成功する転職!

成功する転職について書いています。

どういう経緯いで転職するに至ったかを考えると

2019年03月17日 | 日記
どういう経緯いで転職するに至ったかを考えると、まず心から転職したいと思ったわけを振り返ってください。


誰かに見せるためではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。


その次に、その内容をできるだけ暗くならないように表現を変換してください。


長々と転職の理由が続くと潔くないので、手短に説明しましょう。


どうしたら後悔のない就職ができるでしょう。


それはやはり今の仕事は続けながら転職先を探し、次の就職先が決まってから、今の会社を退職することでしょう。


転職先を探すより先に辞めてしまったら、転職先がなかなか決まらないと焦り始めます。


また、お金の面で不安になることもありますから、退職する前に探すことがベストです。


また、自分ひとりで探そうとせず人にアドバイスを求めてもよいかもしれません。


新たに職を見つけるのなら、面接には派手ではない無難な服を選んで暗いなどと思われないように動きましょう。


尋ねられると予想されることは予想の範疇ですから、先に煮詰めておいて、端的にいえるよう練習しておいてください。


うまく説明ができなくなったり、前向きではない口調は悪印象を与えます。


自分に自信があるのだなと思わせましょう。


職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。


これまでの職場での経験や実績を生かした、転職活動をしていこうという方針を持つ人にもお勧めできる資格なのです。


社会保険労務士の資格があると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務、経理関係の仕事に就きやすくなります。


退職の原因が労働時間の長さである場合には、「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい環境で自分を高めたい」とすればイメージは悪くありません。


否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じるようにすることもできます。


履歴書には文字数が150から200文字が理想ということです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 転職サイトをのぞいてみると... | トップ | 異業種への転職を図ってみて... »