成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職活動は辞職前から行い、転職先が決まってから

2017年11月05日 | 日記
転職活動は辞職前から行い、転職先が決まってから辞めるのが一番です。


退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決まらない事例もあります。


無職の状態で半年を超えてしまうと、就職先が少なくなりますから、勢いで現在の仕事を辞職しないようにしましょう。


転職を考えた時に仕事をしっかりと探すためには、かなりの時間を費やしてしまいます。


今の仕事を続けつつ、次の仕事を探すには、転職のために費やせる時間は少なくなるでしょう。


そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職サイトを利用することです。


転職サイトに会員登録を行うことにより、自分と共にキャリアコンサルタントといわれるサポートスタッフも仕事探しを手伝ってくれるのです。


転職の際、一般的には有利とされている資格の一つに中小企業診断士という資格があります。


中小企業診断士の資格があれば、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認識させることが可能です。


法律のエキスパートである行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。


転職を行う時の志望動機で必要になるのは、その仕事に対する積極性が感じられるポジティブな内容になります。


さらなる成長が期待できそうだとか、前職で経験してきた事項や習得してきた能力を活かすことができそうといった意欲的な志望動機を伝えましょう。


できれば、その会社の特長に合ったきちんとしたそのためにも、綿密に下調べをするのがお勧めです。


不動産業界に転職しようと思っている方は、まずは宅建主任者の資格を取得されるのがお薦めです。


宅建主任者資格の有無で、就職することが困難な企業もあるようです。


業務内容によって必要とされる資格が違うので、転職の前に仕事に見合った資格を取得しておくのも良い方法です。

異なる業種に転職するのは困難であるというイメー

2017年11月05日 | 日記
異なる業種に転職するのは困難であるというイメージが強いですが、実態はどうなのでしょうか?結論から言うなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。


経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。


しかしながら絶対に無理というわけではないため、頑張り次第では異なる業種に職を変えられることもあるものです。


飲食業界にお勤めの方が別の業界で仕事に就くのは非常に骨が折れます。


飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で勤め方をさせられているという人が多く、このままで大丈夫なのかと感じ、飲食業以外で仕事を探すということも少なくはないようです。


寝込むようなことになってしまったらますます新しい仕事に就くハードルは上がってしまいますから、元気のあるうちに転職活動をしましょう。


年収アップのための転職希望者も多いことでしょう。


確かに、職場を変えることで年収が上がることはあり得ることです。


ただし、お給料が少なくなってしまう可能性も考えられることを、しっかりと理解し準備しておく必要があります。


年収のアップを成功させるためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが大事な点となります。


長時間労働が原因で辞めた時は、「生産性の高い仕事が希望」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載すると問題はないでしょう。


言いかえることでネガティブな転職理由も、ポジティブに感じるようにすることもできます。


履歴書を書くときに注意しなければならないのは、150文字から200文字で書くのが理想です。


思い付きで異業種への転職をしようとしても、転職できる先がないじゃないか!ということがよくあります。


若い内の転職希望であれば経験がなくても受け入れてもらえるなんてことも可能性としてあるでしょうが、既に30代後半であるという方は諦めた方がいいかもしれません。


ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけば労働条件もそれなりではありますが転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。