成功する転職!

成功する転職について書いています。

飲食業界から全く違う種類の職

2018年05月02日 | 日記
飲食業界から全く違う種類の職に就くのはとても大変です。


飲食業界ではつらい条件で働かされるということが多々あり、不安な将来を思い描くようになり、転職しようと動き出すケースが少なくはないようです。


体調に不備がでてきたら転職はできなくなってしまいますから、転職活動を始めるなら早めがいいですね。


仕事を変えたいときに有利になれる資格はどれかと聞かれれば、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。


これまで積み重ねてきた経験を生かした、転職をしようと思っている方にもオススメしたい資格なのです。


社会保険労務士の資格があると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務とか経理関係の職を得られやすくなります。


どういった転職理由が適当かというと、まず本気で転職したくなった理由を書き出してください。


考えた通りに話す必要はないので、好きなようにノートに文字で表しましょう。


その次に、その内容をできるだけ暗くならないように表現方法を工夫してください。


なぜ転職するのかの説明ばかりだと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長くなりすぎないようにしましょう。


長時間労働が原因で辞めた時は、「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」と記載すると受ける感じは悪くはないでしょう。


たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。


履歴書には150文字から200文字程度にするようにします。


一般論として転職に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士の資格があるでしょう。


中小企業診断士資格を取得すると、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、会社にとって自分は貴重は戦力であると思ってもらうことができます。


法律に詳しい行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職するときに大いに助けとなるでしょう。

長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合

2018年05月02日 | 日記
長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい職場で成長したい」と言い替えれば受ける感じは悪くはないでしょう。


たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。


採用される履歴書の書き方は、理想は150文字から200文字程度です。


人材紹介の会社を通して、納得のいく転職が出来た人も少なくありません。


自分だけで転職活動を進めるのは、へこむことも多いものです。


転職先が見つからない状態が続くと、やるべきことが分からなくなり困ることもあります。


人材紹介会社のサービスを頼れば、自分の条件にマッチする応募先を紹介してくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。


給料アップのための転職を希望されている方も多数派なのではないでしょうか。


確かに仕事を変わることでお給料が増えることもあると思います。


ですが、逆に年収ダウンの可能性も否定できないことを、しっかりと理解し準備しておく必要があります。


お給料を増やすためには、いかに高年収の仕事を落ち着いて探すことができるかがキーポイントとなります。


一般的に、転職時の志望動機で大切になるのは、意欲的で前向きさを感じさせるような内容だと思います。


さらなる成長が期待できそうだとか、前職で経験してきた事項や習得してきた能力を活かすことができそうといったポジティブな志望動機をまとめてください。


できるだけ、その企業の特長に合った志望動機をまとめることが望ましいと考えられます。


よって、しっかりとした調査を行うといいですね。


転職活動は辞職前から行い、転職先が決定してから辞職するのが理想でしょう。


退職後の方が時間の余裕がありますし、間を置かずに働き始められますが、転職する先がなかなか決まらない事例もあります。


職の無い期間が半年以上を過ぎると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、後先を考慮せずに今の仕事を辞めない方が良いでしょう。