お花が好き ぼおっと眺める草木との時間を記録して

家事・叔母の見守り・散歩と庭仕事の生活の中で、楽しみを見つけかけたおばさんの自己満足のブログです。

丹波篠山の城下町散策で篠山城址に行った続きです。

2018年09月23日 | お城
 今日は綺麗な青空で、お布団を干したのですが、
 夕方が近づくにつれて どんよりとした雲が広がってきました。
 今日はお彼岸の中日ですね。
 此方で枝豆狩りをして、お土産に持って帰った枝豆で
 お彼岸にずんだ餡のおはぎををつくろかなと思っていたのですが、何となく面倒になって
 今日はお求めのおはぎになりました。

 せめて篠山城跡のアップでもしなくては・・・

 徳川家康が豊臣氏の包囲網のお城として1609年に築城されて、
 明治4年、1871年に廃城になるまで、約260年の間丹波篠山盆地で
 時代の流れを見てきたお城ですが、
 今は2000年に復元された二の丸大書院だけが 当時を偲ばせてくれます。

 

 その大書院が休館で中を見れなかったのですが、
 横に大きな井戸が有りました。

 

 

 大書院の裏手の広い空き地の横に、お社が有りました。

 

 

 篠山城址から眺める篠山の町

 

 

 お山も見えます。

 

 大書院の眺めも壮大です。

 

 

 裏から見る大書院をパチリ。

 

 お城の石垣は、今も健在です。

 

 そろそろ戻らないと、集合時間が気になります。

 

 

 集合場所の特産館ささやまに着いて、まだ時間が有ったので、コーヒータイム。

 

 此処の名物、黒豆パンを主人が買っていました。

 

 

 お土産も買って集合時間までに荷物整理もして、出発準備完了です。
 ガイドさんから、「王地山まけきらい稲荷」の話も聞かせてもらって、
 行ってみたかったのですが、またの機会に。
 此方は美味しいものが一杯有って、食いしん坊は大忙し。
 町中で、焼き栗、お米、黒にんにく、西紀SAで黒豆パン、
 特産館で黒豆茶、黒豆コーヒー、黒豆ココア、黒豆お菓子をお求めしました。

 後はバスでコックリコックリです。
 お天気が良かったので、車窓からの景色をパチリパチリ。
 お腹がふくれて、気持ちも穏やか。
 食いしん坊大満足の日帰り旅行でした。

 ご覧頂き、有難う御座います。
コメント

日帰りバス旅行、丹波篠山の散策は篠山城址に。

2018年09月21日 | お城
 お昼を食べて、枝豆狩りをした後は、丹波篠山の城下町の散策です。
 マップ片手に篠山城址に行きました。

 ちょうど市役所の前にあります。
 趣のあるポストをパチリ。

 

 此処篠山は、デカンショ節で有名なんですね。
 毎年8/15~8/16に丹波篠山デカンショ祭が開かれるそうです。
 その像が有りました。

 

 

 あの屋根が見えている所に向かって歩きます。

 

 お堀の眺めも好い感じ。

 

 この外堀沿いに、約1000本の桜が植えられていて、桜まつりも有るようですが、
 今は彼岸花と萩の花が咲いていました。

 

 

 ボートも有りました。

 

 

 ハギも可愛いですね。

 

 

 

 

 お城の案内板です。
 篠山城は豊臣氏を包囲するお城の一つとして、山陰道の要である丹波篠山盆地に
 徳川家康によって1609年に築城されたお城で、
 築城の名手と言われた藤堂高虎が縄張を担当しました。
 別名 桐城と言われています。
 

 外堀の石垣を見ながら、石畳を歩きます。

 

 

 

 何処のお城もお城への道は曲がりくねって敵の攻撃をかわすように作られているのですね。

 

 門が見えてきました。

 

 

 

 此方が大書院ですが、この日は休館日でした。
 残念。
 2004年に二の丸大書院が復元されました。

 

 仕方がないので、後ろに回って後ろから大書院を眺めて。

 

 

 裏に回るとこんな広い空間が有って当時の配置が描かれた案内板が有りました。

 

 

 

 

 

 枚数が多くなりましたので、続きは又次回に載せたいと思います。

 ご覧頂き、有難う御座います。


 
 
コメント (4)

長浜城のある豊公園で、桜とお城を愛でました。NO.6

2018年04月14日 | お城
 4月4日の豊公園に行った時は晴れのお天気でしたが、
 今日は午後から嵐です。
 台風の時のような風が吹き荒れて、あばら家は揺れっぱなしです。
 不安定な天候に頭を悩ましています。

 スカッとした青空で、風もそよ風になってほしいなぁ。

 豊公園は長浜城の城跡につくられた公園で、600本の桜が植えられており、
 「日本のさくら名所100選」に選ばれています。

 桜の下で寛げる好い公園です。

 

 桜もちょうど見頃でした。

 

 

 この公園は琵琶湖の辺にあって、桜越しに見る琵琶湖も楽しめます。

 

 カップルに好い所ですね。
 カップルかと思ったら、親子でした。
 親子も微笑ましくて好いですね。
 子供が小さい頃を思い出して、ちょっとウルウル。

 

 

 広々とした眺めです。

 

 

 

 こんな琵琶湖も好いかな。

 

 この辺りから見るお城も好い感じです。

 

 

 ちょっと場所を移動して、噴水のある処に来ました。

 

 噴水とお城も好いでしょう。

 

 

 何枚も撮り過ぎですね。

 

 

 風が強くなってきて、噴水の水が風に飛ばされています。

 

 噴水の水に煙るお城もムードが有りますね。

 

 

 

 

 桜に囲まれたお城を眺めて帰ります。

 
 
 帰り道も桜の下を歩きました。

 

 カップルが桜をバックに自撮りしていました。

 

 翌日は、お多賀さんに寄りました。
 又次回に載せたいと思います。

 ご覧頂き、有難う御座います。
コメント

4月4日奥琵琶湖の桜を愛でた後、長浜城のある豊公園に行きました。NO.5

2018年04月12日 | お城
 この日は水曜日ですが、桜に集まる人は多かったです。
 桜の時期は、何処も人が一杯。
 皆桜が好きなんですね。

 豊公園に入ると、桜越しにお城の姿がほんの少し見えていました。

 

 豊公園は、長浜城が廃城となった城跡に明治42年に造られました。
      600本の桜が植えられており、
      「日本さくら名所100選」に選ばれています。

 ちょうど見頃の桜が目に飛び込んできます。

 

 

 桜の下で、家族揃ってお花見をしている微笑ましい光景です。

 

 

 お城を目指して歩いて行きます。

 長浜城は1573年に羽柴秀吉が築城し、
 戦国時代の波乱の運命をたどったお城は、
 柴田勝家⇒柴田勝豊⇒山内一豊⇒内藤信成・信正と城主が変わります。
 1586年1月18日の天正地震により全壊しました。
 1615年に廃城となった遺構は彦根城や大通寺に移築されました。
 現在の天守は、1983年に犬山城をモデルに模擬復元され、
 市立長浜城歴史博物館として運営されています。

 

 お城を目の前にどの角度が好いかなと周りをウロウロです。

 

 

 

 

 模擬復元されたお城ですが、桜とお城、合いますね。

 

 

 

 

 

 

 こんな像もありました。

 

 正面から横に回ると、又雰囲気が変わります。

 

 

 城壁からの眺め、ちょっと上から目線です。

 

 桜の下は憩いの場になっています。

 

 

 樹の間から琵琶湖も見えます。

 

 趣のある建物もあります。

 

 

 満開の桜、やはり目に留まりますね。

 

 

 

 もう少し写真を撮りましたので、長浜城のある豊公園、
 続きは又次回に載せたいと思います。

 ご覧頂き、有難う御座います。

 
コメント

3月31日に丸岡城の桜を見てきました。

2018年04月06日 | お城
 31日に、福井県総合グリーンセンターの後、丸岡城の桜を見に寄りました。
 グリーンセンターの写真が多いので、平行して丸岡城のアップをしました。
 早くしないと、どんどん日が経ってしまうので、焦りながらのアップです。

 丸岡城は、日本さくら名所100選に選ばれています。

 丸岡城の桜まつりは1/4~4/20なので、その前日でしたが、結構な人出です。
 
 

 

 此方はグリーンセンターより桜が早い様な・・・

 

 やっぱり桜越しに見るお城って好いですね。

 お城を取り巻く約400本のソメイヨシノが開花すると、
 花霞みの中に城が浮かんで見えることから、
 別名「霞ヶ城」としても親しまれています。

 

 300本のボンボリでライトアップされると、好いでしょうね。

 

 

 

 「日本の歴史公園百選」にも選ばれています。
 大きな枝垂れ桜の下で、お弁当を広げている姿もあります。

 

 見事に枝垂れていますね。

 

 天守閣は戦国時代の創建で、国の重要文化財の指定を受けています。
 1948年の福井地震で崩壊しましたが、1955年に復元されました。

 

 天守は2重3層の石製本瓦ぶき。
 天守が現存する日本国内の城12の内の一つで、1934年に国宝に指定されました。
 犬山城に次いで古いものと言われているそうです。

 

 石垣は「野づら積み」という古い方式で、
 排水が良く大雨で崩れる心配が無いと言われている。

 

 

 お城から綺麗な冠雪のお山が見えました。

 

 

 

 桜越しには、丸岡の町が見えます。

 

 

 好い眺めです。

 

 1576年に一向一揆の備えとして織田信長の命を受けた柴田勝家が
 甥の柴田勝豊に築かせた平山城。

 

 「霞ヶ城」の余韻を残して帰路に着きました。

 

 偶にはほんの少しでも歴史に触れてみるのも好いものですね。
 
 ご覧頂き、有難う御座います。



 

 
コメント