を変えたいと希望する人も多いです。


体調に不備がでてきたらさらに転職の可能性は狭まりますし、転職活動を始めるなら早めがいいですね。


転職と言えば、自己PRに苦手意識がある人も多いですよね。


まだ自分の良さが理解できていなくて、うまく言えない方も結構います。


転職等に関するサイトにある性格を調べるためのテストを活用してみたり、周囲の人に聞いてみるというやり方も可能です。


そして、その会社に転職することができた場合、どのように役に立てるのかを考えるのも重要です。


どうしたら後悔のない就職ができるでしょう。


それはやはり今の仕事は続けながら転職先を探し、決まった後に退職すること。


これに尽きます。


退職した後に仕事探しを始めると、なかなか採用通知がもらえなかったら焦り始めます。


また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。


あと、探すのは自分の力だけでなくアドバイスが突破口になることもあると思います。


こんな資格があれば転職できそうだとも考えられますので、取得してから転職するのも良い方法です。


今までとは違う分野に転職するなら特に、経験に乏しいため、他の志願者にはかなわないので、希望する職種に求められる資格を取得できていたらいいと思います。


言うまでもなく、資格がありさえすれば採用される、というのは安易な考えです。


仕事を変えたいときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。


これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした、転職活動を考えている人にもオススメしたい資格なのです。


社会保険労務士という資格を持っていると、総務および人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 余裕のない状況で転職活動を... | トップ | 転職をする場合は、好印象を... »