成功する転職!

成功する転職について書いています。

違う仕事に転職するのは困難であると

2017年11月09日 | 日記
違う仕事に転職するのは困難であるというイメージが強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論から述べますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。


経験者と未経験者とがいた場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。


ただ確実に不可能という事ではないですから、懸命に努力を重ねれば異業種に転職できるかもしれません。


転職をしたいと考えた場合、まずは一番身近な家族に相談する人が多いでしょう。


家庭がおありの方なら、家族に相談なさらないで勝手に転職をするのは避けるほうが賢明ですからね。


家族に相談せずに転職をしてしまったら、このことが原因で離婚になる可能性なんかも出てきます。


給料アップのための転職を希望されている方も多数派なのではないでしょうか。


確かに、職場を変えることで給料がアップすることもあるでしょう。


ただし、お給料が少なくなってしまうリスクもあるということを十分考えておきましょう。


年収アップを勝ち取るためには、落ち着いて報酬の高い仕事を探すことがどれだけできるかが大切なカギとなります。


余裕のない気持ちで転職活動をすると、職を決めることを優先してしまって、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選んでしまうこともあるでしょう。


その結果、前歴よりも年収が低くなることも多いです。


これでは、何のために転職したのか!と後悔したくなるでしょう。


給料にも満足できるような職に就きたいなら、腰をすえて仕事を探さないといけません。


今の職に就いている間に、転職活動を始めて転職先が決定してから辞職するのが理想でしょう。


退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決定しない場合もあります。


職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職先が少なくなりますから、後先を考えずに今の仕事を退職しないようにしましょう。

転職するための活動は、在職中から始

2017年11月09日 | 日記
転職するための活動は、在職中から始めて転職先が決まってから辞職するのが理想です。


退職してからの方が時間の自由がききますし、間を置かずに働き始められますが、すぐに転職先が決まらない事例もあります。


職の無い期間が半年を超えてしまうと、就職する先が決まりづらくなりますから、後先を考慮せずに今の仕事を退職しないようにしましょう。


一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴を伝わりやすいよう整理して書く必要があります。


これまでの業務内容を把握できれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、採用する側もイメージすることができます。


同様に、写真はとても重要なものなので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。


もし、書き間違いをしてしまったことに気づいたら、もう一度新しいものを使って、記入しましょう。


人材紹介会社を通して、転職がうまくいった人もたくさんいます。


転職活動を一人きりで進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。


転職先が見つからない状態が続くと、どう進めて行ったら良いのか分からなくなることもあります。


人材紹介会社を頼った場合、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。


転職を考えると自己PRに苦手意識が働く方も大勢いるでしょう。


自分自身の主張すべき長所や得意分野がわからなくて、的確に主張できない方もかなりいます。


転職等に関するサイトにある性格を調べるためのテストを使ってみたり、周囲の人に聞いてみるというやり方も可能です。


他にも、志望する企業に転職可能だったら、どのような役に立つことができるのかもご一考ください。


退職の原因が労働時間の長さである場合には、「生産性の高い仕事が希望」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と言い替えれば悪い印象は受けないでしょう。


否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じさせるられるようになります。


履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。