成功する転職!

成功する転職について書いています。

時期的に転職に適するといわれるのは、年度末や上半期末に求人を

2016年02月11日 | 日記
時期的に転職に適するといわれるのは、年度末や上半期末に求人を出す会社が増えるのです。


また、勤続年数が2年以上あれば、それほど長くは働いてくれないと判断されません。


職種の希望がある場合、求人情報を確認する事はいつも忘れず、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいでしょう。


増員での募集をしない職場も多く、タイミングを外さない事が難しいです。


異なる業種に転職するのは難しいと考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論をいうなら、違う業種に転職するのは難しいものです。


同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、人事担当者は経験者を選ぶことが多いです。


しかしながら確実に無理という事ではないですし、懸命に努力を重ねれば異なる業種に職を変えられることもあるものです。


転職時の自己PRが不得意だという人も多数いることでしょう。


自分の良いところや自分にできることが実際にはわからなくて、上手に主張できない人も結構多いです。


転職等に関するサイトにある性格を調べるためのテストを役立ててみたり、周囲の人に聞いてみるというやり方も可能です。


さらに、その会社に転職することが可能だったら、どのように役に立てるのかを考えるのも重要です。


どのような転職する理由がふさわしいかと言うと、始めに本当に転職する気になった理由を書き出してください。


そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。


そして、それをネガティブな印象を与えないように表現を変換してください。


転職理由の部分が長いと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、長さには注意しましょう。


転職を考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談をする方がほとんどです。


家庭がおありの方なら、家族と話し合いをしないで職を変わってしまうのは止めた方がいいです。


家族に無断で転職すると、それが原因となって離婚する可能性も出てくることになります。

異なる業種に職を変えるのは困難であると考えている

2016年02月11日 | 日記
異なる業種に職を変えるのは困難であると考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論から言うなら、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。


経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、人事担当者は経験者を選ぶことが多いです。


ただ確実に無理というわけではないので、努力をいとわなければ異業種に転職できるかもしれません。


思い付きで異業種への転職をしようとしても、ちょうどよく転職できる企業を見つけられないことが多いでしょう。


転職希望者が老齢である場合を除き、経験がなくても受け入れてもらえるような場合もあります。


しかし、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。


ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけば労働条件という概念は放棄することになりますが転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。


転職をする際に求められる資格は、専門職でなければ、それほど多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が強いといえます。


それに建築とか土木系の場合には、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を有していないと仕事ができないという仕事が多くあるので、狙い目となっているかもしれません。


通常、転職する時有利とされている資格の一つに中小企業診断士があげられます。


中小企業診断士資格を取得すると、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自らを会社にとって貴重な戦力だと思ってもらうことができます。


法律に詳しい行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。


慌てて転職活動をすると、迷っている余地が無くなってしまって、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選択しがちです。


その結果、転職前よりも年収が低くなってしまう事もあります。


だったら、なんのために職を変えたのかわかりませんね。


年収アップにこだわるのであれば、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。